スポンサー

フォトグラメトリソフトウェア 3DF Zephyr 6.0 のベータテスト が開始

CGソフト

2021年5月12日(現地時間)3DFlowは、3DF Zephyr 6.0 (コードネーム:Eggplant)のベータ版をリリースしました。

ベータ版は、新機能を試してみたいすべてのユーザーに提供されます。ベータテストは安定版(数週間以内にリリース予定)の開発プロセスにおいて重要な意味を持ち、3DFlowは、実際のデータセットを使ってソフトウェアをテストし、新しいリリースの前に修正できる潜在的なバグを見つけるために、協力が必要としています。

ベータ版の新機能

3DF Zephyr 6.0 では、3DF Zephyrと3DF Scarletの両方において、速度と技術の面で多くの最適化が行われ、ソフトウェア内のワークフローをさらに改善するための機能が追加されます。

■メッシュの強化

3DF Zephyrのフォトコンシステンシーアルゴリズムは、次のアップデートに向けてさらに最適化され、2つの画像の類似性をチェックする際に高周波をより適切に管理できるようになりました。これにより、より正確なメッシュが出力されるようになり、特に3Dモデルの表面の詳細が強調表示されるようになります。

■Volume of Interest (VoI)

Volume of Interest (VoI)は、巨大なデータセットの可視化と編集を支援するために設計された、実験的な新機能です。

ユーザーは、3次元のクリッピング領域を視覚的に編集して指定します(バウンディングボックス編集ツールとよく似た動作をします)。

この領域の外側にあるオブジェクト(高密度点群、メッシュ、テクスチャメッシュのみ)はクリッピングされ、表示されなくなります(ただし、基本的なデータは残っています)。そのため、特に負荷の高いデータセットでは、ディスプレイリソースの使用量を減らすことができます。また、VoIが設定されている間に使用されたフィルターは、表示されている部分にのみ適用されるため、処理が迅速に行われます。

■Pythonコンソール

新しいPythonコンソールは、3DF Zephyrのワークスペースとそのオブジェクトを操作する全く新しい方法を提供します。Pythonコンソールは、バッチツールに取って代わるものではありませんが、経験豊富なユーザーが特定のワークフローを自動化および簡略化できるようにします。

例えば、画像からテクスチャ付きメッシュへの再構成全体を実行したり、特定のメッシュにフィルタを適用したりすることができます。

このツールはまだテスト中であり、ユーザーコミュニティからのフィードバックを待って、さらに改善されていくようです。

■マーカー検出

3DF Zephyrでは、コード化されたターゲットを自動的に検出することができますが、手動マーカー検出アルゴリズムが改良され、その中心にある十字パターンをより正確に見つけることができるようになります。クロスパターンの上に矩形を描くと、ゼファーはその中心をピンポイントで検出し、それに合わせてコントロールポイントを調整します。

コード化されたターゲットは、後処理を高速化し、特にコントロールポイントの配置精度を向上させることを目的としています。主に鉱山、建設、建築などの分野で利用されていますが、地図や測量、文化遺産などの分野でも活用できます。

■球体検出

マーカー検出のアップデートと同時に、球体検出ツールも追加されます。検出したい球体の上に四角形を描くだけで、ゼファーがその中心にコントロールポイントを配置します。

球体検出は、フォレンジック業界でのゲームチェンジャーとしての役割を果たすことを目指しています。つまり、レーザースキャナーで軌跡ロッド上の球体をスキャンした犯罪現場での射線の分析をサポートすることができます。

■3DF Scarlet

「non-blocking」レンダリングにより、3DF Scarletのユーザーエクスペリエンスが大幅に変更され、ソフトウェア内でのスキャンの可視化がより良く、よりスムーズになります。また、プロジェクトのスキャンに対して、以下のような基本的な前処理を自動的に行うことができるようになります。

  • 範囲フィルタリング:指定された範囲外のすべてのスキャンポイントをカリングする。
  • サンプリング距離のフィルタリング:スキャンの原点に近い部分のポイント数を減らすことで、ポイントの密度が高くなることを期待する。
  • サンプリングリミットフィルタリング:各スキャンが定義されたポイント数を超えないようにします。

3DF Zephyr 6.0 新機能の詳しい情報はこちらから

また、こちらのページでは最新の(まだ確定ではない)機能のレポートを確認することができます。

ベータ版の入手方法

ベータ版への参加をご希望の方は、こちらのフォームから申請することができます。その後、手動で招待コードが送られてくるので、3Dflowアカウントページにログインしてベータキーを取得し、ベータ版インストーラーをダウンロードすることができます。また、ベータ版参加者は、アカウントページから最大3つの招待コードを生成することができます。

ベータ版は最終製品とは異なり、バグが含まれている可能性がありますので、本番環境では使用しないでください。

「プライバシーポリシー」に必ず同意してください。Ad-blockerを使用している場合は、そのフィールドが表示されないことがあるとのことです。

It’s time for the 3DF Zephyr 6.0 Beta test!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました