スポンサー

軽量3Dモデラー Silo2021 と新しいレンダラー Milo2021 がリリース

CGソフト

2021年4月14日(現地時間)Nevercenterは、軽量で高速な3DポリゴンモデリングとUVマッピングソフトウェアの最新のメジャーアップデート 「Silo2021」 と Epic GamesのUnreal Engineを搭載した新しいタイプのスタンドアロンのリアルタイムレンダラーとVRビューワー「Milo」をリリースしました。

Silo2021

Siloについて

2003年に最初にリリースされたSiloは、軽量で高速な3DポリゴンモデリングとUVマッピングソフトウェアで、業界水準のツールセットと簡単にマスターできるワークフローを、お手頃価格で提供しています。

キャラクター、プロダクトデザイン、建築など、ハードサーフェスとオーガニックのどちらのモデリングにも適しており、他のアプリケーションやUnityやUnrealなどのゲームエンジンに簡単にエクスポートできます。GoZをサポートしているため、SiloはZBrushのベースメッシュのモデリングにも使用できます。

新機能

前回のメジャーアップデートとみられるバージョン2.5は2017年にリリースされており、久しぶりのメジャーアップデートとなります。

Silo2021には、ブレンド・シェイプ、可変SubDエッジ・クリーシング(variable SubD edge creasing)、PBRマテリアル・セットアップなどが追加され、Siloにとって過去最大の機能アップデートとなるとのことです。リリースノートによると、他にも新しいUV展開方法や数値エディタの改善などもされているようです。

Milo

Miloは、Unreal Engineを使用してリアルなライティング、マテリアル、シャドウ、エフェクトを実現する新しいリアルタイムレンダラー、VRビューアーで、Silo 2021に付属しています。NevercenterはこれによってEpicGamesからMega Grantを授与されており、現在アーリーアクセス中で、急速に開発が進められているとのことです。

Miloは、商品撮影、ゲームのアセットビジュアライゼーション、ArchViz/建築物のウォークスルー、ポートフォリオレンダリング、VRプレビュー、ソーシャルメディア用のターンテーブルGIFなどに使用することができます。

MiloはSiloとの緊密な連携を特徴としており、Siloに保存されたファイルはMiloで自動的に更新されます。例えば、建築家がSiloのデスクトップ・インターフェースを使って3Dの建物のデザインを更新しながら、クライアントがVRヘッドセットの中でシームレスに変更を確認することができます。

SiloとMiloを組み合わせることで、完全なシーンやイメージのモデリング、テクスチャマッピング、レンダリングが可能になります。

SiloとMiloリリースノートの確認はこちらから

価格とシステム要件

Silo 2021(Milo付き)は、MacOS 10.14.6以降 とWindows10 64bitで使用できます。

ライセンスには、1年間の無料アップデートが含まれおり、価格は149ドルです。


Nevercenter Launches Unreal-Powered Real-time Renderer and VR Viewer Milo, Alongside Major Silo Update

silo ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました