スポンサー

11月のNVIDIA Studioドライバがリリース、DaVinci Resolve 17ベータを含む8つのソフトアップデートをサポート

CGソフト

11月17日(現地時間)、Nvidiaは、11月のNVIDIA Studio Driverをリリースしました。

このリリースでは、Blackmagic DesignのDaVinci Resolve 17 Beta、Keyshot 10、Notch、Topaz Video Enhance AI、BorisFX Continuum 2021、Red Giant Trapcode Suite 16、Magic Bullet Suite 14など新しいGPUを活用したクリエイティブ・アプリケーション・アップデートをサポートしています。また、製品サポートにはGeForce RTX 3070が追加されています。

NvidiaによってGPUを活用した機能が紹介されています。

DaVinci Resolve 17 ベータ版がリリース

当サイトでも記事にしましたが、編集、カラーコレクション、ビジュアルエフェクト、モーショングラフィックス、オーディオポストプロダクションソリューションの最新リリースであるDaVinci Resolve 17パブリックベータ版としてダウンロードできるようになりました。

[3月11日更新]100以上の新機能が追加された DaVinci Resolve 17.0 がリリース
これは以前の記事を更新したものです。2021年3月11日更新: DaVinci Resolve 17.1 、 Fusion Studio 17.1 がリリースし...

100以上の新機能と200以上の改善には、以下のようなDaVinciニューラルエンジンのAI機能が含まれています。

■Magic Mask:素早いブラシストロークで自動的にマットを作成し、身体のパーツやオブジェクトを分離して追跡します。

■Smart Reframe:自動的に対象物を検出し、フレーム内に収まるように自動変換して追跡します。

■Scene Cut Detection:タイムライン上のコンテンツを分析し、各シーンを分離するためにブレード編集を適用します。

新しいHDRグレーディングツール、再設計された原色コントロール、エアライトオーディオの改善、ビンソート、メタデータクリップのプレビューなど、Resolve 17は大幅にアップグレードされました。

これらの強力な編集ツールは、RTX Tensor CoreによってAIで高速化されており、退屈で反復的な作業を排除することで、ビデオ編集者の貴重な時間を節約することができます。

KeyShot10でのパフォーマンス向上

Keyshot 9は、RTコアで加速されたレイトレーシングとOptix 7の統合のおかげで、すでに高速でしたが、Keyshot 10は、前バージョンよりも最大23%高速なレンダリング速度を実現しています。NVIDIA RTX A6000でのレンダリングは、最上位の64コアCPUの8倍速になるということです。

KeyShot 10 がリリース!アニメーション機能の追加やワークフロー、レンダリングの改善など
Luxsion は11月17日(現地時間)3Dレンダリングとアニメーションソフトウェアの最新アップデート KeyShot10.0 をリリースしました。 ...

Topaz Video Enhance AI

Topaz Video Enhance AIは、Tensor Coreで加速されたビデオエンハンスメントから始め、多くの新機能と機能強化を実現しています。

何千ものビデオと複数の入力ビデオフレームを使ってトレーニングされたTopaz Video Enhance AIは、最大8Kの解像度で映像を拡大・拡張し、ディテールと動きの一貫性を実現します。これは、Topazがこれまでにリリースした中で最も強力なビデオアップスケーリングソフトウェアです。

最新のソフトウェアには、オーバーヘッドの削減、モデルのロード時間の改善、VRAM使用量の削減などのパフォーマンス最適化が含まれています。

Notchでフェイシャルモーショントラッキングが可能に

以前はベータ版として提供されていましたが、今回、NotchはNVIDIA Broadcast Engine ARソフトウェア開発キットをフルリリースに追加しました。

ユーザーは、フェイスメッシュ、フェイスランドマークトラッキング、フェイストラッキングなど、Tensor Coreで加速されたAI機能を利用できるようになり、CPUベースのソリューションと比較して品質と安定性を向上させながら、処理時間を大幅に短縮することができます。

これらのTensor Core加速で加速されたAI機能の低レイテンシーと高応答性により、インタラクティブなインスタレーション、ライブ放送、仮想制作ワークフローでの使用が可能になります。

Boris FX

Continuum 2021

「プラグインのスイスアーミーナイフ」と呼ばれるBorisFX Continuumは、20のカテゴリーで350近くのクリエイティブなエフェクトを提供しています。

最新リリースでは、81の新しいフィルターがセットに追加され、すべてOpenCL経由で100% GPUアクセラレーションされています。
BCC Particle Illusion プラグインは、OpenGLを使用して、2Dパーティクルシステムから完全な3Dシステムに変換します。

さらに、BCC Title Studio プラグインには、C4D モデルのレンダリングを改善するための新しいプロシージャルノイズとテクスチャ合成機能が含まれており、OpenGL を使用したテクスチャリングも改善されており、生産性が向上しています。

プラグインコレクション Continuum 2021 がリリース、80以上のエフェクトや1000以上のプリセットの追加など
BorisFXは10月27日(現地時間)、ポストプロダクションのためのプラグインコレクションの最新アップデート Continuum 2021 をリリースしました...

Mocha Pro 2021

アカデミー賞を受賞したBoris FXのチームは、ビジュアルエフェクトやポストプロダクションで広く使用されているGPUアクセラレーションされた平面トラッキングツールMocha Proのメジャーな新バージョンをリリースしました。

Mocha Pro 2021には、有機的で反り返ったサーフェスのトラッキング、ロトスコープ、VFX用の独自の新しいサブプレーナートラッキングエンジンであるPowerMeshが搭載されています。

[12月11日更新]Mocha Pro 2021 がリリース、新機能PowerMeshの追加など
Mocha Pro 2021.01 version 8.01がリリースされました。更新部分へ Boris FXは11月11日(現地時間)、VFX、ポストプロダ...

Red Giant

Red Giant Magic Bullet Suite 14 & Trapcode Suite 16 がリリース
Red Giant Teamは11月17日(現地時間)、色補正、仕上げ、フィルムルックのための7つのツールの最新アップデートである Magic Bullet S...

Trapcode Suite 16

Trapcode Suite 16は、パーティクルエミッターを使用して火、水、煙、雪、その他の有機的なビジュアルエフェクトを作成することができます。

Trapcode Particularは、複雑なパーティクル効果をシミュレートする Refractor(レフラクターのアップデートがされました。空気と跳ね返りの物理学を組み合わせたり、風の効果をパーティクルの質量、サイズ、空気抵抗に応じて反応させたりして、よりリアルなシミュレーションを実現しています。

Magic Bullet Suite 14

Magic Bullet Suite 14は、編集タイムライン上でビデオ映像を直接最適化し、強力なカラー調整でショットのバランスを整え、レンズフィルターやフィルムストックの正確なシミュレーションで色補正を超えた補正を行うプラグインの完全なセットです。

Magic Bullet Looksでは、Red Giantが開発した最もパワフルなカラーツールであるカラーリマップを使って、編集者は3Dカラーキューブで結果を確認しながら、任意の色を他の色に簡単にマッピングすることができます。

Magic Bullet Colorista Vでは、レンダリングエンジンが更新され、クラリティコントロール、ハイライトとシャドウの領域コントロールなどの新しいコントロールが追加され、ビデオをHDRにアップグレードするプロセスが簡単になっています。


リリースノートの確認はこちらから

11月のStudioドライバ(リリース457.30)は、GeForce Experienceを通じて、またはドライバダウンロードページからダウンロードすることができます。

November NVIDIA Studio Driver Now Available — Support For Eight New GPU-Accelerated Creative App Updates Including DaVinci Resolve 17 Beta 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました