スポンサー

Adobe、3D/ARアプリをまとめたSubstance 3D Collectionを発表

ニュース

2021年6月24日 Adobe は、Substance 3D Collectionを発表しました。個々のアプリのアップデートもされていますが、それはまた別の記事で紹介したいと思います。

Substance3D Collectionについて

Substance Suite を再編成

Substance3D Collectionは、Adobeの3Dアプリケーションをひとまとめにし、ロゴやアプリ名を変更してリニューアルしたものとなっています。

このコレクションには、Substance Designer、Substance Painter、Substance Alchemist(現在はSubstance 3D Sampler)、新しいシーンレイアウトおよびレンダリングツールであるSubstance 3D Stager、そして、現在ベータ中のVRスカルプティングアプリ Substance 3D Modeler が含まれています。

新しいロゴとアプリ名

3DテクスチャペイントアプリSubstancePainterトノー​​ドベースのマテリアルオーサリングアプリSubstanceDesignerは、Substance 3D PainterSubstance 3D Designerに名前が変更されました。

写真とスキャンデータをベースに3Dマテリアルを生成するためのAdobeのアプリケーション、 SubstanceAlchemist は、Substance 3D Samplerという全く違う名前になっています。

さらに、オンラインライブラリ SubstanceSourceは、Adobe Substance 3DAssetsとなっています

ロゴは以下のように画像のようにAdobeアプリっぽくなっています。

新しいツール

このコレクションには、2つの新しいツールSubstance 3D StagerSubstance 3D Modelerが含まれています。

Substance 3D Stagerは、専用バーチャルスタジオで、最先端の3Dシーン構成し、レンダリングすることができる新しい3Dツールです。

Substance 3D Stagerについての詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

Adobe、シーンデザインとレンダリングのためのステージングツール Substance 3D Stager を発表
2021年6月23日(現地時間)Adobeは、Substance 3D Collectionに含まれる新しい3Dツール Substance 3D Stager ...

そして、Substance 3D Modelerは、デスクトップとVRで直感的に3Dモデルをスカルプトできるアプリで現在プライベートベータとなっています。

プライベートベータに参加するにはこちらから申し込みが可能です。

これらの2つのツールはそれぞれ、Adobe Dimension と Medium の役割と似たものとなっていますが、Adobe Dimensionの開発はまだ続けられるようです。 

Substance 3D Collection になったことでの変更について

Substance 3D Collection にともないよくわからないことが多いのでSubstanceページのFAQをベースにまとめました。

■Adobe Substance 3D Collection は Adobeから購入可能

新しいAdobe Substance 3D を使用するには、Adobe.comで新しいアカウントを作成して購入する必要があります。Substance3d.comからの購入はできなくなりました。

■CreativeCloud All Appsプランには含まれない

Substance3Dアプリは、Adobe Substance3Dプランでのみ販売されており、CreativeCloud All Appsプランには含まれません。

しかし、4つのAdobe Substance 3Dアプリは、高等教育の大学向けのCreative Cloud AllAppsプランには、追加費用なしで含まれています。

■最新バージョンは、Adobe Creative Cloudデスクトップアプリケーションからダウンロード可能

Adobe Substance 3D Collectionビルドは、Adobe Creative Cloudデスクトップアプリケーションからダウンロードでき、バージョン2020.1以降で提供されます。

2021年6月21日以降にリリースされたPainter、Designer、Sampler用のAdobe Substance 3D(Substance3D.comアカウントエディション)ビルドは、Substanceランチャーではサポートされなくなり、ダウンロードできなくなりました。SubstanceLauncherでサポートされているのは、2021年6月23日より前にリリースされたSubstanceレガシーアプリのみとなります。

永久ライセンスが昨年の10月に販売終了したので、メンテナンスの残っている永久ライセンス保持者も多いかと思います。そういった方は、substance3d.comWebサイトから11.2バージョンをダウンロードして使用できます。右上隅にある[My Licenses]リンクをクリックするといけます。

■Steamライセンスは引き続き利用可能

Steam ライセンスは 1 年間のアップデートを含む永久ライセンスで、Steam アカウントに関連付けられています。このライセンスは引き続き利用可能です。

■払い戻しリクエストについて

Substance3d.comでSubstanceサブスクリプションの1年間を支払い、契約が終了する前に新しいAdobe Substance3Dプランに移行したい場合、払い戻しをリクエストすることができます。

サブスクリプションをキャンセルして払い戻しをリクエストするには、次の手順に従います。

  1. Adobe.comでAdobeSubstance3Dプランの購入を続行します
  2. Adobe.comの請求書をダウンロードします
  3. Substance3D.comでSubstanceアカウントにログインし、[サブスクリプション]セクションで[サブスクリプションのキャンセル]を選択します
  4. サブスタンスアカウントの「請求」セクションで最新の請求書をダウンロードします
  5. Adobe /Adobe.comおよびAllegorithmic / Substance3d.comの請求書を添付 してcontact@substance3D.comに電子メールを送信します
  6. 比例配分された金額は、10営業日以内に元のお支払い方法に返金されます。

より詳しい情報はこちらのページはFAQから

価格とシステム要件

Adobe Substance 3D アプリは、Windows、Linux、macOSで、サブスクリプション形式のみで利用できます。

元のSubstanceSuiteの価格は変更されていませんが、Substance3Dコレクション
新しい価格が設定されています。

個人アーティストの場合、Substance 3DTexturingライセンスのサブスクリプションの料金は2,398 /月 (税込)で、SubstanceSuiteの古いインディーサブスクリプションと同じです。

Substance 3D Stagerなどの新しいアプリケーションにアクセスするには、Substance3Dコレクションのサブスクリプションが必要で、価格は 6,028円/月または12,188円/月です。初年度のみ20%オフとなり、4,818 /月、9,768 円/月となっています。

価格の確認はこちらから


Adobeの3DとARページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました