スポンサー

KeyShot 10 がリリース!アニメーション機能の追加やワークフロー、レンダリングの改善など

CGソフト

Luxsion は11月17日(現地時間)3Dレンダリングとアニメーションソフトウェアの最新アップデート KeyShot10.0 をリリースしました。

KeyShot10 新機能

このリリースには、モデルと環境、ワークフローとユーザーインターフェース、マテリアルとレンダリング、エクスポートと統合の4つの分野に焦点を当てた機能と改善が含まれています。

アニメーション機能

KeyShot 10には、KeyShotアニメーションを進化させるための新しいアニメーション機能が搭載されています。これらの新しいアニメーション機能により、アニメーションを追加する際のインターフェイスや機能が改善されています。

キーフレームアニメーション

新しいキーフレームアニメーションでは、ユーザーは必要な場所にキーフレームを正確に追加して調整できるだけでなく、キーフレームのシーケンスを記録するオプションも用意されているので、高速で複雑なモーション・ビジュアルを作成することができます。

Sun & Sky Day Arch アニメーション

Sun & Sky Day Arch Animationアニメーションでは、日付、開始時刻、終了時刻を直接調整したり、キーフレームを適用してより細かくコントロールすることができます。

環境回転アニメーション

環境回転アニメーションでは、KeyShot環境プリセットまたはHDRI Editorで作成したカスタム環境の回転制御を行い、製品全体で光がどのように移動するかを制御できます。

ツイストカメラ アニメーション

ツイストカメラアニメーションでは、カメラのツイストパラメータをアニメーション化する機能が追加され、角度と時間をコントロールしながら、必要に応じて微妙な効果や劇的な効果を得ることができます。

スマートエクスポート

KeyShot 10には、フルカラー3Dプリントへの出力にUVアンラップやベークなどのサブ機能を使用した新しいSmart Exportが搭載されており、VR/ARプレゼンテーションやモバイル/ウェブインタラクションなど、ビジュアルを体験する方法がさらに増えました。

  • 3MF Export – LuxionはStratasysと提携し、3Dプリントに使用される従来のSTL、OBJ、VRMLファイルよりも大幅に改善された3MF(3D Manufacturing Format)が実装されました。Smart Exportにより、ユーザーはKeyShotでのデジタルプロトタイプから、フルカラー、テクスチャ、透明マテリアルをサポートした物理的な3Dプリントプロトタイプへと移行することができます。
  • GLB/glTF Exportでは、KeyShot Smart Export機能が追加され、KeyShotから直接、より視覚的に正確なオープンスタンダード3Dウェブビジュアルを簡単に生成できます。
  • USDz Exportは、豊富な3Dアセットやインタラクティブなモバイル表示体験を転送する必要がある場合に利用できます。KeyShotは、USD、USDA、USDC、USDAZのエクスポートを提供しており、AppleのARKitをサポートするアプリケーションへのARエクスポートに最適です。

ワークフローの強化

ユーザーインターフェースの改善と、ライト管理、物理的なライティングの作成、リアルタイムビューでのモデルの移動、シーンツリー内のパーツへのアクセスなどのツールの追加により、シーンのセットアップを高速化することができます。

移動ツール

移動ツール(Move Tool)は、アクセシビリティを向上させるために完全に再設計され、リアルタイムビュー内のどこにでも配置したり、ドッキングしたりできるようになりました。

ソロモード

ソロモードは、現在のワークフローを補完するもので、パーツをロックしたり、他の隠されたパーツの階層を混乱させたりすることなく、1つ以上のパーツを分離することができます。

ライトギズモ

ライトギズモは、すべてのスポットライト、IESライト、またはポイントライトに対して、リアルタイムビューまたはジオメトリビュー内で、より速く、より直感的なライトの探査と調整を提供します。

ライトマネージャー

ライトマネージャーでは、1つの場所からすべてのシーン照明をコントロールすることができます。ドッキング可能なパネルには、環境照明の選択と調整、可視性、カラー、パワー、物理的なライトのサイズのコントロールが含まれています。

レンダリングの改善

KeyShot独自のマテリアル機能がアップデートされています。新しいイメージスタイル機能では、でノイズ機能が改善され、新しいFireflyフィルタが追加されているため、よりすばやく結果を作成可能になりました。

  • Luxionが開発した特許出願中の技術であるRealCloth 2.0は、寸法精度の高い織布やニットクロス、ファイバーレベルのディテールを向上させます
  • 改良されたCausticsは、KeyShot 10インテリアモード(CPU)の新しい多重散乱を利用すると、シーンサイズへの依存度が低くなり、CPUとGPUの両方でさらに高速に収束し、よりはっきりとした効果が得られます。
  • 改良されたDenoiseでは、アルベドと法線情報が導入され、リアルタイムビューとレンダリング出力の間で一貫した結果が得られ、インテリアモードの結果も改善されました。
  • Firefly Filter は新しいイメージスタイルです、Denoiseスライダで、ユーザーはシーンから不要な光の斑点を素早く除去して滑らかにすることができます。
  • 改良されたトゥーンマテリアルでは、輪郭線をより細かくコントロールできるようになり、ラインアートイラストレーションのテクニックに沿ったアウトラインの挙動を実現します。

その他の機能

KeyShot 10のその他の機能には、以下のようなものがあります。
  • 固定カメラ位置からモデルにテクスチャを投影するためのロックされたカメラマッピング
  • 法線を反転(Flip Normals)は、新しいジオメトリツールで、オブジェクトの面を選択することで、オブジェクトの法線の方向を自動的または手動で反転させることができます。
  • シーンのパフォーマンスモードでシーンを保存すると、パフォーマンスモードでシーンを保存し、パフォーマンスモードで再度開くことで、シーンの起動を高速化できます。
  • 名前テンプレートが、常に表示可能なモデル セットを含めるオプションを追加し、イメージ スタイルとイメージ サイズをサポートするようになりました。
  • サブマテリアルをライブラリに保存する機能が追加され、マルチマテリアルからサブマテリアルをKeyShotマテリアル ライブラリに保存できるようになりました。
  • FBX インポート(FBX Import)で、アルファ(透明度)を尊重しながらテクスチャを使用してインポートできるようになりました。さらに、Sketchup のインポートでは、隠しレイヤーと階層が尊重されます。
すべての新機能ハイライトの詳細な概要は、こちらから確認することができます。

価格とシステム要件

KeyShot 10.0は、64ビットのWindows 8以降とmacOS 10.13以降で利用することができます。Maya、ZBrush3ds MaxCinema 4Dのようなさまざまな3DソフトウェアやCADのプラグインも利用できます。

KeyShot HDのライセンスは995ドル(103,000円)、KeyShot Proは1,995ドル(207,000円)です。KeyShotWebとネットワークレンダリングアドオンを含むEnterpriseライセンスは3,995ドル(415,000円)です。

今回のアップデートのアニメーション機能やスマートエクスポート機能は、KeyShot HDには含まれないようです。機能比較表はこちらから確認することができます。


KeyShot ウェブサイトへ

KEYSHOT 10 NOW AVAILABLE

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました