スポンサー

Rizom-UV Winter 2020 アップデートがリリース、TopoCopy、PolyLoop 選択、Color_ID の機能の追加など

CGソフト

Rizom-Labは12月16日、UVアンラッピングソフトウェアの最新アップデート Rizom-UV Winter 2020 アップデートをリリースしました。

このリリースでは、新しいディスプレイエンジンの実装などの新機能と改善点が多く含まれています。その中でも、UVマッピングにおける数年ぶりのユニークな機能としてTopoCopyが導入されました。

Rizom-UV Winter 2020 アップデート 新機能ハイライト

TopoCopy

TopoCopyは、UVマッピングの新しいワークフローで、UVに費やす時間をさらに短縮します。

同じトポロジーやジオメトリを持つアイランドを選択。その後、アンラップ、最適化、ブラッシングし、好きなように微調整することができます。終わったら【Update】ボタンを押すと、アンラップとその上で行ったすべての作業が、類似したジオメトリやトポロジーを持つすべてのUVアイランドにコピーされます。その後、スタックしたり、スタックしてグループ化したりすることもできます。カット、アンラップ、パックを行う強力なオートシーム機能と合わせて、アートに適したUVを生成するために費やす時間をさらに短縮します。

PolyLoop 選択

PolyLoop 選択では、任意の方向にループを選択することができます。ポリゴンモードに入り、ループさせたい方向の辺をダブルクリックするだけです

さらに多くのループを作成したい場合は、CTRL キーを押しながらでも可能です。複雑な選択を行う場合は、マジックワンドと組み合わせて選択するだけでなく、ポリゴンをエッジに変換することもできます。

Magnet Weld

マグネットウェルド機能が追加されました。まず、どのアイランドを溶接するかの距離を定義できるのが便利です。また、Magnet Weldは、モデルをインポートする際に、FBXファイルのように多くの予期せぬカットエッジが含まれている場合の問題を解決するのに役立ちます。Magnet Weld は、パラメータに基づいて、その距離が十分に近い場合に、それらをスナップします。

COLOR_ID 機能の紹介

RIzomUV UIの下部にあるカラーマップモードに、COLOR_ID機能が追加されました。メニューで選択すると、ColorIDバーが表示されます。これは、アンラップしたモデルをSubstance Painterや他のテクスチャリングアプリケーションにロードする前に、カラーでブロックしたり、ピエロやカスタムカラーマップを生成したりしたいユーザーのために作成されました。

カラーマップは、マテリアルIDボタンをクリックすることで自動生成するか、または、選択されたアイランドにカスタムカラーを追加することができます。

完成したUVテンプレートは、ワイヤーフレームオーバーレイの有無に関わらず、いくつかのフォーマットにエクスポートすることができます。

他にも多くのアップデートがあります。

すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

RizomUV2020.1 は、64ビットのWindows 7以降、macOS 10.12.5以降、Linuxで使用できます。3ds Max、Blender、Cinema 4D、LightWave、Maya、Modo、ZBrush用のプラグインがあります。

ライセンスは、インディーユーザー(年間10万ユーロ未満の収益を上げているアーティストや企業)とプロユーザーの間で異なります。

インディーユーザーは、永久ライセンスとサブスクリプション形式のライセンスを利用できます。プロユーザーはサブスクリプションのみです。インディーライセンスは2台のコンピューターにノードロックされていますが、プロユーザーはフローティングライセンスをレンタルすることもできます。

RizomUV VSの場合、永久ライセンスは149.90ユーロ(19000円)、サブスクリプションは14.90ユーロ/月(月額1900円)です。Proライセンスは34.90ユーロ /月(4400円)です。

RizomUV RSの場合、永久ライセンスは299.00ユーロ、サブスクリプションは29.90ユーロ/月です。Proライセンスは59.90ユーロ/月です。


Rizom-labウェブサイトへ

WHAT’S NEW IN THE RIZOM 2020 WINTER UPDATE

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました