スポンサー

建築向け3Dリアルタイムレンダリングとビジュアライゼーションソフトウェア Enscape 3.0 がリリース

プラグイン

2021年3月3日(現地時間)Enscape GmbHは、建築向け3Dリアルタイムレンダリングとビジュアライゼーションソフトウェアの最新アップデート Enscape 3.0 をリリースしました。

Enscape について

Enscapeは、2013年にドイツのカールスルーエに設立されたEnscape GmbHによって開発、サポートされている建築向け3Dリアルタイムレンダリングとビジュアライゼーションプラグインです。

2020年のcgarchitectの調査では、EpicのTwinmotionについで使用されています。Enscapeのウェブサイトによると、顧客には世界のTOP100の建築事務所の85%が含まれているということで、日本の総合設計事務所 日本設計でも使用されているようです。

2020年建築ビジュアライゼーションレンダリングエンジンの調査結果が公開
9月18日(現地時間)cgarchitectは 2020年建築ビジュアライゼーションレンダリングエンジンの調査結果を発表しました。 毎年行われるこの調査で...

Enscapeは、モデリングソフトウェア Autodesk Revit、SketchUp、Rhinoceros、ArchiCAD 、Vectorworksに対応し、直接プラグインすることで、統合されたビジュアライゼーションとデザイン・ワークフローを提供します。

Enscape を使用すると、専門的な知識を必要としないアクセス可能なレンダリングで直感的に作業することができ、1つのモデルからデザイン、ドキュメント、ビジュアライゼーションを同時に行うことができます。また、素早く簡単にモデルを没入型の3Dエクスペリエンスに変えることが可能です。

Enscapeには、リアルタイムウォークスルー、VR、360度パノラマや動画エクスポート機能、大気・雲の設定、2000以上のアセットライブラリなどの機能を備えています。これらの機能の詳細はこちらから確認できます。

Enscape 3.0

新機能ハイライト

Enscape 3.0では、直感的なデザインが可能になりました。UIの刷新により、デザインプロセスが強化され、リアルタイムレンダリングや没入感のあるエクスペリエンスをより自然に作成できるようになりました。他にもローカルアセット、アップロード管理、Vectorworks用のバッチレンダリングなど追加や改善があります。

このリリースの新機能は、デザインワークフローを強化します。直感的なデザインツールを持つことで、制作に費やす時間が短縮され、デザインと制作に集中できるようになります。

■UIオーバーホール

デザインの刷新により、より良いリアルタイムレンダリング体験を提供します。刷新されたデザインは、スタイルの一貫性をもたらし、製品内でのナビゲートや対話をより直感的に行うことができるようになりました。

UIオーバーホールにより、Enscapeの使用方法とエクスペリエンス方法に、次のような変更と改善があります。

  • ビジュアル設定のワークフロー管理の改善
  • プラグイン ツールバーからレンダラー ツールバーへの関数の再配置
  • レンダラーに情報を表示するための新構造
  • 新しいビデオタイムラインビューと、ビデオキーフレームの変更:V = ビデオエディタ、K = キーフレーム

以前のバージョンのEnscapeでは、特定の機能にはデザインソフトウェア自体から直接アクセスできましたが、レンダリングワークフローを改善するために、エクスポート、ビデオエディタ、VR、ビジュアル設定など、一般的に使用されているいくつかの機能をEnscapeのレンダリングウィンドウに移動して、より簡単にアクセスできるようになりました。さらに、3.0ではレンダリングウィンドウから直接ビューを作成できるようになっています。

■ローカルアセット

Enscapeの3Dビジュアルアーティストは、インスピレーションを得るために世界中(今は旅行はしていないので、インターネット)を探し回り、地域の象徴的な資産や特定の資産に焦点を当てた333の新しいアセットを作成しました。これらのアセットには、乗り物、オブジェクト、樹木や低木の種類などが含まれています。

これにより現在、合計2,470種類のアセットが備わっており、プロジェクトに直接ドロップすることができます。さらに、Enscape 2.9で導入されたカスタムアセットライブラリによって、オリジナルのアセットをインポートすることができます。

■ビデオエディタの改善

ビデオエディタには、新しい合理化されたワークフローがあります。今、ビデオ作成プロセスのすべての側面は、サブメニューに飛び込む必要がなく、ユーザーに明確に表示されます。また、より速く、より簡単にビデオの作成と編集を行うための新しいタイムラインビューもあります。

新しいビデオエディタの使用方法の詳細についてはこちらから確認できます。

■Vectorworksのバッチレンダリング

Vectorworksユーザーは、イメージのセットをバッチレンダリングできるようになり、複数のイメージを一度にレンダリングできるようになり、レンダリング時間が大幅に短縮されました。

■テクスチャの読み込みが高速化

Enscapeでは、テクスチャ画像(マテリアルに使用される)の同時読み込みに対応し、読み込み時間が大幅に短縮されました。

■3Dビューに接続したプリセットの設定

以前は、フォグ、雲、照明の設定などのビジュアルプリセットは、バッチレンダリングを行うときにのみ適用されていました。今では、ビューを切り替える際にビジュアル設定がリアルタイムで適用されます。
Enscape 3.0すべてのアップデートリストはこちらから

これらのアップデートに加えて、コーポレートデザインが変更されました。この変更についてはこちらのブログ記事で詳細を確認することができます。

ウェブセミナー

3月16日火曜日(現地時間)にライブウェビナーがあるようです。このウェビナーでは、新しいブランドと使命について話し、将来の準備の一環としてEnscape3.0に加えられた改善点を示します。

参加には登録が必要で、登録すると、ライブに参加できない場合でも、利用可能になり次第オンデマンドで視聴できるようになります。

ウェビナーの参加登録はこちらから

チュートリアル

Enscape3.0で導入された機能について紹介しているビデオチュートリアルが公開されています。この動画では、新しいユーザーインターフェイスやソフトウェアの注目すべき改善点などのハイライトが確認できます。

価格とシステム要件

Enscape 3.0 は、Windows 7 64Bit以降、MacOSでは、Bootcamp経由で利用することができます。また、Enscapeプラグインは、次のソフトウェア用に提供されています。

  • Revitの(2018、 2019、2020、および2021)
  • SketchUpのメイク&プロ(2018、2019、2020、および2021)
  • Rhino (6.0および7.0)
  • ArchiCADの(21、 22、23、および24)
  • Vectorworks(2020(Service Pack 3)、2021)

詳しいシステム要件はこちらから

価格は、1台の固定マシンに関連付けられる固定シートライセンスが 47ドル/月 または 469ドル/年、複数のマシン で共有できるフローティングライセンスは 699ドル/年です。

また、14日間の体験版が使用できます。体験版のダウンロードや価格の確認はこちらから


Design Intuitively with the Brand-New Enscape 3.0 – Out Now!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました