スポンサー

100以上の新機能が追加された DaVinci Resolve 17.0 パブリックベータ がリリース

CGソフト

Blackmagic Designは11月9日(現地時間)、DaVinci Resolve 17 と DaVinci Resolve Studio 17 のパブリックベータ をリリースしました。また、詳しくは触れませんが、同時に2つの新しいハードウェア制御デバイスDaVinciResolveSpeedEditorFairlight Desktop Consoleを発表しています。

DaVinci Resolve とは
DaVinci Resolveは、編集、カラーコレクション、ビジュアルエフェクト、モーショングラフィックス、オーディオポストプロダクションを1つのソフトウェアツールにまとめた世界で唯一のソリューションです。モダンなインターフェースなので、初めての方でもすぐに習得でき、簡単に操作できるようになっていますが、プロの方には強力な機能を備えています。DaVinci Resolveを使えば、複数のアプリケーションを学習したり、異なる作業のためにソフトウェアを切り替える必要がないため、より速く、より高い品質で作業を行うことができます。DaVinci Resolveを学ぶことで、ハリウッドのプロが使用しているのと全く同じツールの使い方を学ぶことができます。
  1. DaVinci Resolve 17 新機能
    1. Color
      1. 次世代のHDRツール
      2. メッシュベースのカラーワーパー
      3. マジックマスクでのターゲットを絞ったグレーディング
      4. 高度なカラーマネージメント
      5. DaVinci広色域カラースペース
      6. 改良されたプロフェッショナルスコープ
      7. 17 Point 3D LUTs のサポート
      8. 新しいビューアオプション
    2. Fairlight
      1. 高速なキーボードとマウス編集
      2. 2,000トラックをリアルタイムでミックス
      3. 革新的なFlexBusアーキテクチャ
      4. トランジェントを瞬時に検出して表示
      5. オートメーションが編集をフォロー
      6. ライブビデオのプレビュー
      7. 新しい分析 とメータリングオプション
      8. 大規模プロジェクトのサポート
    3. Cut
      1. メタデータビュー とクリップソート
      2. オーディオ波形に対するトリミング
      3. ソーシャルメディア用のスマートリフレイム
      4. 高速エフェクト検索とライブプレビュー
      5. ATEMミニプロジェクトのインポート
      6. クリップインスペクタを更新
    4. Edit
      1. プロキシ メディア ワークフロー
      2. マルチカムクリップを簡単に同期
      3. キーイングとコンポジティング
      4. レンダー イン プレイス
      5. ソースクリップの調整
      6. タイムラインとビンの共有
      7. インターレースマテリアルを使った編集の改善
      8. 強化されたタイムライン オーガニゼーション
      9. シーンカット検出
    5. Fusion
      1. 独自のエフェクトを構築する カスタマイズ可能なテンプレート
      2. アニメーションを自動的にリタイム
      3. オーディオアニメーションを同期
      4. カスタムベクターシェイプ
      5. GPUアクセラレーションによる Resolve FX
      6. ワークフローのパーソナライズ
    6. その他
      1. 無料のマルチユーザーコラボレーション
      2. 新機能と改良されたResolve FX
      3. アップデートされたインスペクタのレイアウト
      4. 追加フォーマットのサポート
      5. 動画メタデータのサポートの強化
      6. 新しい統合 とエンコーディングAPI
  2. 価格とシステム要件

DaVinci Resolve 17 新機能

この最新リリースでは、ユーザーから要望のあった100以上の新機能と200以上の改善を含むメジャーアップデートです。カラリストにとってはここ数年間で最大のアップデートであり、Fairlightに関しても大きなアップデートとなっています。さらに、数多くのスマートツール、エディター用の機能とワークフローの改善なども含まれています。

Color

DaVinci Resolve 17には、カラリストのための新しいクリエイティブツールが多く搭載されています。

新しいHDRパレットでは、ターゲットを絞った補正用のカスタムカラーホイールを作成することができ、プライマリコントロールのデザインが一新されて使いやすくなりました。

パワーウィンドウの描画は改善され、新しいスプリットスクリーンワイプオプション、追加のSat vs Lumカーブ、改良されたスコープ、17ポイント3D LUTのサポートなどが追加されました。

さらに、大規模な新しいDaVinci広色域カラースペースにより、高品質な画像処理とカラーマネージメントが可能になりました。

次世代のHDRツール

HDRグレーディングパレットでは、特定の色調範囲に対してカスタムロールオフ機能を備えた新しいカラーホイールを作成できるため、よりクリエイティブに微調整を行うことができます。ホイールには、各ゾーンの露出と彩度のコントロールが含まれています。色空間を意識しているので、知覚的に均一な結果を得ることができます。

メッシュベースのカラーワーパー

画像の色を変える新しい方法であるメッシュベースのワープツールでは、2つのカラーパラメータを一度に調整することができ、色相と彩度、彩度と輝度の両方を調整できます。調整はコントロールポイントをドラッグすることで行われ、滑らかなフォールオフできれいで自然な調整が可能です。

マジックマスクでのターゲットを絞ったグレーディング

ターゲットを絞った補正のための人物の選択とトラッキングが、これまでになく簡単になりました。マジックマスクはDaVinciニューラルエンジンを使用して、人物全体や顔や腕などの特定の特徴のマスクを自動的に作成します。マットフィネスツール、ストロークの追加・削除機能、自動トラッキング機能を備えています。

高度なカラーマネージメント

DaVinci Resolveのカラーマネージメントには、ワークフローを簡素化し、画質を向上させるための機能が追加されています。広色域画像処理、新しい入出力トーンマッピング、色空間を意識したツールなどが追加され、グレーディング時のレスポンスの一貫性が向上し、画質が大幅に向上します。

DaVinci広色域カラースペース

DaVinci Wide gamutとDaVinci intermediateは、普遍的な内部作業色空間を提供するタイムライン色空間とガンマ設定です。カメラで撮影できるものよりも大きく、BT.2020やARRI広色域、さらにはACES AP1でも撮影できます。

改良されたプロフェッショナルスコープ

同じスコープの複数のバージョンを開いたり、カスタマイズ可能な波形のスケールを設定したり、3×3 のレイアウトを作成したり、別のスコープウィンドウをセカンドディスプレイで開いたりすることができます。異なる階調とズーム範囲に設定された3つのベクタースコープを開くことができ、シャドー、中間調、ハイライトを同時に見ることができます。

17 Point 3D LUTs のサポート

DaVinci Resolve 17では、タイムラインから17ポイントの3D LUTを直接生成できるので、セットでのモニタリングに最適です。また、ビデオレンジのLUTメタデータもサポートしており、施設内でLUTを共有するために、ローカルまたはネットワークボリュームに独自のカスタムLUTパスを設定する機能もあります。

新しいビューアオプション

新しいダイアゴナル(diagonal)ワイプ、ベネチアンブラインド( venetian blind)ワイプ、チェッカーボード(checkerboard)ワイプにより、さまざまな方法で画像を比較するための柔軟性がさらに高まりました。タイムラインから最大4つのプレイヘッドを比較するための新しいスプリットスクリーンモードは、複数のクリップを比較したり、同じクリップ内の異なるフレームを比較したりするのに便利です。

Fairlight

DaVinci Resolve 17 の Fairlight は新機能、ツール、コアの改良により史上最大のアップデートとなっており、オーディオポストプロダクションのための世界最速かつ最高品質のソリューションとなっています。

他のシステムからFairlightに乗り換えようと思っていた方も、アップデートされたキーボードショートカットを使ったコンテキストセンシティブな編集選択モードにより、これまで以上に高速な編集が可能になりました。新しい高性能オーディオエンジン、Fairlight Audio Coreは、新しいFlexBusバスイングアーキテクチャと共に、2,000以上のトラックをサポートします。オーディオクリップの反転、ラウドネスの分析、トランジェントの表示とナビゲート、編集中のビデオのプレビュー、ムーブの自動化、マルチチャンネルファイルのエクスポートなどが可能になりました。

高速なキーボードとマウス編集

新しいキーボードショートカットを使った編集選択モードは、これまでFairlight Audio Editorで利用可能だった機能をアンロックし、これらの context sensitive ツールは、編集を速くしてくれます。Fairlightに乗り換えた場合、これらの直感的で使い慣れたツールを使えば、すぐに作業を始めることができます。

2,000トラックをリアルタイムでミックス

Fairlight Audio Coreは低レイテンシーの次世代オーディオエンジンで、すべてのCPUコアとスレッド、オプションのFairlight Audio Acceleratorカードを使用してワークロードをインテリジェントに管理します。リアルタイムEQ、ダイナミクス、6つのプラグインを備えた最大2,000トラックを1つのシステム上で利用できます。

革新的なFlexBusアーキテクチャ

FlexBusは、固定バスの代わりに最大26チャンネル幅の多目的バスを使用するフレキシブルなバスアーキテクチャです。トラックをバスに、バスをトラックに、バスをトラックに、バスをバスに、大規模なセッションを作成するために必要なだけ多くのカスケードレイヤーを送信することができます。

トランジェントを瞬時に検出して表示

新しいトランジェント分析ツールは、個々の単語、ビート、または効果音を自動的に検出します。トランジェント・マーカーは波形の中に縦線として表示されます。矢印キーを使用して、それらの間を移動することができます。トランジェントマーカーを使えば、サウンドの特定の部分を簡単に特定して編集することができます。

オートメーションが編集をフォロー

自動化により、時間経過に伴うパラメータの変更を事実上記録することができます。新しいオプションでは、編集の変更に自動化を追従させることができます。つまり、クリップをトリミングしたり、移動したり、編集したりすると、録音したオートメーションがそれに追従し、ミックスを維持したまま、直前の編集を行うことができます。

ライブビデオのプレビュー

ビューアは、クリップやマーカーをスライドさせながらスクロールしたり、ビデオを参照として使用できる範囲を描画したりしながら、タイムラインの周りの動きを追跡するようになりました。さらに、範囲を描いたり、タイムラインのスクロールに合わせてクリップやマーカーを表示範囲外にドラッグしたりすることもできます。

新しい分析 とメータリングオプション

DaVinci Resolve 17はオフラインでのラウドネス分析をサポートしているので、プロジェクトに追加したり再生したりする前にクリップのラウドネス特性を確認することができます。新しいサラウンドサウンドアナライザは、サウンドのグラフィカルな空間イメージを提供します。大規模なプロジェクトでは、メーターをダブルスタックすることもできます。

 

大規模プロジェクトのサポート

Fairlight Audio CoreとFlexBusは、1つのシステムで何千ものトラックを持つ大規模なプロジェクトを可能にします。これまでは、プライマリーシステムと同期するために、”chase” コンピューターが必要でした。さらに、DaVinci Resolveのマルチユーザー・コラボレーションにより、複数のサウンド・エディターが同時にプロジェクト全体の作業を行うことができます。

Cut

DaVinci Resolve 17では、カットページがさらにスマートになりました。ビンの仕切りを備えた新しいメタデータスレートビューは、ショットを視覚的に表示し、ソートし、すばやく見つけるための画期的な新しい方法です。

オーディオトリムモードでは、より正確なトリミングのために大きな波形を表示します。スマートリフレーミング機能では、画像を自動的にリフレーミングするので、すべてのショットを手動で位置を変えなくても、縦長、横長、その他のアスペクト比でプロジェクトを書き出すことができます。

ライブラリの新しいアイコンビューでは、エフェクト、トランジション、タイトルをプレビューできます。

ATEM Mini Pro ISOからプロジェクトをインポートして編集できるほか、新しいクリップインスペクタ、高速なタイムライン切り替えなどが用意されています。

メタデータビュー とクリップソート

メタデータのスレートビューでは、シーン、ショット、カメラなどに基づいてクリップを簡単にソートして見つけることができます。サムネイルとメタデータの入ったカードが得られ、ソート順に決定されます。

オーディオ波形に対するトリミング

トリミング中にオーディオ波形を大きく表示できるようになりました。オーディオトリムボタンをクリックすると、大きな波形が下のタイムラインのフィルムストリップに置き換わります。これにより、ダイアログの開始と停止の場所が非常に見やすくなり、時間を無駄にすることなく、望みの場所を正確にトリミングすることができます。

ソーシャルメディア用のスマートリフレイム

16:9 HDやUltra HDで編集し、Instagramや他のアプリに投稿するための正方形や縦長のバージョンを素早く作成できるようになりました。DaVinciニューラルエンジンが自動的に顔を識別し、新しいフレーム内に再配置するので、手動で行う必要はありません。結果を微調整することもできます。

高速エフェクト検索とライブプレビュー

適切なエフェクト、トランジション、タイトルをすばやく簡単に見つけることができます。エレガントで新しいマルチカラムビューでは、より多くの情報を見ることができ、スクロールを減らすことができます。説明的なアイコンも、必要なものを素早く見つけるのに役立ちます。さらに、アイテムの上でマウスをスクラブすると、ビューアでライブプレビューを見ることができます。

ATEMミニプロジェクトのインポート

ATEM Mini Pro ISOからのライブプロダクションプロジェクトを、ビデオ編集として開くことができます。マルチビューのシンクビンでは、オリジナルのライブプロダクションからの編集を微調整したり、ショットを差し替えたりすることができます。ATEMのHD ISO録画を使用したり、Ultra HDで仕上げるためにBlackmagic RAWカメラファイルに再リンクすることもできます。

クリップインスペクタを更新

ビューアツールストリップは素早い調整に最適ですが、インスペクタでは、事実上すべてのオーディオとビデオの設定、メタデータ、RAW画像のコントロールなどにアクセスできます。上部のタブを使って、設定のグループを素早く切り替えることができます。ダイヤモンドキーフレームボタンを使って、設定をアニメーション化することができます。

Edit

編集ページには、プロの編集者が求めていた時間短縮の新機能が多数追加されています。新しいプロキシワークフローはパフォーマンスを劇的に向上させ、システム間でのプロジェクトの移動を簡単にします。タイムライン上のクリップを同期してマルチカムグループに変換したり、クリップをプロジェクトに編集する前にソース側で調整したり、個々のタイムラインとビンを共有したり、リアルタイムで3:2プルダウンを削除したり、その他にも様々なことができるようになりました。

また、合成のためのマットやキーイング、特定のトランジションでのモーションブラー、タイムラインのエフェクトの重い部分を新しいファイルにレンダリングする機能もサポートしています。DaVinci Neural Engineは、シーンカットの検出、インターレース解除、スマートリフレーミングも可能です。

プロキシ メディア ワークフロー

簡単に管理できる独立したプロキシメディアを作成することができ、システムパフォーマンスを劇的に向上させ、プロジェクトをポータブルにすることができます。プロキシは1/16の解像度で、H.264、H.265、ProResまたはDNxHRとして保存することができます。サードパーティのツールで内部や外部から生成することもできます。

マルチカムクリップを簡単に同期

同期されたマルチカムクリップの作成がより簡単になりました。タイムライン上にクリップを重ねて、新しい「オートアラインメント」ツールを使ってタイムコードや波形に基づいて同期させるだけです。手動でクリップを位置に移動させて同期マップを作成することや、タイムラインをマルチカムクリップや複合クリップに変換することもできます。

キーイングとコンポジティング

新しいResolve FX 3D、HSL、ルーマキーヤープラグインにより、エディットページとカットページの両方で、タイムライン上で直接キーを引き出せるようになりました。さらに、Resolve FXとOpen FXプラグインのアルファチャンネルがサポートされ、アルファチャンネルの埋め込みや外部マットファイルもサポートされるようになったので、合成のオプションがさらに増えました。

レンダー イン プレイス

Render in place (レンダー イン プレイス)コマンドを使用すると、タイムラインの任意の部分のレンダリング ファイルを生成できます。レンダリングした後は、再レンダリングすることなく移動、編集、トリミングができます。レンダリングファイルはどんなフォーマットでも作成でき、好きな場所に保存できます。キャッシュファイルとは異なり、レンダーファイルは管理が簡単で持ち運びに便利です。

ソースクリップの調整

ソースサイドの調整では、タイムラインに編集する前にクリップを変更することができます。クリップのすべてのインスタンスが変更と一緒に編集されます。例えば、クリップをタイムラインに編集する前に、RAWコントロールの調整、LUTの追加、オーディオトラックのリマップ、サイジングの変更、再生フレームレートの変更などができます。

タイムラインとビンの共有

個々のタイムラインやビンをインポートしたりエクスポートしたりできるようになったので、より多くのコラボレーションが可能になりました。プロジェクト全体を共有する必要や、あるプロジェクトから別のプロジェクトにタイムラインやビンをコピー&ペーストする必要はなくなりました。タイムラインとビンファイルは簡単に共有でき、メールで送ることもできます。

インターレースマテリアルを使った編集の改善

インターレースされたタイムラインのネイティブ処理を新たにサポートしたことで、インターレースされた成果物の合成とタイトル付けがより高品質になりました。高品質の DaVinci Neural Engine デインターレースは、フィールド間の動きを解析してプログレッシブフレームを再構築します。また、リアルタイムの3:2プルダウン除去も可能です。

強化されたタイムライン オーガニゼーション

DaVinci Resolve 17には、信じられないほど便利なタイムライン管理・整理ツールが搭載されています。未使用のタイムラインを削除せずに無効にすることができます。これにより、ビューアのタイムラインドロップダウンメニューから削除されます。

シーンカット検出

シーンカット解析がカットページと編集ページの両方で実行できるようになりました。元のソースファイルがない場合、再編集やカラーグレーディングが必要な長いクリップをカットアップする最速の方法です。DaVinciニューラルエンジンが画像を解析し、編集ポイントを見つけ、クリップをカットアップします。

Fusion

Fusionページで作成したコンポジションをテンプレートとして保存し、編集やカットページで使用できるようになりました。
新しいアニメーションカーブモディファイアは、編集中にアニメーションのデュレーションを変更した際に、自動的にアニメーションのタイミングを変更できます。波形表示付きのオーディオ再生により、正確なタイミングのアニメーションを簡単に作成できるようになったほか、編集ページとの共有マーカーがあるなど、様々な機能が追加されました。
さらに、カラーページのノイズリダクションとシャープネスツールを含む、27のGPUアクセラレーションされたResolve FXがFusionページに追加されています。
新しいノードビューブックマークによって、大きなコンプを簡単にナビゲートできるようになり、ツールバーはお気に入りのツールでカスタマイズできます。ノードエディタは垂直レイアウトがサポートされています。

独自のエフェクトを構築する カスタマイズ可能なテンプレート

フュージョンエフェクトテンプレートを使えば、想像できるあらゆるエフェクトを作成し、編集ページやカットページのクリップに適用することができます。コンポジションを作り、マクロとして保存し、表示させたいパラメータを定義して、適切な場所に保存するだけです。ライブラリからFusionエフェクトを任意のクリップにドラッグするだけです。

アニメーションを自動的にリタイム

アニメーションカーブモディファイアを使って、キーフレームを簡単に伸ばしたり、縮めたり、バウンス、ミラー、ループアニメーションを追加して、コンポジションのデュレーションが変わると自動的に変化します。Fusionのタイトルやエフェクトをタイムラインにドロップしてデュレーションを変更すると、それに応じてアニメーションが調整されます。

オーディオアニメーションを同期

Fusionページでは、編集ページやカットページのタイムラインからオーディオを再生できるようになりました。タイムラインからミックスダウンを選択したり、ソースクリップの音声を聞くことができます。キーフレームエディタに波形が表示されるので、オーディオに同期した正確なタイミングのアニメーションを作成することができます。

カスタムベクターシェイプ

ベクトルシェイプツールを使えば、モーショングラフィックスを簡単に作成できます。楕円、長方形、多角形、星形に加えて、図形を組み合わせて複雑なデザインを作成するためのブール演算子が用意されています。グリッド、ジッター、オフセット、トランスフォームを使ってアニメーションをカスタマイズできます。シェイプはパーティクルソースとしても使用できます。

GPUアクセラレーションによる Resolve FX

Fusionページには、新たに27のGPUアクセラレーションされたResolve FXが搭載されています。これには、カラーページのノイズリダクションとシャープネスツール、レンズブラー、ライトエフェクト、カラーエフェクト、リバイバルイメージ復元ツールなどが含まれていますテクスチャとスタイライズ、テンポラルエフェクト、ワープ、ビューティツールも含まれています。

ワークフローのパーソナライズ

ノードツリーのブックマークにより、大規模な構成のノードツリーの任意の部分にすばやく移動できます。カスタマイズ可能なツールバーでは、現在のタスクに基づいてツールバーをすばやく切り替えることができます。垂直方向のノードツリーレイアウトでは、アニメーションを作成するときにスプラインエディタやキーフレームエディタを表示するためのスペースが広くなります。

 

その他

その他にもDaVinci Resolve 17には、アプリ全体のユーザーインターフェースとワークフローの改善が含まれています。
メディア・ページでの新しいフォーマットのサポート、新しい配信オプション、メディア、カット、編集、フェアライト・ページでの統一されたインスペクタ・デザインなど、新しく改良された機能が搭載されています。
また、すべてのページで一貫したタイムラインナビゲーション、メタデータのサポート、新しい画像スケーリングアルゴリズム、スマートビン、スマートフィルタ、最適化されたメディアをシステム上のすべてのプロジェクトで共有する機能、GPUとCPUアクセラレーションが強化されたResolve FXも搭載されています。
さらに、ワークフロー統合APIも新たに追加されたので、サードパーティの開発者は、アセット管理システムやその他のツールをDaVinci Resolveと統合することができます。

無料のマルチユーザーコラボレーション

誰でも自分だけのポストプロダクション・スタジオを作ることができるようになりました。DaVinci Resolveの無料版には、DaVinci Resolve Studioに搭載されていたマルチユーザー・コラボレーション・ツールが搭載されています。つまり、複数のユーザーが同じプロジェクトで同時に作業することが可能になりました。

新機能と改良されたResolve FX

DaVinci Resolve 17に搭載された11の新しいResolve FXは、テクスチャポップ、ディテールリカバリー、ビデオコラージュ、3Dキーヤー、HSLキーヤー、ルマキーヤー、スミア、モーショントレイル、ノイズリダクション、トランスフォーム、フォールスカラーです。また、オブジェクト除去、デッドピクセルフィクサー、ダストバスター、ブラー、フィルムグレインのプラグインも改善されています。

アップデートされたインスペクタのレイアウト

新しい統一されたインスペクタのデザインは、カットページと編集ページで確認できます。これにより、クリップの設定を調整したりアニメーションさせたりする作業が、すべてのページで同じ方法で行われるようになったため、DaVinci Resolveの操作をより簡単に習得することができるようになりました。ビデオ、オーディオ、エフェクト、メタデータ、RAWコントロールなどのタブがあります。

追加フォーマットのサポート

メディアプールでのファイルの拡大のサポートにより、ファイルがまだ記録されている間に編集を開始することができます。QuickTime PNG、非圧縮RGB 8-bit、YUV 10-bit AVI、Panasonic 8K SHVクリップのデコードがサポートされ、GoPro CineFormのサポート、LinuxとHTJ2Kでのmp3のサポートが改善されました。

動画メタデータのサポートの強化

Blackmagic RAW、ARRI、RED、ソニーのカメラファイルからのフレームベースのメタデータに加え、フレームごとのEXRメタデータのデコードとレンダリングがサポートされました。また、Sony MXF、IMF MCAオーディオ、非HDR DCPエクスポート、DCPワークフローのHDRタグのメタデータサポートも改善されました。

新しい統合 とエンコーディングAPI

既存のPythonとLUAスクリプトに加えて、新しいワークフロー統合APIと新しいエンコーディングAPIが追加されています。これらのAPIにより、サードパーティの開発者は、DaVinci Resolve用の統合されたアセットおよびワークフロー管理ソリューションや、カスタム出力オプションのためのエンコーダプラグインを作成することができます。
すべてのアップデート内容の確認はこちらから

価格とシステム要件

DaVinci Resolve 17と DaVinci Resolve Studio 17は、Windows 10、Mac10.14.6、CentOS7.3で利用できます。
DaVinci Resolve 17の価格は無料です。
無料版に含まれるすべての機能に加え、DaVinci Neural Engine、立体視3Dツール、数十種類もの追加のResolve FXフィルタ、Fairlight FXオーディオプラグイン、さらに高度なHDRグレーディングとHDRスコープが含まれている DaVinci Resolve Studio 17 の価格は295ドルです。
購入は国内の認定再販業者から可能です。
DaVinci Resolve 17パブリックベータダウンロードこちらから

Blackmagic Design Announces DaVinci Resolve 17

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました