スポンサー

Blender ジオメトリノードベースの無料スキャッタリングアドオン G Scatter

フリーコンテンツ

フォトリアルなの3D植物ライブラリと散布ツールを備えたBlenderアドオンGraswaldの開発者は、Blender 2.93+で利用可能な無料スキャッタリングアドオン「G Scatter」のベータ版をリリースしました。

G Scatter について

G Scatterは、Blender 2.93の新しいGeometry Nodesをベースにした無料のスキャッタリングアドオンです。Geometry Nodesで複雑なノードを構築しなくてもアーティストフレンドリーなユーザーインターフェースでジオメトリノードのパワーを使うことができます。

このアドオンでは、自分で作成したオブジェクトを含む、任意のオブジェクトをサーフェイス上に散乱させ、密度、スケール、回転、グループ化、マスクなどを使用してコントロールできます。プリセットやテクスチャのサポートなどの機能も開発中で、さらに進化していくこと予定とのことです。

また、現時点では、有料のGraswald (Pro)アドオンとG Scatterの間に深い統合はありません。ですが、Graswaldユーザのために G Scatter内にアセットをインストールするオプションが追加されてるようです。

G Scatterは、Blender 2.93の新しいGeometry Nodesを使用しているので、動作させるためには、Blender 2.93以上を使用する必要があります。

10/22更新 Effect Layersが追加

10月21日(現地時間)無料Blenderアドオン G Scatter がアップデートされ、新機能が追加されました。

このバージョン0.4では、新しくEffect Layersを追加できるようになりました、

ウェイトマップでマスクを作成したり、オブジェクトからの距離で散乱をコントロールしたり、カメラリングなどが可能になっています。

注意:私の環境では日本語UIでエラーがでました。英語UIにすれば回避することができます。


無料Blenderアドオン G Scatter のダウンロードはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました