スポンサー

SketchfabがUSDファイルのアップロードに対応

ニュース

6月8日(現地時間)Sketchfabは、USDZ、USDA、USDCを含むUSDファイルのアップロードをサポートしたことを発表しました。

Sketchfabのすべてのメンバーは、サブスクリプションの種類にかかわらず、自分のアカウントにUSDファイルをアップロードできるようになりました。

2018年にAppleと提携してUSDZのサポートを開始して以来、USDフォーマットはAR(拡張現実)アプリケーションに広く採用され、多くのツールが出力フォーマットとして採用しています。昨年Sketchfabでは、モデルをUSDZファイルフォーマットに自動変換し、簡単にエクスポートできる機能を導入しています。

SketchfabのすべてのモデルがUSDZ形式でダウンロード可能に!
Sketchfabのコミュティ&文化遺産のリーダーであるThomas Flynn氏は、SketchfabのブログでSketchfabのすべてのモデルがApple...

先日Appleは、フォトリアリスティックな3DキャプチャとARの最適化を迅速かつ容易にするObject Captureを発表しました。

Apple、フォトグラメトリを使用した3Dスキャンテクノロジー「Object Capture」を発表、その他CG関連情報など
2021年6月8日 Appleは、WWDC2021基調講演で mac、iOS、iPadOSの最新アップデートであるmacOS Monterey、iOS 15、i...

Sketchfabによると、USDのアップロードをサポートする主な理由は、このAppleの新しい機能と、長年にわたるUSDの勢いだと説明しています。これによって、3D制作のためのツールがより身近になり、より多くのコンテンツ制作者を迎えることができるようになります。

対応機能

USD(Universal Scene Description)フォーマットは、Pixar Animationが3Dムービーパイプライン用に開発したもので、リッチな3Dモデルやシーンの転送を目的としています。Sketchfabは現在、このファイルタイプの豊富さを考慮し、その機能のサブセットのみをサポートしています。

現在対応している機能は以下の通りです。

  • ファイルタイプは USD、USDA、USDC、USZ
  • モデルの種類:静止画(アニメーションではない)、ポリゴン(点群やNURBSなどではない)
  • シェーダー UsdPreviewSurfaceのみ
ファイルタイプでサポートされていない機能を使用しているモデルは、アップロードは可能ですが、アニメーションの代わりにスタティック、シェーダーの代わりにホワイトマテリアルなど、簡略化されたバージョンで表示されます。
This model was generated by Mikko using Apple’s Object Capture

SketchfabにUSDファイルアップロードに関する質問や意見はこちらから


Sketchfab Introduces USD Upload Support

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました