スポンサー

Blender 2.91 が正式リリース!スカルプトツールのアップデートや新しいボリュームオブジェクトのモディファイア追加など

CGソフト

Blender Foundation は、11月25日(現地時間)無料のオープンソース3D作成スイートの最新アップデート Blender 2.91 をリリースしました。

これは、Blenderの2.9シリーズの2回目のリリースであり、長期サポートを含む今年4回目のメジャーリリースとなります。

Blender 2.91 新機能

このリリースでは、新しいブーリアン、コリジョンをサポートしたより良いクロススカルプト、ボリュームオブジェクトのモディファイア、カスタムカーブベベル、改良されたアニメーションツールなどが追加されています。

スカルプトツール

スカルプトツールのアップデートは、衝突サポートや境界ブラシなど、以前いくつか紹介したものも含まれています。

【10/15更新】Blender 2.91 Alpha に追加された新しいスカルプトツールをチェック!
【10/15更新】最新のBlender 2.91 Alphaに新しいスカルプトツールが追加されています。更新部分へ Blender 2.91 にいくつか便利そ...

スカルプトクロスブラシとフィルター衝突サポート

スカルプトクロスブラシとフィルターのコリジョンサポートが導入されました。メッシュとの衝突を考慮してスカルプトすることが可能となります。

新しいスカルプトトリムツール

新しいスカルプトトリムツールでは、ボックスジェスチャーや投げ縄ジェスチャーを使ってカットしたり、ジオメトリを追加したりすることができます。

Boundary brush

このブラシには、メッシュ境界の形状を制御するために設計された変形モードのセットが含まれています。通常のスカルプトブラシでは(編集モードでも)非常に難しいことも可能になり、クロスアセットとハードサーフェスベースメッシュを作成するのに役立ちます。

Pose cloth

新しいシミュレーション ターゲット(Simulation Target)プロパティを使用すると、ポーズ(Pose)ブラシと境界(Boundary)ブラシを使用して、クロス エフェクトをシミュレートすることができます。

その他のスカルプトツールのアップデート一覧

Sculptの変更をすべて確認するにはこちらから

ブーリアンの改善

複雑な形状でも正確なExactソルバーが導入されました。

精度よりも性能が優先される場合には、旧来の方法を「Fast(高速)」として利用することができます。

他にも以下の改善点があります。

カスタムカーブベベル

曲線とテキストオブジェクトは、ベベルモディファイアと同じカスタムベベルプロファイルをサポートするようになりました。

ボリュームオブジェクト

ボリュームオブジェクトのための新しいモディファイアを使用すると、動的にメッシュに変換することができます。

その逆も可能で、任意のメッシュをボリュームに変換し、新しいボリュームディスプレイスモディファイアと組み合わせることができます。

ボリュームオブジェクトの変更を確認する

Grease Pencil

ドローイングから3Dへ

ワンクリックで画像をグリスペンシルのオブジェクトに変換することができるようになりました。より良い結果を得るためには、白黒画像を使用する必要があります。

新しいHoldout (ホールドアウト)オプション

マテリアルの新しいホールドアウトオプションは、ストロークや塗りつぶされた部分に穴を描くことができます。

Grease Pencil のその他のアップデート

グリースペンシルの変更を確認する

検索機能の強化

プロパティ検索

  • Ctrl + Fを押して入力を開始
  • 結果は青色で強調表示されます
  • 他のタブの結果は、サイドバーを確認できます
  • Alt + Fを押して検索フィールドをクリア
  • Escキーをおしてキャンセル

ファジー検索

ファジー検索を使えば、正確性が低くても、探しているものを見つけることができます。

例えば、gbrで検索するとRGBを見つけ、txt を検索するとtextureを見つけます。

また、各単語の最初の文字を書くと早く検索することができます。

例えば、SSS だと Subsurface Scattering、StR だと Shader to RGBを検索します。

さらに以下のインターフェイスの改善があります。

すべてのユーザーインターフェイスの変更を確認する

複雑なリジットボディ

複合形状のコリジョンが新たにサポートされたことで、これまでにない複雑なシミュレーションが可能になりました。複数のプリミティブ形状を組み合わせて凹面形状にすることができるようになり、高速なシミュレーションが可能になっています。

Physicsの改善について詳しい情報はこちらから

Outlinerの改善

カラータグ

コレクションに色のタグをつけることができるようになりました。

  • 環境設定で好きな色を選べます。
  • 色付きのアイコンはメニューにも表示されます。
  • 色付きの階層線は、レベルを把握するのに役立ちます。

ドラッグアンドドロップが可能に

ドラッグアンドドロップがモディファイヤ、コンストレイント、グリースペンシルエフェクトで機能するようになりました。

  • オブジェクト(またはボーン)内でドラッグして並べ替え
  • 他のオブジェクト(または骨)にドラッグしてコピーする
  • 親要素(モディファイヤ、コンストレイント、エフェクト)をドラッグして、すべてをターゲットオブジェクトまたはボーンにリンクします。

その他のOutlinerのアップデート

Outliner(アウトライナ)へのすべての変更を確認する

アニメーションの改善

F-CURVESの改善

アニメーションのカーブがよりスピーディーになり、より少ないキーフレームでより急な変化に対応できるようになりました。
これにより、より極端なカーブでよりスピーディーなアニメーションが可能になります。

シェイプを維持

キーフレームを追加してカーブが歪んでしまうことがなくなりました。Fカーブの形状を変更することなく、すべてのキーフレームタイプを挿入できます。

その他のアニメーションとリギングの改善

アニメーションとリギングの変更のすべてを確認する

アニメーションツールのデモファイルのダウンロードはこちらから

ライブラリオーバーライドシステム

Library Overridesは、プロキシを置き換えるように設計された新しいシステムです。リンクされたデータブロックのほとんどのタイプはオーバーライドでき、それらのオーバーライドのプロパティを編集できます。

以下の動画の左側がライブラリの.blendファイル、右側がトランスフォームオーバーライドを適用したリンクモデルです。

アウトライナーには ‘Resync’ 操作が追加され、ライブラリ .blend ファイルで ID 間の関係が変更された場合にオーバーライドを再生成します。

また、プロキシオブジェクトは、ワンクリックでオーバーライドに変換できます。

その他のアップデート

Blender 2.91のアップデート内容の完全なリストはこちらから

クレジット

Blender2.91に貢献した開発者のリストへ

Blender 2.91 のスプラッシュとインターラインのイメージ by Robin Tran
スカルプトコリジョンのデモとカスタムカーブプロファイルモデル by Daniel Bystedt
ボリュームのデモ by  Andy Goralczyk
ライブラリオーバーライドのデモ by Demeter Dzadik
リジッドボディのシミュレーション by David Vogel
BOB the Robotのスカルプト by Julien Kaspar
トリムのデモ by Kjartan Tysdal
Francesco Siddi氏、Dalai Felinto氏、Christian Bunyan氏、Blender Studioチームによる追加支援。
ビデオはSouthernShotty
ページデザインとレイアウトは Pablo Vazquez
Huge thanks to everyone involved ♥

Blender開発基金に参加

リリースは開発基金(Development Fund)のメンバーのおかげで行われています。6ドル/月からBlenderの開発をサポートすることができます。

開発基金への参加はこちらから


Blender2.91 のダウンロードはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました