スポンサー

MayaとHoudini用の V-Ray 5 update 1 が利用可能に

プラグイン

2021年6月17日(現地時間)chaosは、CPUおよびGPUレンダリングソフトウェアの最新アップデートV-Ray 5, update 1がMayaとHoudiniで利用可能になりました。

 新機能ハイライト

V-Ray 5 update 1 for Maya

V-Ray 5 for Maya Update 1では、Autodesk Maya 2022に対応、PixarのUSD形式の初期サポートにより、追加の最適化なしでDCCツール間でデータを簡単に転送できるようになりました。 また、新しく追加されたV-Rayマテリアルライブラリの追加や、VFBでのマスキングのサポートにより再レンダリングせずに画像にピクセル単位で完全な調整を加えることができるようになっています。

■Pixar’s USDフォーマットの初期サポート
DCCツール間で情報を交換するために、USDを使ってネイティブに作業することができます。余分な変換をすることなく、大量のデータをすぐにロードして編集することができます。あらゆる業界の3Dアーティストがより速く、より効率的にコラボレーションできるようになります。
■Maya 2022のサポート
■V-Rayマテリアルライブラリ
新しいマテリアルライブラリから選択して、4Kテクスチャを含む500以上の高品質マテリアルをあらゆるプロジェクトで使用できます。
■V-Rayフレームバッファ内のマスク
再レンダリングすることなく、シーンをピクセル単位で完璧に調整することができます。V-Rayのマスキングレンダリング要素(クリプトマット、マルチマット、オブジェクト/レンダー/マテリアルID)を使用して、レンダリングの一部を選択して微調整することができます。
■フォグの透過色
ボリューム環境のフォグの透過色を簡単に着色できるようになりました。これにより、水中ショットなどの特定のセットアップをより簡単に作成し、よりリアルに、より速くレンダリングできるようになりました。
■半透明マテリアルの改良
V-Rayマテリアルがアップグレードされ、新しい半透明コントロールと、ビルトインされたボリューメトリック・ランダムウォーク・サブサーフェイス・スキャッタリングが追加されました。これにより、リアルな肌、プラスチック、ワックスをこれまで以上に簡単にレンダリングできるようになりました。
また、シャボン玉やシート状の紙のような片面だけのオブジェクトに半透明を表現するために、V-Rayマテリアルに薄肉屈折オプションも追加されました。
■GPU レンダリングの改善
Light CacheグローバルイルミネーションがGPUで加速され、レンダリングが高速化されました。また、GPUのメモリ限界を超えるような大きなシーンでは、アウトオブコアレンダリングがV-Ray GPUのすべての機能をサポートするようになりました。
Intel® Open Image Denoise
インタラクティブなレンダリングに最適なIntel® Open Image Denoiseは、どのマシンでも動作し、ノイズを素早く除去します。
■アーティストフレンドリーなコースティクス
プログレッシブコースティクスで、光が反射面や屈折面とどのように相互作用するかをシミュレートし、レンダリングに新しいレベルのリアリズムを加えます。設定も簡単で、プリパスも不要になりました。
■カットアウトの高速レンダリング
木の葉のようなオブジェクトのオパシティマップされた切り抜きをジオメトリに変換し、レンダリングを高速化します。
■ビューポートの改善
V-Ray MaterialのCoatおよびSheenレイヤーがビューポートに表示されるようになりました。VRayLayeredTexの初期表現もビューポートに表示されます。
■V-Rayシーンマテリアルインポーター
.vrsceneファイルからのマテリアルのインポートが大幅に改善されました。インポートされたシェーディングネットワークには、より多くのネイティブな Maya ノードが含まれ、グラフも最適化されています。
より詳しい情報はこちらから

V-Ray 5 update 1 for Houdini

V-Ray 5 for Houdini Update 1では、新しいV-Ray Hydraデリゲートを活用し、テクスチャベーキングやUIの改善によりデザインプロセスが簡素化されます。さらに、Chaos Phoenix Foam Shaderにより、よりリアルなホワイトウォーターの結果を得ることができるようになりました。

■Hydraの初期サポート
V-Ray for Solarisのフル機能を備えた新しいベータ版で、USDデータをレンダリングできます。余分な最適化をすることなく、大容量のデータをスムーズに転送できます。
■テクスチャベイクの簡素化
アセットにパックされたジオメトリを活用し、テクスチャベイクのワークフローを最適化します。
UVアイランドを共有する複数のパックドプリミティブを、追加の修正なしにベイクできるようになりました。
■Phoenix Foamシェーダ
Phoenix Foam Shaderにより、気泡、水しぶき、泡などのエフェクトに最適なホワイトウォーターエフェクトのレンダリングがより速くなりました。
より詳しい情報はこちらから

V-Ray 5, update 1 now available for Maya and Houdini.

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました