スポンサー

3dsMax用レンダラー finalRender Drop 5 がリリース、OpenVDBのサポートなど

プラグイン

2021年2月17日(現地時間) Cebasは、3dsMax用レンダラーの最新アップデート finalRender Drop 5 をリリースしました。

finalRender Drop5 新機能

このリリースでは、OpenVDBファイルを直接、またはthinkingParticles DVRインターフェイスを通して処理し、レンダリングできるようになりました。その他にもグローバルイルミネーションの強化がされています。

OpenVDBをサポート

■NanoVDB

OpenVDBの最適化されたサブセットで、GPUに最適な高度な並列処理のパワーを活用するように最適化されています。NanoVDBは必ずしもGPUを必要とせず、CPUでもそれなりにパフォーマンスを発揮します。NanoVDBの主な用途は、大規模なOpenVDBデータ構造を高速に可視化することです。

NanoVDB機能は、finalRenderのUnbiased Physically Based Spectralレンダラーを使用することで、効果を発揮します。CPUとGPUのレンダリング能力を同時に活用することで、finalRenderはワークステーションの処理能力を最大限に引き出します。

■fR-Volume Object 
このfinalRender専用のコンテナオブジェクトは、OpenVDBファイルをロードし、NanoVDBを介してボリュームデータをレンダリングするために使用されます。このボリューム コンテナは、標準の 3ds Max オブジェクトと同様に動作し、3ds Max の他のオブジェクトと同様にコピー、インスタンス化、拡大縮小、回転、アニメーションを簡単に行うことができます。詳細については、ここをクリックしてください。
■fR-VolumeVDB
finalRenderに追加された新しいマテリアルで、OpenVDBボリュームレンダリングを行う際に全ての作業を行います。finalRenderはNanoVDBを使用してCPUで超高速ボリュームレンダリングを行い、GPUではさらに高速にレンダリングします。ThinkingParticlesで作成されたボリュームグリッドを瞬時にレンダリングするためにthinkingParticles DVRメソッドを使用する際にも、このマテリアルは必要不可欠となります。
■fR-Triplanar
この新しいテクスチャマップは、テクスチャマッピングを使用せずに有機物やオブジェクトのテクスチャを簡単かつ迅速に作成する方法を提供します。
■fR Environment Fog
最適化により、以前のバージョンと比較して10%~35%の高速化が実現しました。

不偏グローバルイルミネーションの強化

finalRenderのPhysically Based Spectral Renderingコアは、今回の最新リリースで大幅にアップグレードされました。以前のものと比較して、同じ品質の結果を得るために必要なレンダリングパスが少なくなっています。これは、厳密なシリアルアプローチではなく、類似の光線を収集し、それらを一度に処理するパストレーシングキャッシュを導入することで実現しています。

レンダリングあたりのパス数が少なくなったことにより、レンダリング時間が短縮されます。このコアとなるパストレーシングの強化は、パスごとの可能なグレインの量にのみ影響します。物理的に正確で不偏(案バイアス)パストレーシングの中核となる原理は変更されていません。さらに、パストレースコアの微調整と機能強化を行った結果、若干の高速化を実現しています。

価格とシステム要件

FinalRenderは3ds Max 2017以降で使用できます。価格はサブスクリプションのみで294ドル/年です。

また、FinalRenderは、先月リリースされたThinkingParticles Subscription Drop 10に無料で含まれています。

ThinkingParticles Subscription Drop 10 がリリース、finalRenderが無料で付属
1月29日(現地時間)、Cebas Visual Technology Inc.は、3dsMax用シミュレーションプラグインの最新アップデートthinkingP...

FinalRender ウェブサイトへ

finalRender Subscription Drop 5 Available Now!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました