スポンサー

UNIGINE 2.14 が利用可能に、クラウドシステムの改善や新しい風景ジェネレータの追加など

CGソフト

2021年4月9日(現地時間)UNIGINEは、リアルタイム3Dエンジンの最新アップデート UNIGINE 2.14をリリースしました。

UNIGINEについて

UNIGINEは、エンタープライズおよびテクノロジー愛好家向けのリアルタイム3Dエンジンで、昨年無料エディションが利用できるようになりました。詳しくは以下の記事をご覧ください。

リアルタイム3Dエンジン Unigine に無料のコミュニティエディションが登場
Unigineは、リアルタイム3Dエンジン Unigine 2 Community SDK の提供を開始しました。このSDKは、ハイエンドのリアルタイム3Dエン...

UNIGINE 2.14 新機能ハイライト

このリリースでは、積乱雲、C# 9、水波スペクトル制御、新しい風景ジェネレータなどが追加されています。

充実した雲の種類

UNIGINEの3Dボリュームマルチレイヤークラウドシステムは、企業向けフライトシミュレーター専用に設計されており、その厳しい要求に応えることで、リアルな空を提供します。

自然界には10種類の雲があります。これらの雲は、パフォーマンスを最適化した設定可能なプリセットとして、すぐに利用することができます。

高度なクラウド形成

雲の形成が大幅に改善され、雲の外観を新しいレベルに引き上げる柔軟性とバリエーションの余地がさらに増えました。組み込みのカバレッジテクスチャに加えて、雲の形状をカスタム3Dテクスチャで定義できるようになりました。これにより、特定の事前定義された形状の雲を作成し、シャドウのカスタム形状を定義することもできます。追加のノイズを使用すると、詳細の多様性を拡張できます。

【雲システムのその他の変更点】

  • パラメータを細かく設定できるようになり、雲の形成が改善。
  • 透過オブジェクトのレンダリング(アルファブレンド)とボリューメトリッククラウドの仕分けが改善。
  • 雲のレイヤーを特定のエリアに限定できるようになりました(地域的な天気予報の実装に便利です)。
  • タイリングの低減が改善され、雲の密度に関わらず自然に見えるようになりました。

新しい風景ジェネレータ:Sandworm Tool

前回のリリースで実験的に導入された新しいランドスケープ生成ツール(Sandworm)が、製品化可能な段階になりました。

UI/UXが大幅に改善され、このツールでは、地理参照されたデータソースからのデータに基づいて、新しいランドスケープ地形を生成することができます。ローカルストレージデバイスからのラスターデータ(標高、イメージ、マスク)やベクターデータソースを使用したり、オープンなオンラインサービス(OpenStreetMapや様々な州・自治体のデータベースなど)や、ユーザーが作成・サポートするプライベートタイルサーバーに接続することができます。

現在、Sandwormの機能リストには以下のものが含まれています。

  • 複数の地理参照ソースラスター(標高、画像、マスク)とベクトル(道路、建物など)のサポート。
  • 高度なデータフィルタリングオプション:属性(ベクターソース)、インデックス、カラー、およびチャネルマスク(ラスターソース)。
  • オンラインTMS(Mapbox、OSM)およびオフラインデータソースのサポート。
  • マスクベースの植生の生成。
  • ランドカバーデータに基づいた追加ディテール(砂、岩など)の生成により、よりリアルなランドスケープサーフェスを実現。
  • プロシージャルなオブジェクト(道路、送電線、建物、ランドマークなど)の生成。
  • 配置パラメータの高度な制御と微調整。
  • 広く普及している座標参照系(CRS)のほとんどを入力および出力の投影にサポート
  • 1つのプロジェクト内で異なる投影タイプのソースを組み合わせることが可能。
  • Landscape TerrainおよびTerrain Globalへのエクスポート。

ウォーターシステムのアップグレード (Beta)

波のスペクトルを正確にコントロールできるようになりました。スペクトルパラメータ、波の方向と速度、波のシェイプファクター(すべてのデータがCPU側で利用可能になったため)によって、各波システムのユニークな特性を独立して設定できます。複数の波や波群(大きいものから小さいものまで)を作成することができ、すべてのパラメータに簡単にアクセスでき、実行時にAPI経由で制御することができます(例:インストラクターステーションからのWeather Controlパケットの処理など)。

.NET 5 (C# 9)の統合

.NET Core 2.2および3.1のサポートからスタートし、2020年11月にリリースされる.NET 5のサポートを実装しました(新しいメジャーな.NETバージョンは毎年計画されているため、私たちはそのペースを維持しています)。今回のアップデートでは、多くの修正と新機能が追加されています。

  • パフォーマンスの向上。
  • ガベージコレクションの改善(メモリ消費量の削減)。
  • C# 9.0をサポートし、パフォーマンスの向上とネイティブな相互運用性などを実現(詳細はこちらのリンクをご覧ください)。
  • コンテナサイズの最適化。
  • 数多くのバグの修正、その他多数

Light Meter

Light Meter は、照明の調整を簡単にする新しいビジュアルデバッグツールです。このツールは、シーン内のすべての表面の照度分布を、ゼロから最大レベルまでのカラーグラデーションで表示します。つまり、最大光量が350ルクスの部屋の照明を設定するには、スライダーで対応する値を設定し、光源を調整するだけで、ほとんどの表面が赤から白に塗られるようになります。推奨される照明レベルは、上記のUIに記載されています。

Planar Reflection Probes

新しいライトプラナープローブにより、平面反射の作業がより便利になりました。平面(鏡、水面など)への反射を捉えて投影するための独立したオブジェクトであるため、特定のメッシュ、サーフェス、マテリアルに縛られることはなくなりました(1つのプローブを、カバーする複数のサーフェスに使用することができます)。また、粗い反射の改善や制御パラメータの拡張により、さらに柔軟な対応が可能です。

UNIGINE 2.14のすべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

現在、Unigine は64ビットのWindows 7+とLinux (kernel 3.0+)で利用可能です。サポートされているAMD、Intel、NvidiaのGPUのリストはこちら

Community Free版は、過去12ヶ月間に10万ドル以下の収益または資金を得ている非商業的な作業や商業的なプロジェクトであれば、無料で利用できます。

Community Pro版には収益の上限がなく、サブスクリプションはVATを含めて年間180ドルとなっています。エンタープライズ版との機能比較表はこちら


UNIGINE 2.14: Cumulonimbus Clouds, C# 9, Water Wave Spectrum Control, New Landscape Generator

UNIGINE ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました