スポンサー

LuxCoreRender v2.5 と Blender アドオン BlendLuxCore v2.5 がリリース

フリーコンテンツ

4月10日(現地時間)LuxCoreRender開発チームは、最新アップデート LuxCoreRender v2.5 と Blender アドオン BlendLuxCore v2.5 をリリースしました。

このリリースでは、RTXハードウェアレイトレーシングに対応し、レンダリング速度が向上しています。その他にも新しいマテリアルの追加やAOVの改善などが行われています。

LuxCoreRender v2.5 新機能

■OptiX/RTX Acceleration

CUDAバックエンドは、OptiXライブラリを通じてRTXハードウェアレイトレーシングを利用できるようになりました。

レンダリング速度のメリットは、シーンの複雑さに依存します(シーン内の三角形が多いほど、スピードアップは大きくなります)。シンプルなシーンでは2%のスピードアップ、400万トリスでは18%のスピードアップ、1,000万トリスでは604%のスピードアップするとのことです。

また、BVHをGPU上で構築することで、GPUのメモリ使用量が少なくて済む(約40%)というメリットもあります。

Blenderのアドオンでは、CUDAバックエンドが選択されている場合、互換性のあるRTX GPUではOptiXが自動的に使用されます。

■Non-Uniform Camera Bokeh

被写界深度では、カスタム画像を含む不均一なボケ分布をサポートするようになりました。

また、ボケを非等方的に潰したり伸ばしたりして、アナモルフィックレンズをシミュレートできるようになりました。

■新しいマテリアル

  • Holdout:ホールドアウトオプションを使用すると、素材で覆われたフィルムの部分を透明にすることができます。
  • Two-Sided:両面マテリアルは、メッシュの表と裏に異なるマテリアルを配置することができます。

■新しいテクスチャ

  • Wireframe
  • Distort:Distortテクスチャは基本的にシンプルなテクスチャマッピングで、入力されたテクスチャを変換することしかできません。しかし、平行移動のオフセットはテクスチャにすることができます(これは通常のテクスチャマッピングではできません)。そのため、あるテクスチャを別のテクスチャで擾乱するのに使用できます。

 

■texture Bombing

新しい “Bombing “テクスチャは、様々なランダム化オプションで、背景上にステンシルマップを配布するために使用できます。

■イメージマップのランダム化タイリング

イメージテクスチャが、Brent Burley氏の「Histogram-preserving Blending for Randomized Texture Tiling」(論文)に対応しました。これを有効にすると、イメージはグリッドではなくランダムな方法でタイル化され、繰り返されるパターンを分断するのに役立ちます。

この方法は、一部のテクスチャではうまくいかないことに注意してください。レンガのように、正確な位置合わせが必要なテクスチャでは、機能しない場合があります。

■ランダムな2D/3Dマッピング

テクスチャマッピングにランダム化モードが追加され、回転、平行移動、スケールをオブジェクト間で変化させることができます。バリエーションは、オブジェクト ID (デフォルトではランダムに割り当てられます)またはメッシュアイランド ID のいずれかです。

■新しいAOV

Diffuse/Glossy/Specular Reflectionsの AOV をより細かく設定できるようになりました:
Direct/indirect diffuse/glossy/specular AOV に、反射光または透過光のみを組み合わせたバリエーションが追加されました。例えば、以前は反射光と透過光の両方を含む「間接鏡面」AOVしか取得できませんでしたが、現在は2つに分割されているので、透過光に影響を与えることなく、合成時に反射光の明るさなどを個別に調整することができます。

コースティクスAOV:Path エンジンのライトトレーシングでレンダリングされたコースティクスは、別の AOV でアクセスできるようになりました。なお、このAOVには、PhotonGIのコースティクスキャッシュでレンダリングされたコースティクスは含まれません。

BlendLuxCore v2.5 新機能

■OptiX Viewport Denoising

ビューポートが高速なOptiX Denoiserに対応しました。有効にすると、レンダリングされたプレビューに継続的に適用されます。

■新しいライトグループエディタ

コンポジターのノードグループで、ライトグループの明るさと色を編集できるようになりました。これにより、1回のレンダリングで複数のライティング・ムードを簡単に作成し、各レンダリングの反復後にファイル出力ノードで自動的に保存することができます。

■ライトの温度設定

ライトのプロパティに温度スライダが追加されました。

■すべてのバージョンのBlenderでカスタム法線をサポート

■LuxCoreオンラインライブラリーの新しいパック

Draviastudioは、家具や植物などのアセットを含む、LuxCoreでレンダリング可能なモデルパックを作成しました。これらはBlender Marketで入手可能です

LuxCoreRender v2.5とBlendLuxCore v2.5のすべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

LuxCoreRender v2.5 と Blender アドオン BlendLuxCore v2.5 は、Windows 64ビット Mac OS 64ビット Linux 64ビット で使用可能となっています。v2.5では、Blender 2.82-2.92が正式にサポートされています。

すべてのWindows実行可能ファイルには、 Visual C++ Redistributable Packages for VS 2017 と Intel C++ redistributable が必要です。

価格は無料です。


サンプルシーンのダウンロードはこちらから

プロジェクトの継続的な開発のサポートはこちらから

LuxCCoreRender Project のソースコードはこちらから

LuxCoreRender と Blender アドオン BlendLuxCore v2.5 のダウンロードはこちらから

NEW FEATURES IN V2.5

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました