スポンサー

Mari 4.7 がリリース、シェルフパレットの改善、新しいプロシージャルマスクワークフローの追加など

CGソフト

Foundryは、12月10日(現地時間)高解像度デジタル3Dテクスチャペイントの最新アップデート Mari 4.7 をリリースしました。

このリリースでは、新しいプロシージャルマスクの追加、シェルフパレットの改善、ポストプロセス機能の拡張、新しいシェーダモードの追加などがされています。

Mari 4.7 新機能

再設計されたシェルフパレット

シェルフパレットのアップデートにより、アーティストが簡単にコンテンツを整理できるようになりました。シェルフはグループ化して分類することができ、プロジェクトやショー間での整理が容易になっています。また、マテリアルとカスタムプロシージャルのためのアイテムタイプ、名前、タグで、単一または複数の棚にまたがってコンテンツを検索することができるようになりました。

■シェルフアイテムのタグ付け

特定のシェルフアイテムにはタグが割り当てられ、より効率的なライブラリフィルタリングが可能になりました。マテリアルやカスタムプロシージャルの場合、タグはエクスポートの前と後の両方で追加することができます。

タグはマテリアルの特定のタイプのシェルフコンテンツを検索するために使用することができ、マテリアルのノードプロパティで編集するか、シェルフパレットでマテリアルを右クリックしてタグの編集を選択することでいつでも編集することができます。

シェルフパレットについてはこちらから

プロシージャルマスク

Custom Proceduralノードと呼ばれる新しいタイプのグループノードから、独自のプロシージャルマスクをオーサリングすることができるようになりました。このノードがエクスポートされると、すべてのリファレンステクスチャマップは、シェルフに表示するために生成されたサムネイル付きの単一のパッケージファイルにバンドルされ、チームでの共有が容易になります。

プロシージャルマスクはノードグラフにインポートするか、レイヤーのマスクとしてレイヤーに直接インポートすることができ、非破壊的なワークフローのためにすべての促進されたアトリビュートにアクセスすることができます。

■カスタムプロシージャル

プロシージャルマスクと同様に、独自のカスタムプロシージャルレイヤーを作成することができます。ユーザーはプロシージャルノードのグループを1つのシンプルなカスタムプロシージャルノードにスタックすることができ、レイヤースタックに共有してユニークな最終的な外観を与えることができます。プロシージャルマスクと同様に、カスタムプロシージャルはノードグラフとレイヤースタックの両方で使用することができます。

カスタムプロシージャルの詳細はこちらから

マテリアルベイクポイントノード(Material Bake Point Nodes)

ノードグラフでマテリアルを扱う場合、プロジェクトの複雑さを軽減するためにマルチチャンネルベイクポイントノードを使用することができます。マルチチャンネルベイクポイントノードを使用すると、シェーダ ストリームの各ベイクポイントノードを一括して作成して管理することができます。

マルチチャンネルベイクポイントノードの詳細はこちらから

ポストプロセス機能の拡張

Mari 4.7 では、ベイクポイントエクスポート機能にポストプロセスが追加されました。これにより、Look Developmentのアーティストは、1つのシームレスなマルチスレッドのバックグラウンドプロセスで、エクスポートされたイメージファイルをレンダリングエンジンのネイティブテクスチャファイルに変換するコマンドラインプロセスを含めることができるようになりました。

ユーザーは、Katana内のサードパーティのレンダーエンジンフォーマットにMariテクスチャデータを直接ストリーミングできるようになり、Katanaネットワークマテリアルに供給するペイントデータの反復処理をより迅速かつ効率的に行えるようになりました。

ポストプロセスの詳細はこちらから

新しいシェーダモード

新しいCurrent Material shader が追加され、ユーザーはレイヤーの可視性設定を変更せずにマテリアルを個別に表示できるようになりました。

ユーザーは、ダウンストリームのシェーダに影響を与えることなく、個々のマテリアルの外観を互いに分離して簡単に調整することができます。NodeGraphでは、すべてのマルチチャンネルノードが新しい出力を提供するようになり、すべての出力ストリームを一緒にフルシェーダプレビューで見ることができます。

マテリアルシェーダーを使用したマテリアルの外観調整の詳細はこちらから 

ノードグラフの機能強化

ノードグラフは、常に合理化されたパワフルなワークフローを重視してきましたが、Mari、Nuke、Katanaのユーザー体験をより良くマッチさせるために、新たな改良が加えられました。

ユーザーの効率を向上させるために、選択とナビゲーションのための新しいキーボードジェスチャーが追加され、マルチチャンネルノードのためのコンテキストを意識したノード作成機能も追加されています。


Mari 4.7v1 リリースノートの確認はこちらから

価格とシステム要件

Mari 4.7 は、Windows 7 64-bit 以降、macOS Mojave 10.14 以降、Linux 64-bit(CentOS/RHEL 6)で利用できます。

価格は、1年間のメンテナンス付きの永久ライセンスは2,168ドル、個人や中小企業向けサブスクリプションは629ドル /年または 62ドル /月となっています。価格の確認はこちらから

30日間の無料トライアルはこちらから


Mari ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました