スポンサー

新しいApple M1チップセット対応 Premiere Pro、Premiere Rush、Audition のベータ版が登場

CGソフト

Adobeは、新しいApple M1チップセットをネイティブサポートしたPremiere Pro、Premiere Rush、Auditionをパブリックベータ版としてリリースしました。

新しいApple M1プラットフォームは、パフォーマンスの向上とエネルギー効率の向上を実現しており、Creative Cloudアプリケーションを新しいプラットフォームに移行することで、ユーザーは新しいテクノロジーを活用できるようになります。

Apple M1用のベータ版

Premiere Pro ベータ版

M1-native Premiere Pro ベータ版は、コアとなる編集機能を搭載し、最も広く使用されているコーデックである H.264、HEVC、ProResをサポートしています。

Premiere Proは、幅広いメディアや機能をサポートする大規模なコードベースの上に構築されているため、Apple M1のネイティブサポートを段階的に構築していきます。これにより、新しいコンポーネントを追加する前に、アプリケーションの特定の部分のパフォーマンスを検証することができるということです。

以下のグラフは、現行のハイエンド16インチIntel MacBook Pro、現行の13インチIntel MacBook Pro、新しい13インチApple M1 MacBook Proのエクスポート時間を比較したものです。今後もパブリックベータ期間中にネイティブM1のパフォーマンスは最適化される予定です。

シーン編集検出(Scene Edit Detection)などのAdobe Sensei機能は、Apple M1チップセットで専用の機械学習をサポートしているため、パフォーマンスが向上します。この場合、Rosetta 2エミュレーションモードを使用した現行リリース版のPremiere Proにも速度向上が反映されます。

Rosetta 2とは、従来のインテル用のアプリをApple Silicon Mac上で自動的に変換して実行できるようにする機能のことです。
Apple M1用のPremiere Proベータ版には、新しいキャプションワークフローの最新版が組み込まれており、プロジェクトファイル形式のアップグレードが必要となるので注意が必要です。現在進行中の制作作業で互換性の問題が発生しないよう、ベータ版のテスト用に現在のプロジェクトのコピーを作成しておくことが推奨されています。
また、Apple M1ハードウェア上でのPremiere Proベータ版では、Transmitリファレンスモニタリングハードウェア、プラグイン、拡張パネル、コントロールサーフェスなどのサードパーティ製統合機能が制限されています。

Premiere Rush ベータ版

M1-native Premiere Rush ベータ版には、コアとなる編集機能、H.264ビデオのサポート、Rushの内蔵ライブラリからタイトルやオーディオを追加する機能が含まれており、ユーザーはApple M1デバイス上でプロジェクトを作成し、ローカルにエクスポートすることができるようになります。追加フォーマットのサポート、デバイス間でのプロジェクトの同期、ソーシャルプラットフォームへのエクスポートなどは、今後のベータビルドで導入される予定です。

Audition ベータ版

M1-native Audition Rush ベータ版では、多くのオーディオエフェクトのパフォーマンスが向上しています。その他の改善点としては、Spectral Frequency Editorのリアルタイムパフォーマンスが挙げられます。Apple M1ハードウェア用のAuditionベータ版には、既存のオーディオ編集機能のほとんどが組み込まれていますが、ビデオ再生、拡張パネル、サードパーティのフォーマットや統合機能はまだサポートされていません。

Rosetta 2エミュレーションモードで現在のバージョンを実行した場合

Apple M1ネイティブ版のアプリケーションが完成するまでの間、ユーザーは、macOS 11.0 (Big Sur)を搭載したApple M1デバイスでRosetta 2エミュレーションを使用することで、既存のリリースバージョンをインストールして使用することができます。Rosetta 2においてのAfter EffectsのRoto Brush 2で問題があることが確認されており、今後のリリースで解決される予定のようです。サードパーティの統合はRosetta 2エミュレーションモードではテストされていません。

今後の予定

macOS上のApple M1システムを完全にネイティブサポートしたPremiere Pro、Audition、Premiere Rushのリリースバージョンは、2021年前半に提供される予定です。

After EffectsとCharacter Animator Apple M1のApple M1ネイティブサポートの作業は2021年に開始されます。


Apple M1をネイティブサポートしたPremiere Pro、Premiere Rush、Auditionのベータビルドは、Creative Cloud Desktopアプリケーションから直接インストールすることができます。
Creative Cloud Desktopアプリケーションのダウンロードはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました