スポンサー

Adobe、シーンデザインとレンダリングのためのステージングツール Substance 3D Stager を発表

CGソフト

2021年6月23日(現地時間)Adobeは、Substance 3D Collectionに含まれる新しい3Dツール Substance 3D Stager を発表 しました。

Substance 3D Stager

Substance 3D Stager とは

Substance 3D Stager は、シーンデザインとレンダリングのためのプロフェッショナルなステージングツールです。
このツールでは、コンテンツのインポート、シーンのアレンジ、マテリアルやテクスチャの適用、イメージベースとフィジカルライティングの両方の調整、異なる解像度のカメラの保存、フォトリアリスティックなイメージのレンダリングなどが可能です。

主な機能

この初期リリース Substance 3D Stager 1.0では、3Dシーンをリアルなライティングとマテリアルでレンダリングするための重要な要素に焦点が当てられています。

Adobe Mercuryレンダリングエンジン

Substance 3D Stager には、Adobeのテクノロジーを使用したMercuryレンダリングエンジンが利用されています。

このレンダリングエンジンは、シーン設定を変更することなく、共有レンダリング設定を使用して、レイトレーシングとリアルタイムレンダリングを切り替えることができる混合テクノロジーレンダラーとなっています。

特徴

  • インタラクティブなレイトレーシングにより、フルコンテクストで最適なデザインの決定を行うことができます。
  • リアルタイムレンダリングに瞬時に切り替えて、レイアウトとポジショニングに集中することができます。
  • シーンに変更を加えることなく、CPUとGPUを切り替えることができます。
  • どのようなレンダリング構成でも、共有されたレンダリングとマテリアルの設定により、一度だけのシーン設定で済みます。
  • 強力な機械学習ベースのノイズ除去で時間を節約。

高度な物理ベースのマテリアルシステム

Stagerのマテリアルとレンダリングシステムは、Adobe Standard Materialに基づいています。Stagerのレンダリングシステム は、リアルタイムとレイトレーシングで同じマテリアルパラメータを使用します。これにより、マテリアルの設定が簡単になり、一貫した視覚的な結果が得られ、プロジェクトがシームレスにワークフローを流れるようにします。

特徴

  • 共通のPBRマテリアル設定により、あらゆる誘電体や金属の表面を作成できます。
  • 半透明、吸収、表面下の散乱を利用して、ガラス、プラスチック、皮膚を視覚化することができます。
  • 光沢の設定により、ファブリック、レザー、ソフトタッチのサーフェスをシミュレートできます。
  • クリアコートとティンテッドコートの設定で、コーティングされた素材を作成。
  • オブジェクトごとに変位とテッセレーションを制御して、きめ細かなコントロールとディテールを実現
  • マテリアルプロパティでイメージレイヤーを追加

マテリアルシステムの詳細はこちらから

レイアウトツール

Stagerでは、プロジェクトのニーズに合わせた柔軟なオプションを提供するために設計された、さまざまなレイアウト、トランスフォームツールを使用して、シーンをすばやくアレンジすることができます。

トランスフォームツールでは、衝突を考慮したオブジェクトの配置が可能です。

特徴

  • 効率的なオールインワンのユニバーサルトランスフォームツールでシーンをアレンジ。
  • クラシックな移動、回転、スケールツールを使って正確にコントロールできます。
  • 衝突ベースのトランスフォームにより、オブジェクトが自然に相互作用します。
  • スナップを使ってバウンディングボックスやピボットなどを整列。
  • オブジェクトの整列と分散を行い、あらゆるオブジェクトの組み合わせで一貫した間隔を確保できます。

ライティングシステム

Stagerのライティングシステムは以下のような機能があります。

  • 物理的なライトを使用して、ポイントライト、スポットライト、エリアライトで局所的な照明効果を加えることができます。
  • イメージベースのライティングレイヤーエディタで、イメージライトを組み合わせることができます。
  • フィジカルライトとイメージライトの間で色温度を使用して、ライティングに適切な測定されたトーンを与える。

イメージコンポジティング

背景画像合成機能により、アイデアを文脈に沿って表現することができます。これにより、静止画のために完全な3Dシーンを構築する必要がなくなり、時間を節約できます。

■機械学習を利用したMatch Imageツール

カメラに画像背景を追加した場合、Match Imageツールを使って、オブジェクトとカメラを画像背景のパースペクティブに即座に調整することができます。 機械学習を利用したMatch Imageは、パースペクティブを見つけ出し、背景に基づいてIBLを計算してくれます。

特徴

  • Adobe Senseiを搭載したMatch Imageを使えば、あらゆる写真の背景からカメラと照明の情報を自動的に生成できます。
  • 環境ステージ – 環境照明、高解像度のバックプレート画像、カメラデータがあらかじめ設定されたコンテンツパッケージで、すぐにリアルな合成ができます。

カメラシステム

シーンを簡単にナビゲートし、お気に入りのビューを保存・エクスポートできます。

各カメラは、好きな場所に配置できるオブジェクトであり、複数のカメラを配置して、複数のショットを設定できます。それぞれのカメラでは、出力サイズ、フレーミング、焦点距離、被写界深度を変更できます。

特徴

  • Adobe Substance 3Dアプリケーション間で共有されたナビゲーションショートカットにより、すばやく作業を進めることができます。
  • 独自のアスペクト比を持つカメラオブジェクトを作成し、1つのシーンから任意のサイズで簡単にレンダリングできます。
  • 焦点距離、被写界深度などの強力なカメラシステムを使用して、完璧なショットを撮影できます。

Substance 3Dエコシステム

非破壊システムをベースにしたStagerは、パラメトリックなSubstanceアセットを使用することができます。

特徴

  • Painterのプロジェクトを即座にStagerに送信し、面倒なインポート/エクスポートフローをスキップできます。
  • Designerで作成したパラメトリックモデルを追加して、シーンに多様性と柔軟性を加えることができます。
  • パラメトリックマテリアルに、さらにマテリアルのプロパティを追加することができます。
  • DesignerやSamplerで作成したパラメトリックなイメージベースのライトを使用して、シーンの照明を柔軟に変更できます。
  • Substance 3DアセットやSubstance 3Dコミュニティアセットに関するコンテンツを入手できます。

Stagerと他のAdobeアプリとの連携についてはこちら

Substance 3D Stager 1.0リリースノートの確認はこちらから

サンプルファイル

Substance 3D Stager の使用方法を以下の動画で確認することができます。この紹介動画では、モデルをインポートし、マテリアルとデカールを設定し、ライトを追加して、最終的なレンダリングを行っています。

使用されているすべてのファイルは、こちらからダウンロード可能です。

価格とシステム要件

Substance 3D Stagerは、Windows、Linux、macOSで、サブスクリプション形式のみで利用できます。

詳しいシステム要件はこちらから

Substance 3D Stagerは、Adobeの新しいSubstance 3D Collectionの一部として、Substance 3D Painter、Substance 3D Designer、Substance 3D Sampler(Substance Alchemistの新しい名前)とともに利用できます。

Substance 3D Stagerなどの新しいアプリケーションにアクセスするには、Substance3Dコレクションのサブスクリプションが必要です。

価格は 6,028円/月または12,188円/です。現在、初年度のみ20%オフとなり、4,818 /月または9,768 円/月となっています。

価格の確認はこちらから


Substance 3D Stager ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました