スポンサー

AMD、RDNA2アーキテクチャ採用、最大メモリ32GBのプロ向け製品 Radeon PRO W6000シリーズを発表

PC関連

2021年6月8日(現地時間)AMDは、プロフェッショナル向け製品 AMD Radeon™ PRO W6000シリーズ ワークステーション・グラフィックス AMD Radeon PRO W6800、AMD Radeon PRO W6600、AMD Radeon PRO W6600Mを発表しました。

これらの新しいグラフィックス製品は、要求の厳しい建築設計ワークロード、超高解像度のメディア・プロジェクト、複雑な設計・エンジニアリング・シミュレーション、高度な画像・ビデオ編集アプリケーションに対応するよう設計・最適化されています。

今回発表されたのは、AMD RDNAワークステーショングラフィックスカードとしては最速のAMD Radeon PRO W6800、超高性能ワークフロー向けに設計されたAMD Radeon PRO W6600、プロフェッショナルなモバイルワークステーション向けに設計されたAMD Radeon PRO W6600Mとなっています。

AMD Radeon W6000シリーズの主な機能と特徴

AMDによると、AMD Radeon PRO W6000シリーズは、前世代と比較して最大79%のパフォーマンス向上を実現しているとのことです。

新しいAMD Radeon W6000シリーズ・ワークステーション・グラフィックスの主な機能と特徴は以下の通りです。

■AMD RDNA 2 アーキテクチャ

最先端の7nm製造プロセスで構築されたAMD RDNA 2アーキテクチャーは、プロフェッショナル・グラフィックスのパフォーマンスと効率性を新たなレベルに引き上げる数々の先進機能を導入しています。

■リアルタイム・ハードウェア・アクセレレーション・レイトレーシングを備えた強化されたコンピュート・ユニット

レイ・アクセレレーターを備えた強化されたコンピュート・ユニット(CU)は、SOLIDWORKS Visualize 20212において、前世代のアーキテクチャをベースにしたRadeon PROグラフィックス・カードと比較して、最大46%のレンダリング速度を実現します。また、VRS(Variable Rate Shading)のサポートにより、リアルタイムでフォトリアリスティックなビューポートとレンダリングを実現。

■AMD Infinity キャッシュ

GPUダイに統合された最大128MBの最終レベルデータキャッシュは、レイテンシーと消費電力を削減するように設計されており、AMD Radeon PRO W6800はこれまでで最高のRDNAワークステーションGPUパフォーマンスを実現しています。

■スマート アクセス メモリ

AMD Ryzen™ 5000シリーズ・デスクトップ・プロセッサーまたは一部のAMD Ryzen 3000シリーズ・デスクトップ・プロセッサーが、高速GDDR6グラフィックス・メモリー全体にアクセスできるようにすることで、主要なプロフェッショナル・ワークロードの高いパフォーマンスを引き出します。

■AMD Radeon™ PRO Viewport Boost

今日のプロフェッショナル ワークロードと互換性のあるソフトウェア向けに設計されており、プロジェクトファイルサイズに応じてビューポートの1秒あたりのフレームレートを向上させます

■主要なプロフェッショナル アプリケーションの認定

AMDは、業界をリードするプロフェッショナル・ソフトウェア・アプリケーション・ベンダーと協力して、AMD Radeon PROグラフィックス・カードが24時間365日の厳しい環境に対応できるように構築され、卓越した基準を満たすようにテストされおり、ワークステーションのプロフェッショナルが必要とする安定性と信頼性を提供しています。

認定されたアプリケーションのリストはこちらから

 Radeon PRO W6800Radeon PRO W6600Radeon PRO W6600M
Stream Processors
3840
(60 CUs)
1792
(28 CUs)
1792
(28 CUs)
演算性能Up to 17.83 (FP32)
Up to 35.66 (FP16)
Up to 10.4 (FP32)
Up to 20.8 (FP16)
Up to 10.4 (FP32)
Up to 20.8 (FP16)
メモリ32GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR6
メモリ帯域
512 GB/s224 GB/s224 GB/s
メモリインターフェイス256-bit128-bit128-bit
infinity chache128MB32 MB32 MB
Typical Board Power(TBP)250W100W90W
ディスプレイ出力6x Mini-DisplayPort™ 1.44x DisplayPort 1.4

AMDのグラフィックビジネスユニット担当コーポレートバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのScott Herkelmanは今回の発表について次のように述べています。

「AMD RDNA 2は、様々なアプリケーションやワークロードに世界最高レベルのパフォーマンスを提供するために、一から設計されました。この画期的なアーキテクチャーを当社のワークステーション・グラフィックスのラインナップに加えることで、ユーザーはより大規模なデータセットに取り組み、レンダリング時間を大幅に短縮し、非常に複雑なモデルやシミュレーションの処理を高速化することができます。AMD Radeon PRO W6000シリーズは、プロジェクトを加速し、クリエイティブなビジョンを実現するための強力な新ツールをプロフェッショナルに提供します。」

価格と発売時期

AMD Radeon PRO W6800グラフィックス・カードは、主要な販売店/小売店にて、2,249ドルで現在入手可能

AMD Radeon PRO W6600グラフィックスカードは、2021年第3四半期に、649ドルで、販売店/小売店から発売される予定です。

AMD Radeon PRO W6600Mグラフィックス・カードは、2021年7月より一部の国でHP Fury ZBook G8モバイル・ワークステーションに搭載される予定です。


AMDのRadeon PRO W6000シリーズ ページへ

New AMD Radeon PRO W6000 Series Workstation Graphics with AMD RDNA 2 Architecture and Massive 32GB of Memory to Power Demanding Architectural, Design and Media Workloads

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました