スポンサー

SideFX、商業客向けにUnrealとUnity用 Houdini Engine の無償提供を開始

プラグイン

2021年2月25日(現地時間)、SideFX は、商業客向けにHoudini Engine for UE4 と Houdini Engine for Unity の無償提供の開始を発表しました。

商業客向けにHoudini Engine for UE4 & Unityの無償提供を開始

Houdini Engine for UE4 & Unity は、以前から収益10万ドル未満のアーティストが利用できる Houdini Indie ユーザーには無料で提供されてましたが、それが商用版の Artistsや Studios ライセンスでも無料で使用できるようになりました。

Houdini Engine とは
Houdini Engine を使用すると、プロシージャルのノードベースのアプローチを使用しているアプリケーションに持ち込むことが可能になります。繰り返し行なう作業をノードネットワークとして構築し、それをカスタムスマートアセットとしてまとめ、 Autodesk® Maya® や Cinema 4D® などを使っている同僚と共有したり、Unity® や Unreal Engine® などのゲームエディタに持ち込むことができます。
Houdini Engine ページへ

これにより、Houdini でカスタム UI と共に組み込んだプロシージャルツールやアセットを UE4 や Unity で読み込むことが可能になり、Houdini の知識の有無にかかわらずアーティストが使用できるようになり、ゲームや XR 開発、バーチャルプロダクション、デザインビジュアライゼーションなど、多様な用途に Houdini アセットを利用できます。

UE4 プラグインは、最近バージョン 2 にアップデートされ、コアアーキテクチャが再設計され、モジュール化および軽量化がさらに進んでいます。この最新バージョンでは、新しいインターフェース、ワールド合成およびブループリントへの対応、その他さまざまな改良や機能強化がされています。

プラグインは、SideFX Web サイトから、各アカウントあたり最大 10 ライセンスまで取得でき、それ以上の本数が必要な場合は、必要本数を担当代理店まで問い合わせる必要があります。

ライセンス価格アセット
タイプ
Houdini
GUI
UE4UnityMaya
/Max
バッチ処理
Houdini Engine for Unity無償.HDA×××
Houdini Engine for UE4無償.HDA×××
Houdini Engine有償.HDA×
Houdini Engine Indie無償.HDALC/.HDA×

Autodesk Maya、Autodesk 3ds Max などホストアプリケーション、自社製プラグイン、ファームでのバッチ処理には、 引き続き有料のHoudini Engine ライセンスが利用可能です。中~大規模スタジオでの導入には、ボリューム価格が用意されています。

また、Houdini Engine Indie は引き続き無償で提供、インディ制作・開発スタジオが $100K USD 未満の商用プロジェクトで利用する場合に利用可能です。

今回の発表で何が変わるか

UE4 と Unity 向け Houdini Engine プラグインが無償になります。これは、スタジオが Houdini Engine ライセンスの不足を心配することなく、Houdini デジタルアセットを含むゲームレベルでコラボレーションできることを意味します。

今回の発表は商用版ユーザ向けのもので、Indie ユーザには変化はなく、引き続き無償の Houdini Engine Indie ライセンスを3ライセンスまで使うことが可能です。また、STEAM 経由で Houdini Indie を購入したユーザーにも影響はありません。

Houdini Engine Starter Kit チュートリアル

今回の発表に合わせて、Starter Kitのチュートリアル動画が大量に公開されています。興味がある方は確認してみてください。

UNREAL STARTER KIT ページへ

UNITY STARTER KIT ページへ

Houdini Engine Starter Kit のダウンロードはこちらから


Houdini Engine for Unreal and Unity

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました