スポンサー

CityEngine のプロシージャルな建物生成が Unreal Engine上で可能になる無料プラグイン Vitruvio

フリーコンテンツ

2021年2月12日(現地時間)、Esriの開発するUnreal Engine4.26用の無料CityEnginプラグイン 「Vitruvio」がマーケットプレイスから利用可能になりました。

Vitruvioとは

Vitruvio は、ArcGIS CityEngine のプロシージャルモデリング機能を Unreal Engine にもたらし、CityEngine の生成ランタイムとシェイプグラマー(形状文法)を使用して、プロシージャルな建物を生成することができます。

生成された建物は、常にプロシージャルで、高さ、スタイル、外観などの属性をリアルタイムで変更して、新しい建物のバリエーションを生成することができます。また、Vitruvioはパッケージ製品でも使用でき、ランタイムで動的に建物を生成することができます。

ちなみに、Vitruvioとは、現存する最古の建築理論書を著した建築家ウィトルウィウスのイタリア語です。

機能
  • プロシージャルな建物の生成を可能にする Vitruvio ComponentとActor。
  • CityEngine ルール属性を変更するための詳細パネル UI。
  • RPK (Rule Package) アセットタイプを導入し、CityEngine RPK ファイルのインポートとバンドルを可能にしました。
  • C++とブループリントAPIでカスタマイズと高度な利用が可能。

Vitruvioは、CityEngineで作成されたルールパッケージ(RPK)を入力として必要とします。RPKはアセットと建築スタイルをコード化したCGAルールファイルに加えて、必要なすべての参照アセットとデータが含まれている圧縮パッケージとなっています。

サンプルデータ

ArcGIS CityEngineは一般に価格が公開されておらず、個人ではすこし敷居が高いソフトですが、すぐにVitruvioの機能を試すことができるexampleファイルが用意されています。ヨーロッパの中世スタイルの町、ニューヨーク、パリの3つあり、こちらからダウンロード可能です。

使用する際は、必ずVitruvioをインストールしてからファイルを実行することに注意してください。

ダウンロード

Vitruvio は、Unreal Engineマーケットプレイス または github からダウンロード可能です。


インストール方法の確認はこちらから

ユーザーガイドはこちらから

Vitruvio ページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました