スポンサー

3ds Max 2021.3 がリリース、オートデスクリトポロジーツールの追加やビューポートの改善など

CGソフト

Autodeskは、12月2日(現地時間)3D モデリングとレンダリング ソフトウェアの最新アップデート 3ds Max 2021.3 をリリースしました。

このリリースでは、ビューポートに新機能を追加、人気の高いモディファイアを強化してアーティストのモデリング効率を向上、さらに、パフォーマンスの向上と新しいセキュリティ機能の追加などがされています。

3ds Max 2021.3 新機能と強化

Autodesk Retopology Tools 1.0

Autodesk Retopology Toolsでは、Autodeskの開発したアルゴリズムを始め、オープンソースのアルゴリズムも選択できるようになっています。

■Retopology Modifier

Retopologyモディファイアを利用して、モディファイアスタック上でその下の幾何学的なメッシュデータを解析し、ポリゴンメッシュデータをクリーンなクアッドベースのトポロジーとして再構築します。ワークフローのニーズに最適な様々なアルゴリズムが用意されています。

■ReForm Algorithm

ReFormはオートデスクが開発した自動リトポロジーソリューションで、入力されたメッシュデータの曲率や形状に沿って、妥協のない精度で新しいクアッドベースのジオメトリを生成します。

ユーザーは、スムージング グループ、マテリアル ID 境界、UV データ、ブールシーム、法線、エッジ選択、角度分散などの既存のメッシュ データを利用して ReForm の結果をガイドすることができます。

ReFormは、スキャン、スカルプチャー、ジェネレーティブ、モデルなど、ほぼすべてのタイプのメッシュデータに最適です。

■Quadriflow Algorithm

Quadriflowは自動化されたレトポロジー四重畳法で、Instant Meshesよりも若干遅いですが、Instant Meshesよりも入力トポロジーに忠実に追従したより良い結果を得ることができます。

■Instant Meshes

Instant Meshesは自動化されたレトポロジーアルゴリズムで、入力されたメッシュデータにほぼ追従できる新しいクアッドベースのトポロジーを非常に迅速に生成することができます。スキャンしたデータやスカルプチャーデータに最適です。

■Mesh Clean Modifier

他の 3D アプリケーションから 3ds Max にメッシュデータをインポートすると、このデータはよく不正な形をしていたり、様々な問題を抱えていたりします。
Mesh Cleaner モディファイアを使用すると、変形したメッシュデータを素早く分析して修復することができます。

マテリアルとシェーダーの進化

  • PBR インポートでは、さまざまな PBR テクスチャファイルを読み込むことで、PBR またはフィジカルマテリアルを素早く作成することができます。
  • シェーダのコンパイル状況:ビューポート表示用にコンパイルされたシェーダーの残り数に関するフィードバックをステータス バーで確認できるようになりました。

ビューポートの強化

ビューポートでブルームを有効にして、背景に適用、品質と半径、強度、色合い、しきい値とスムージング、ダートマップなどの設定を調整できます。
アクティブシェードビューポートで1/8、1/4、1/3、1/2の解像度でレンダリングできるため、高解像度モニターで作業する際のレンダリングプレビューを高速化できます。
点群データのビューポート表現が強化されました:新しいカラー/スペクトル ランプを実装し、3ds Max 内に強度と標高の新しいシェーダを実装しました。これにより、点群データの表現がReCapでの表示方法と同期します。

Arnold Renderer

Arnold 6.1 をベースとする MAXtoA 4.2.4にアップデートされました。Arnold 6.1では、新しいポスト処理ノード、入れ子になった誘電体、さらに高速なGPUレンダラー、フィジカルマテリアルのためのRandom Walk 2 Sub Surface Scatteringなどの新機能が追加されています。
Arnold 6.1がリリース、新しいポストプロセスノードやGPUレンダリングの改善など
Autodeskは10月28日(現地時間)、物理ベースの3Dレンダラーの最新アップデート Arnold 6.1 をリリースしました。 このリリースでは、露...

強化されたSubdivideとRemesh Algorithms

新しいリメッシュアルゴリズム。Subdivide修飾子が更新され、3つの新しいリメッシュアルゴリズムが追加されました。既存のSubdivideアルゴリズムにDelaunay、Adaptive、Variable Curveの3つの新しいアルゴリズムが追加されました。
これら3つの新しいアルゴリズムは、エッジ長の値に基づいて3ds Max内でメッシュデータを簡単にリメッシュしたり再三角化したりする機能を大幅に向上させます。Delaunayは規則性を提供し、Adaptiveは制約のないエッジ間の均一性を提供し、Variable CurveはAdaptivityの作業に基づいて構築され、折り目やコーナーの三角測量を強化します。
メッシュデータオプションの保存。この作業を基に、Delaunay、Adaptive、Variableアルゴリズムは、出力結果に既存のメッシュデータを保存する機能も提供します。

その他の改善点

■Path Deform(パス変形)
パス変形モディファイアは一から再構築され、古いシーンとの下位互換性を保ちながら完全にリファクタリングされました。
ユーザーは、パフォーマンスの向上、要素ごとの変形、パス内の複数のカーブのサポート、ループバックなどの新機能の恩恵を受けることができるようになり、いくつかの安定性と品質の改善も行われています。
■選択メソッド
HD モニター解像度 (1080p から 4k) での選択が改善されました。3ds Max のデフォルトの選択半径サイズが固定値に設定されなくなりました。2021.3 を初めて起動すると、実行中のモニター解像度に自動的に調整されます。この改善された選択半径により、シーン内のオブジェクトやコンポーネントの選択が容易になります。
ユーザーは、3ds Maxの[環境設定] > [ビューポート]設定で[選択ピクセル半径]の距離をさらに調整して、この値を個人的な使用ニーズに合わせて調整することができます。
■Spline Chamfer(スプライン面取り)
  • 最小角度のしきい値(Minimum Angle Threshold:ユーザーからの要望に基づき、最小角度パラメータで面取り/フィレットの影響を受けるノットを制御する機能を追加し、スプライン面取りの機能をさらに強化しました。
  • 計算機能の強化:フィレットまたは面取り後のノット位置の計算方法も改善され、出力結果がさらに向上しました。
■スクリプトの実行
デフォルトの初期Maxscriptヒープサイズが15Mbから100Mbに増加し、リボン表示時など多くのスクリプトコマンドを実行する際のパフォーマンスが向上しました。
■セキュリティ
  • 3ds Max の保護機能が強化され、ファイル属性に基づいて悪意のあるスクリプトをブロックできるようになりました。
  • 3ds Max がロードしたすべてのスクリプトをログに記録するようになりました。これにより、ユーザーはスクリプトに起因する問題全般を診断することができ、潜在的なセキュリティ インシデントを監査するのに役立ちます。
  • 3ds Max 2021.3 のユーザーは、最新バージョンの 3ds Max Security Tools (v1.3) により、既知のマルウェアから保護されています。

■プラグイン管理
ロードされたプラグイン パッケージの説明と場所に加えて、3ds Max のプラグイン マネージャでは、作者とバージョンが表示されるようになりました。


リリースノートの確認はこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました