スポンサー

オブジェクトを素早く自然に配置することができる 3ds Max用プラグイン PhysX Painter 2.0

プラグイン

Kinematic Lab (Clovis GAY氏)は2月9日(現地時間)、3ds Max用プラグイン PhysX Painter 2.0 をリース しました。

PhysX Painterについて

PhysX Painterは、シーンに自然な形でアセットを素早く配置するために作られています。

建築、ゲーム、コマーシャルなどの仕事でも、シーンにアセットを追加する必要がありますが、手作業で配置するのは面倒で、自然な外観を得るのに時間がかかります。また、MassFXシミュレーションやパーティクルを使っても、思ったような結果が得られるまでに時間がかかります。

このプラグインを使用すると、自動的にブラシとリジッドボディシミュレーションを一緒に使用して、配置することができるので、ワークフローが改善され、よりリアルで臨場感のあるシーンを短時間で作成できるようになります。

このような衝突を考慮した配置ツールは、最近ではAdobeの技術デモ Project Physics Whizや、KeyShot 10.1でも見られます。

PhysX Painter 2.0

PhysX Painter 2.0では多くの新機能が追加されており、以下の動画で確認することができます。

■ワークフローを簡素化するために、主要な機能を1つのブラシで使用できるようになり、シーン内のオブジェクトを配置または削除したり、物理シミュレーションを再実行したりできます。

■重力だけでなく、中心点を中心にしてシーンに描かれているオブジェクトをまとめたり、そこから遠ざけたりする「Attract(引き寄せ)」と「Explode(爆発)」が使用できます。

■新しいドロップブラシは、オブジェクトを直接表面にペイントするのではなく、高いところからオブジェクトをドロップことができます。

■パフォーマンスも改善され、遅くなることなく何千ものオブジェクトをシーンにペイントすることが可能に

他にもワークフローの改善や新しいアセット管理機能の改善もされています。

また、PhysX Painter 2.0 の使用方法を学ぶことができる8つのチュートリアル動画も公開されています。チュートリアルページへ

価格とシステム要件

PhysXPainter 2.0は、3ds Max2013以降で利用できます。ノードロックライセンスの価格は50ユーロ(約6300円)です。


PhysXPainter 2.0 ページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました