スポンサー

SketchUp 2021 がリリース!タグ管理の改善、ライブコンポーネントと新しい気候調査ツールが追加

CGソフト

Trimbleは11月18日(現地時間)、3Dモデリングソフトウェアの最新アップデート SketchUp 2021 をリリースしました。

余談ではありますが、このロゴは青色に切り替えたことで、Trimbleファミリーの一員を表現し、シンプルなキューブはSketchUpの先進的なツールを使って作られているということです。

SketchUp 2021 新機能

このリリースでは、タグ管理が大幅に改善され、初期段階の設計研究に特化した新しいウェブアプリケーションPreDesignが発表されています。また、カスタマイズ可能なパラメトリックオブジェクトであるライブコンポーネントも導入されています。

PreDesign

この新しいツールは気候調査ツールは、3Dでの設計に取り掛かる前に、プロジェクトを取り巻く地域環境をよりよく理解するのに役立ちます。

TrimbleのプロダクトディレクターAndrew Corney 氏は、次のように述べています。

「SketchUpは3Dでアイデアを開発するための素晴らしい方法ですが、私たちは常に新しい機能を探求しており、ユーザーがデザイン前のワークフローにデザインリサーチを簡単に取り入れることができるようにすることに大きな価値があると考えました。」
「PreDesignを利用することで、適切な設計戦略を立案し、クライアントに価値を伝えるために真に全体的なアプローチを取るために必要な洞察力をデザイナーに提供しています。」

PreDesignは、サイト固有の気象データを引き出し、気候と建物のタイプの間の点と点を結びつけて、適切な建築的対応を提案します。SketchUpの最新バージョンの直観的な日射経路図では、敷地内の過熱した日差しから遮蔽する必要のあるエリアが表示されます。

PreDesignの直観的な日照経路図

また、問題点を指摘するだけでなく、建物の各面に効果的なグレージング、遮光、トップライトの戦略を提案します。これらのSketchUpのアップデートで、新しいツールを活用して、最初から正しい方法で物事を進めることができます。

SketchUpのアップデートの一環として登場したPreDesignは、気候観測を使ってデザインのストーリー性を高め、インスピレーションを与えてくれます。最初から正しい方向に物事を進めることで、貴重な設計時間とリソースを無駄にすることなく、コストのかかるやり直しを避けることができます。

PreDesign のより詳しい説明はこちらから

タグ管理の改善

タグやシーンの長いリストを管理するのは、特に複雑なモデルの場合、LayOutで2Dドキュメントを作成するために設定している場合など、面倒な作業になることがあります。この負荷を軽減するために、SketchUpの最新バージョンでは、Tag Folders (タグフォルダ)を使用してタグを整理し、SketchUp 2021とLayOut内でより素早くアクセスしたり、一括して可視性をコントロールしたりすることができます。

タグを使用して設計シナリオ、ドキュメント、レポート、または可視化のためのモデルを設定する場合でも、タグをフォルダにグループ化することで、タグの場所を特定して作業するのが格段に楽になります。さらに、フォルダ内のすべてのタグの表示を一度に制御したり、複数のタグやフォルダを一度に選択して、モデルの膨大な部分をオン/オフすることもできます。

さらに、長年の要望だった機能、タグのフィルタリングが可能になり、特定のタグを素早く表示することができます。

ライブコンポーネント

設計変更に対応できる柔軟なモデルを作成するためのパラメトリック・オブジェクトが導入されました。

Live Components(ライブ・コンポーネンは、ジオメトリを制御するモデリング・ロジックでプログラムされており、リアルタイムで再描画する設定可能なオブジェクトです。

ライブ コンポーネントは3D Warehouseで見つけることができ、SketchUpの最新バージョンでは、SketchUpでダウンロードして設定することができます。

SketchUpアプリケーション内から3D Warehouseでライブコンポーネントを探す詳細な手順については、こちらから

ライブコンポーネントを選択したら、それをモデルに直接挿入し、「Configure Live Component」ダイアログでコンポーネントのパラメータをコントロールすることができます。パラメータを調整すると、ライブコンポーネントはニーズに合わせて再描画されます。

ライブ コンポーネントは、Materiaと呼ばれる新しい計算設計プラットフォームによって動いています。今後、MateriaとLive Componentsは、SketchUpとTrimble製品全体で、全く新しい作業方法を提供していくということです。

最新のSketchUpバージョンでワークインプログレス機能を起動する新しい方法

SketchUp Labsは新しいプログラムで、機能が完全に完成する前に機能をテストすることができます。

この新しいプログラムの一環として、上記で紹介したLive Componentsが含まれており、ユーザーからのフィードバックを開発プロセスに反映させています。 フォーラムでLive Componentsの今後の方向性について議論したり、問題が発生した場合はフィードバックを提供することができます。

SketchUp 2021 リリースノートの確認はこちらから

価格とシステム要件

SketchUp 2021は、64-bit Windows10、Mac OS 10.16 +(Big Sur)、Mac OS 10.15 +(Catalina)、Mac OS 10.14 +(Mojave)、またはウェブアプリケーションとして利用できます。

価格はSketchUp FREE(Web のみ)が無料、SketchUp Shop(Web のみ)が119ドル(12,300円)/年、SketchUp Pro(デスクトップとWeb)が299ドル(31,000円)/年、SketchUp Studio(デスクトップとWeb)が1199ドル(124,500円)/年です。

価格と機能比較表はこちらから確認できます。


SketchUp ウェブサイトへ

SketchUp 2021: Building a Foundation for Success

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました