スポンサー

Arnold 6.2 がリリース、新しいポストプロセッシングノードの追加やGPUツールセットの改善など

プラグイン

Autodeskは1月28日(現地時間)、物理ベースの3Dレンダラーの最新アップデート Arnold 6.2 をリリースしました。

Arnold 6.1 新機能ハイライト

Arnold 6.2では、ライティングエフェクトをより良くコントロールするための新しいポスト処理ノードや、各レンダリング後の自動デノイジングのためのツールが追加さています。ArnoldのGPUツールセットも引き続き強化されており、より効率的なレンダリングを支援するための多くの機能強化と、複数のVFXやアニメーションスタジオとの共同開発によるUSDサポートの改善が行われています。

より優れたポストプロセッシング体験

Arnold 6.1で初めて導入されたポストプロセッシングノード (イメージャー)では、ポストプロセッシング効果を微調整し、レンダリングビューで直接更新を確認することができます。

Arnold 6.1がリリース、新しいポストプロセスノードやGPUレンダリングの改善など
Autodeskは10月28日(現地時間)、物理ベースの3Dレンダラーの最新アップデート Arnold 6.1 をリリースしました。 このリリースでは、露...

Arnold 6.2では、ライトミキシング、ブルームエフェクト、ノイズ除去のための新しいイメージャーが導入されました。

■Light Mixer imager

この新しいイメージャーでは、レンダリング中とレンダリング後にライトグループの AOV への影響を編集することができます。

これにより、アーティストは各ライトをよりコントロールできるようになり、変更が必要な場合はレンダリングの時間を節約することができます。また、ライトグループ AOV の最大数も 256 に増加しています。

■Bloom

このエフェクトは、明るい光にさらされたときに、実世界のカメラレンズによって作成された光のブルームをシミュレートします。このエフェクトでは、明るいオブジェクトの周囲にグローが発生し、オブジェクトの境界線を越えて光がにじみ出ます。

■OptiX と Arnold Noice denoisers

Arnold Noice と OptiX デノイザーがイメージャーとして実装され、シーンをレンダリングするたびに自動的にノイズ除去ができるようになりました。

OptiX デノイザーには、デノイザーに与えられたクランプ値に追加のコントロールが追加され、与えられたフィーチャーマウンターの使用をトグルすることができるようになっています。

GPUツールセットの継続的な構築

シャドウリンク、NanoVDBのサポート、起動の高速化など、いくつかのGPU改善が追加されています。

■シャドウリンク(Shadow linking

シャドウリンクのサポートが追加され、GPUでより効率的にシーンをレンダリングできるようになりました。通常、シーン内のすべてのオブジェクトは、ライトによって投射される影の計算に含まれます。シャドウリンクにより、指定されたオブジェクトのグループを異なるシャドウ計算にリンクさせることができ、複雑なシーンのレンダリング時間を短縮することができます。

■シャドウグループ(Shadow Groups

Arnold GPUにシャドウグループのサポートが追加されました。デフォルトでは、シャドウグループはライトのリンクに従います。新しいシャドウグループのサポートでは、オブジェクトごとにライトのシャドウを含めたり、除外したりできます。除外すると、指定されたライトのシャドウはそのオブジェクトに対して無効になります。

■起動の高速化

初めてシーンをレンダリングする際の初期起動時間が前バージョンの最大2倍になり、レンダリング時間が4%高速化されました。

USDサポートの強化

多くのスタジオと協力し以下のUSDサポートに以下の改善がされています。

  • DCCとのより良い統合:ArnoldはKatanaのHydraビューポートをサポートし、USD経由でシーンをKatanaに転送できるようになりました。また、Solaris経由での最終フレームレンダリングのサポートも追加しました。
  • Hydraカメラ:レンダーデリゲートが被写界深度やArnold固有のカメラパラメータなどの物理的なカメラパラメータをサポートするようになりました。
  • 検索パス:レンダー デリゲートは、プラグイン、プロシージャル、テクスチャ、OSL インクルードの検索パスを公開するようになりました。
  • オートバンプの可視性:レンダーデリゲートは、primvars を介したオートバンプの可視性の設定をサポートするようになりました。
  • 面ごとのマテリアルの割り当て:レンダー デリゲートが面ごとのマテリアルの割り当てをサポートするようになりました。
  • キャッシュ ID:プロシージャルは、cache id パラメータを介した共有ステージ キャッシュからのステージの読み込みをサポートするようになりました。

OpenColorIO v2 が統合

Arnold 6.2 は、カラーマネージメント技術を提供するソフトウェアコンポーネントの更新版である OpenColorIO v2 を統合しています。これにより、OpenColorIO v2のACES(Academy Color Encoding System)のネイティブ実装と処理の改善をArnoldレンダラで直接利用できるようになりました。

このリリースの詳細については、こちら(リリースノート)から


価格の確認はこちらから

Introducing Arnold 6.2

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました