スポンサー

[〆切2020年12月21日(月)07:59 ]Evermotion Challenge 2020 – My own 2020

イベント

Evermotion Challenge 2020 – My own 2020の紹介です。

Evermotion Challenge 2020 – “My own 2020” にぜひご参加ください。2020年は、地球規模でのブレークスルーです。私たちの身の回りの出来事がもたらす結果は、これから何十年にもわたって感じられることでしょう。3D技術(静止画またはアニメーション)を使って、この年とその地域、国、あるいは世界的な影響についてのあなたの解釈を表現してみませんか?それは小さな、個人的なイメージでも、壮大なスケールの壮大なビジュアライゼーションでも構いません。
あなたはこの芸術を作成するために2ヶ月を持っています。そして、賞品は素敵です。グッドラック!

ルール

チャレンジについて

EVERMOTION CHALLENGE 2020は2020年10月20日から始まり、2020年12月20日23:59(GMT +1)まで開催されます。

日本時間の締め切りは2020年12月21日(月)07:59です。

本コンテストのテーマは「My own 2020」です。

対象

  • コンペティションに参加するには、18歳以上である必要があります。
  • 応募する作品は個人の作品であることが条件となり、グループや企業での応募はできません。
  • 主催者の従業員、スポンサー、審査員、およびその家族は、このチャレンジに参加できません。

応募方法

  • Evermotion Challenge 2020のページで登録することで、このチャレンジに参加できます。
  • 登録後は、Evermotion Challenge 2020の個人ページにアクセスすることができます。
    ・ユーザーメールにチャレンジページへのリンクが送られてきます。
    ・ユーザーメニューに新しいエントリ”チャレンジ2020ページ”が追加されます。
  • 2020年12月20日23:59 (GMT+1) までに、WIP画像 (Work In Progress) を最低3枚、あなたのページに投稿する必要があります。例えば、コンセプトスケッチや参考写真、モデリング、テクスチャリング、ライティング、レンダリング、ポストエフェクト、合成など、課題制作の主要な段階を網羅している必要があります。
  • 最終画像(複数の応募は不可)は、締め切り日である2020年12月20日23:59(GMT +1)までに提出する必要があります。この日以降に提出された画像は受理されません(可能であれば早めに提出してください)。

技術的な要件

  • 最終的な作品を作る過程で3Dソフトを使用しなければなりません。3Dソフトはどのようなものを使用しても構いません。Photoshopなどの2Dソフト内での後処理はOKです。使用したソフトの情報が必要です。
  • 既製のモデルを使用することができます。ライセンスを取得したモデルや他のアーティストや企業が作成したテクスチャを使用することもできますが、使用する各アセットの作者や企業に適切なクレジットを与えなければなりません。
  • 最終的な画像の解像度は1200px(最長辺)以下にしてください。
  • あからさまに暴力的、性的、残酷、残忍な行為を含むコンテンツを含むと判断された画像は、失格となります。

賞品

1位:約 7881ユーロ(約97万6500円)相当

  • Evermotion:現金で€1000、勝者が選んだ5つのEvermotionコレクション
  • Pulldownit:2年間のプロシングルライセンス(540ユーロ)
  • Rebusfarm:700レンダリングポイント(700ユーロ)
  • Fox Renderfarm:レンダークレジット(504ユーロ)
  • Humano 3d:5つのコレクション(895ユーロ)
  • Chaos Group:1年間のV-Rayライセンス(選択した製品)
  • CoronaRenderer:1年間のライセンス-3つのレンダリングノード。勝者は3dsMaxまたはCinema4Dバージョン(869ユーロ)を選択できます。
  • iCube R&D Group:MultiScatter、MadCar 3、CityTrafficライセンス(760ユーロ)
  • RD-Textures:260を超えるハイエンドスキャンを備えた製品ライブラリ全体(982ユーロ)
  • TopoGunシングルライセンス(85ユーロ)

2位:約 6275ユーロ(約77万7600円)相当

  • Evermotion:現金750ユーロ、勝者が選んだ5つのEvermotionコレクション
  • Pulldownit:1年間のPulldownitプロシングルライセンス(270ユーロ)
  • Rebusfarm:500レンダーポイント(500ユーロ)
  • Fox Renderfarm:レンダリングクレジット(336ユーロ)
  • Humano 3d:3つのコレクション(537ユーロ)
  • Chaos Group:1年間のV-Rayライセンス(選択した製品)
  • CoronaRenderer:1年間のライセンス-3つのレンダリングノード。勝者は3dsMaxまたはCinema4Dバージョン(869ユーロ)を選択できます。
  • iCube R&D Group: MadCar 3、MultiScatterライセンス–(€400)
  • RD-Textures:260を超えるハイエンドスキャンを備えた製品ライブラリ全体(982ユーロ)
  • TopoGunシングルライセンス(85ユーロ)

3位:約 4798ユーロ(約59万4500円)相当

  • Evermotion:現金500ユーロ、勝者が選んだ5つのEvermotionコレクション
  • Pulldownit:1年間のPulldownitプロシングルライセンス(270ユーロ)
  • Rebusfarm:300レンダーポイント(€300)
  • Fox Renderfarm:レンダリングクレジット(252ユーロ)
  • Humano 3d:1つのコレクション(179ユーロ)
  • Chaos Group:1年間のV-Rayライセンス(選択した製品)
  • Corona Renderer:1年間のライセンス-3つのレンダリングノード。勝者は3dsMaxまたはCinema4Dバージョン(869ユーロ)を選択できます。
  • iCube R&Dグループ:MultiScatter、VRayPattern(350ユーロ)
  • RD-Textures – コレクション6、7、8-(€447)
  • TopoGunシングルライセンス(85ユーロ)

1st, 2nd and 3rd award:

  • Corona Renderer-3つのレンダーノードの3か月ライセンス(224ユーロ)。勝者は3dsMaxまたはCinema4Dバージョンを選択できます。
  • 3 TopoGunシングルライセンス(85ユーロ)
  • 勝者が選んだ2つのEvermotionコレクション

より詳しい情報はこちらから


Evermotion Challenge 2020 – My own 2020 ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました