スポンサー

Imerge Pro 2021がリリース、新しいエフェクトの追加やエクスポートの改善など

CGソフト

2021年3月25日(現地時間)FXhomeは、画像編集ソフトウェアの最新アップデート Imerge Pro 2021.1 をリリースしました。 Imerge Pro の今年最初のアップデートとなります。また、前のリリースは Imerge Pro 8 でしたので、このリリースからバージョンの命名規則が変更されているようです。

Imerge Pro 2021.1 新機能

このリリースでは、ワークフローを強化するための新しい整理ツール、ホットフォルダー、レンズブラーやカラースプラッシュをエミュレートする新しいスタイルのエフェクトなどが追加されています。

ホットフォルダ(Hot folders)

カメラをシステム上の特定のフォルダに接続し、そのフォルダを「ホットフォルダ」として設定します。 画像が撮影されると、Imergeに自動的にインポートされ、ビューアに表示され、選択した出力設定を使用してエクスポートされます。

この要望の多かった機能は、イベント写真やバッチ処理に最適な自動ワークフローをサポートします。

エクスポートの改善

エクスポートキューが新たに追加されたことで、作品のエクスポートがこれまで以上に簡単になりました。これにより、バッチエクスポートが進行している間、プロジェクトの作業を続けることができます。また、Imergeには以下のような新しいエクスポートオプションがあります。

  • PSD / PSBエクスポート: ImergeプロジェクトをレイヤーとしてPSD / PSBファイルにエクスポートして、Photoshopで開くことができるようになりました。
  • HitFilmコンポジットショットのエクスポート: ImergeプロジェクトをレイヤーとしてHitFilmコンポジットショットファイルにエクスポートできます。
  • コンテンツバリエーションの選択:コンテンツバリエーションのエクスポートで使用する特定のコンテンツアイテムを選択できるようになりました。1つまたはすべてを選択する必要はありません。
  • エクスポート時の画像サイズ変更オプションの追加:書き出し時に画像のサイズを変更するためのサイズを、以下のオプションから手動で指定できるようになりました。
    • 幅と高さ–幅と高さの両方を手動で指定できます
    • メガピクセル–メガピクセル値を選択できます。アスペクト比は維持され、エクスポートはターゲットのメガピクセル値に一致するようにサイズ変更されます。
    • パーセンテージ–指定されたパーセンテージで基本サイズをスケーリングします
    • 長辺–画像に必要な最長のエッジを指定できます。アスペクト比が維持され、最短エッジが比例してスケーリングされます。
    • 短辺–上記と同じですが、その逆も同様です。
    • レイヤーの一致–選択したレイヤーに一致するようにキャンバスのサイズを設定します

これらの便利なエクスポートオプションに加えて、バージョン2021.1では、一連の定義済みタグを使用してバッチエクスポートのカスタムネーミングパターンを指定することができます。この新機能により、エクスポートしたファイルを簡単に整理することができます。レイヤー名、コンテンツのバリエーション名、寸法、DPI、連番、日付、メタデータなど、合計32種類のタグが用意されています。

また、Imergeでは、メタデータのオーバーライドオプションが大幅に増え、既存の画像をコピーする際に保持するメタデータのカテゴリーをコントロールしたり、新しいEXIF/IPTCビューアを使ってメタデータを直接編集したりすることができます。

新しいエフェクト

3つの新しいスタイルのエフェクトが追加されました。

■レンズブラーエフェクト

新しいレンズブラーエフェクトでは、鮮やかで高度にカスタマイズ可能なボケを含むリアルな被写界深度を写真に追加することができます。このエフェクトは、絞りの形状やブルームなど、数多くのカスタマイズオプションがあります。また、レンズの形状をX/Y軸に沿って「引き伸ばす」ことで、アナモフィックレンズのボケを再現することもできます。

■Leave Colorエフェクト

新しい「Leave Color」エフェクトでは、保持する色を簡単に選択し、他のすべてを脱色することができます。エフェクトを反転させて、選択した色を保持する代わりに脱色することもできます。また、Imergeの他の精密なカラーツールと同様に、このエフェクトには、スキントーン、グレー、白黒を保持するオプションが含まれています。

さらに精度を高めるには、LAB 色空間に基づいて色を分離することにより、色相とその中のすべての値(赤など)を選択するのではなく、LAB 色の値(色の色合いや陰影を考慮して)で選択します。

■Magnify エフェクト

新しいMagnify(拡大エフェクトでは、画像上の領域を拡大することができ、拡大を歪めたり膨らませたりするコントロールが可能です。拡大効果では、様々なカスタマイズオプションを使用して、選択した円形または楕円形の領域を拡大、膨らませたり、ピンチしたりすることができます。

その他の機能強化

  • ドラッグ&ドロップ:ファイルエクスプローラーやウェブブラウザから画像をImergeに直接ドラッグ&ドロップできるようになり、ワークフローがよりスピーディーになりました。画像をレイヤーのコンテンツセクションに直接ドラッグすることもできます。
  • フォルダーの読み込み:画像のフォルダ全体を一度にプロジェクトにインポートできるようになりました。
  • ツールバーからブラシの柔らかさを調整:ブラシマスクのソフトネスをツールバーから直接調整できるようになり、より迅速な調整が可能になりました。

Imerge Pro 2021.1では、他にも改善や機能強化などが行われています。すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

Windows 8 64ビット以降、macOS 10.13 High Sierra以降で動作します。

価格は199ドルです(12か月のアップデートとテクニカルサポート含む)。また、Fxhomeの他のソフトウェアとセットのバンドル製品の一部としても購入できます。

セール情報

2021年4月6日(現地時間)までセールが行われており、今回紹介した Imerge Pro 2021 を含む、FXhomeの製品が最大44%オフとなっています。

価格の確認はこちらから

無料の体験版のダウンロードはこちらから


New Release: Imerge Pro 2021.1

Imerge Pro ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました