スポンサー

ChaosGroupがChaosVantageをリリース、2021年6月まで無料で利用可能

CGソフト

Chaos Groupは、12月2日(現地時間)完全にレイトレーシングされた環3Dシーンをリアルタイムに探索することできる新しいアプリケーション ChaosVantage をリリースしました。

これは、以前はProjectLavinaとして呼ばれていたもので、今回のアップデートにより正式リリースということになります。以下の記事では、ワークフローについて説明しています。

[7/10更新] Chaos Group 100%レイトレース環境でリアルタイム「Project Lavina」ベータ版をリリース
Project Lavina  Beta 0.4 がリリースされました。更新部分へ 2月10日(現地時間)Chaos Groupは、100%レイトレース環境...

ChaosVantage 主な機能

■Zero setup
V-RayシーンをChaos Vantageにドラッグ&ドロップするだけで簡単に始めることができます。他のリアルタイムソリューションとは異なり、ジオメトリを最適化したり、UVをアンラップしたり、ライティングをベイクしたりする必要はありません。
■Go big!
Chaos Vantageは巨大なシーンや数十億のポリゴンを扱えるように作られています。これは最も詳細なV-Rayシーンをリアルタイムで見るための最速の方法です。
■Easy to navigate.
シーンのナビゲートは簡単で、3Dアプリと同様のコントロールを使用するか、ゲームをプレイするように動き回ることができます。
■100% ray-traced quality
完全にレイトレースされたリアルタイムレンダリングにより、Chaos Vantageは物理ベースのカメラ、ライト、マテリアル、グローバルイルミネーションを使用し、最もリアルな結果を実現します。
■Simple and fast animation
プリビジュアライゼーションに最適で、Chaos Vantageからアニメーションの作成、編集、レンダリングが可能です。アニメーションエディタでは、カメラ間のアニメーション、トランジションの適用、シーケンスのアレンジが簡単に行えます。
■Live link.
3ds Max のライブリンクを使って、シーンのライブレイトレースビューを取得できます。3ds Max シーンで行った変更は、Chaos Vantage に即座に表示されます。

Chaos Vantage v1.0.0 新機能

以前紹介してから追加された新機能としてはライブリンクがあります。これはオンラインドキュメントによると、まだ実験的段階で現在3dsMaxのみに対応しており、公式にリリースされたV-Ray5バージョンか安定したナイトリービルドでのみ機能します。

今回の最新リリースのインストーラには、ライブリンクを可能にする3dsMaxとの互換ツールであるMAXScriptも含まれています。他にも、個別の設定で2つの環境フォグレイヤーを追加やUX、UI、オフラインレンダリングのの改善など多くの新機能と修正があります。

リリースノートの確認はこちらから

Building Utopia real-time competition

ChaosVantage を祝して、学生、専門家、愛好家を問わず、デザイナー、アーティスト、イノベーターに、世界中の視聴者に作品を紹介するためのプラットフォームを提供する国際的なコンテスト「Building Utopia」が開催されています。

詳細については以下の記事をごらんください。

[〆切2021年01月26日(火) 14:00] Building Utopia コンテスト
ChaosVantage のリリース祝して、学生、専門家、愛好家を問わず、デザイナー、アーティスト、イノベーターに、世界中の視聴者に作品を紹介するためのプラット...

価格とシステム要件

ChaosVantageの使用には、Windows10、Nvidia RTXGPUとNvidiaドライバー436.02以降が必要です。

2021年6月2日まで無料で使用でき、それ以降はサブスクリプションの費用は年間389ドルになります。また、ChaosGroupのV-Rayコレクション製品バンドルの一部としても利用できます。


ChaosVantage のダウンロードはこちらから

ChaosVantage ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました