スポンサー

3ds Max 2022 がリリース、スマート押し出しを含むモデリング機能の強化やレンダリングの改善など

CGソフト

2021年3月24日(現地時間)Autodeskは、ビジュアライゼーション、ゲーム、アニメーションに最適な 3Dモデリングおよびレンダリングソフトウェアの最新アップデート 3ds Max 2022 をリリースしました。

新機能ハイライト

このリリースでは、ワークフローの効率化、使いやすいテクスチャやレンダリングツール、安全でセキュアなワークスペース環境の提供に重点がおかれています。Arnold への新しいレンダリング機能の追加、テクスチャへのBake機能、一般的なモデリングツールの機能強化などが行われています。

モデリング

■スマート押し出し(Smart Extrude)機能の強化

スマート押し出し機能は3ds Max 2021.2で初めて導入された機能です。

3ds Max 2021.2 アップデートがリリース、スマート押し出しや選択の操作性が向上といったモデリング機能の改善など
Autodeskは、3Dモデリング・レンダリングソフトウェア最新アップデート 3ds Max 2021.2 をリリースしました。 このアップデートでは、モ...

この機能に編集可能ポリゴン(Editable Poly)またはポリゴンを編集(Edit Poly)モディファイヤ上で[Shift]+ドラッグで押し出しを実行したときの、2つの新しい操作が追加されました。

  • 内側に押し出す場合: スマート押し出しでは、メッシュの任意の面を切り取って削除できるようになり、結果は広がります。その結果の穴は、周囲の面に対して再ステッチされます。これは、ブール演算の減算に似ていますが、ポリゴンコンポーネントに対して実行されます。
  • 外側に押し出す場合: 外側に押し出した結果がメッシュ上の任意の要素上の別の面に完全に突き出した場合、交差する結果はステッチされてクリーンな結果になります。これは、ブール演算の和に似ていますが、ポリゴンコンポーネント上で実行されます。

■スライス(Slice)モディファイヤの機能強化

スライスモディファイヤーのパフォーマンスが強化され、ユーザーからのフィードバックに基づく新しいモデリング機能が追加されました。

  • キャッピング:スライス操作で作成されたオープンホールは、メッシュオブジェクトとポリオブジェクトの両方で、境界エッジに沿って自動的にキャップできるようになりました。
  • 多軸スライス:スライスギズモの位置に基づいて、1 つのモディファイアでメッシュを X、Y、Z 方向に平面的にスライスできます。
  • 放射状スライス:新しい放射状スライス操作では、ユーザーが定義した最小角度と最大角度に基づいてスライスをコントロールすることができます。
  • アライメント(新しい位置合わせ)オプション:オブジェクトの面にカッティングギズモをすばやく配置したり、シーン内のアニメーション可能な他のオブジェクトを参照したりすることができます。

■シンメトリ(Symmetry)モディファイヤの機能強化

シンメトリモディファイヤが改善され、パフォーマンス、ビューポートでの結果とインタラクティブ性が向上しました。

  • 多軸シンメトリー平面対称では、1 回の操作で複数の対称平面(X、Y、Z)がサポートされるようになりました。
  • 放射線状シンメトリーギズモの中心の周囲にあるジオメトリをすばやく複製して繰り返し、新しいバリエーションを作成し、ワークフローを強化することができます。
  • アライメントオプションシンメトリギズモをオブジェクトの面に位置合わせするか、シーン内の別のオブジェクトの変換によって影響を受けるようにします。

■リラックス (Relax)モディファイヤの機能強化

Relaxモディファイアにボリュームを保持(Preserve Volume)オプションが追加されました。このオプションを有効にすると、Relaxアルゴリズムが追加計算を行い、モディファイアが適用されたメッシュ全体の形状と定義を維持したまま、モデルからの小さなディテールやノイズを低減し、スムーズにします。

この機能は、スキャンデータやスカルプトデータのように、不要な小さな面や微小な面のディテールを大量に含むデータを扱う際に特に有効です。小さなノイズを含んだデータをRelaxで削減することで、Autodesk Retopology Tools for 3ds Maxの処理時間を短縮することができます。

■オートスムーズ

3ds Max 全体のメッシュ データの視覚的品質を向上させるために使用される AutoSmooth 操作が更新され、数千または数百万の面をスムージングする場合でも、新しいスムージング データをより速く生成できるようになりました。

このアップデートは、メッシュ、ポリ、スプラインなどのオブジェクトのスムージングデータを調整する際に役立ちます。また、Smooth、Chamfer、Edit Mesh、Edit Poly、ProOptimizeなどの他のモディファイアにも効果があります。

■押し出し (Extrude)モディファイヤの機能強化

最初の押し出し計算の速度と、量パラメータを調整したときの出力の応答性が大幅に改善されています。これにより、これまで処理に数分かかっていた複雑なスプラインも、数秒で処理できるようになりました。

ビューポートの改善

ビューポート設定(Viewport Settings)ダイアログボックスと基本設定 (Preferences)ダイアログボックスの新しい設定が追加され、ビューポートのアンビエントオクルージョンサンプリングをコントロールできるようになりました。

ビューポート[一般 (General)メニューかキーボード ショートカットの[Ctrl]+[スペースバー]を使用して、フローティングビューポートのフルスクリーン表示と境界なしをすばやく切り替えることができます。

レンダリング

■レンダリングの改善点

3ds Max 2022 では、レンダリングを簡単かつ高速に行うための次の改善が行われています。

  • レンダリング設定(Render Configuration )ウィンドウが、 QT ベースのユーザ インタフェース(UI)になり、高速化されました。
  • Quicksilver のレンダリング設定が QT ベースになり、より高速で応答性が高まりました。また、ビューポートのブルーム設定がクイックシルバーの設定に同期できるようになりました。
  • ビューポート構成設定の新しいビューポートアンビエントオクルージョンサンプリング値を使用すると、ビューポートアンビエントオクルージョンの品質を増減させることで、ビューポートのルックデバイスをさらに洗練させ、GPUパフォーマンスを最適化することができます。

■Arnold レンダラー(MAXtoA)

このバージョンの 3ds Max には、Arnold 6.2.0.0 をベースとする MAXtoA 4.3.0.78 が利用できます。

MAXtoA 4.3.0.78のリリースノートはこちらから

Arnold 6.2については以下の記事をご覧ください

Arnold 6.2 がリリース、新しいポストプロセッシングノードの追加やGPUツールセットの改善など
Autodeskは1月28日(現地時間)、物理ベースの3Dレンダラーの最新アップデート Arnold 6.2 をリリースしました。 Arnold 6.1 新機...

■テクスチャにベイク処理(Bake to Texture)

インターフェイスが簡素化され、レンダーエレメントを共通のマップ名でグループ化することで、ベイクされたマップタイプのナビゲーションと選択が容易になりました。これによりカラーマップ、ノーマルマップ、その他のPBR互換マップなど、頻繁に使用されるマップタイプをベイクするために、ユーザーは使用しているレンダーエンジンの特定の要素名を覚える必要がなくなります

Bake to Textureには、Rounded CornersやMaterial IDマップなどの新しいユーティリティマップが多数追加されています。これによりアーティストは、これまで複雑なマテリアル設定のワークフローであったものを、わずか数回のクリックでBake to Textureの結果に素早く簡単にアレンジすることができます。

3dsMax2022すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

3dsMax2022は、64ビットWindows 10で利用することができます。

価格はサブスクリプション形式のみで、34,100/月(税込)、272,800円/年(1か月あたり22,734円)、737,000円/3年(1か月あたり20,473円)

また、条件にあてはまる方はIndieライセンスを購入することが可能です。価格は40,700円/年です。より詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

Maya & 3ds Max Indie の詳細が明らかに!日本価格は40,700円/年!
8月7日になり、Maya と 3ds Max の Indie 版が購入可能になっています、あわせて対象者や日本での価格なども明らかになりました。 機能につ...

3dsMax2022ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました