スポンサー

AMD、RDNA 2 採用 Radeon RX 6000シリーズのグラフィックス・カードを発表

PC関連

AMDは10月28日(現地時間)、RDNA 2アーキテクチャを採用したAMD Radeon™ RX 6000シリーズのグラフィックス・カード、AMD Radeon RX 6800、Radeon RX 6800 XT、そしてフラッグシップモデルのフラッグシップRadeon™ RX 6900 XTを発表しました。

AMDのグラフィックスカードは、Nvidiaのものと比べてRTコアやCUDAの相当するものがないので、クリエイターが使用するアドバンテージはありませんが、近年では性能が上がってきており、その進化には期待できるものとなっています。

AMDのコーポレート・バイス・プレジデント兼グラフィックス・ビジネス・ユニット・ジェネラル・マネージャーである Scott Herkelman 氏は、次のように述べています。

「本日の発表は、AMD Radeonグラフィックスの最高の性能をエンスージアストやウルトラ・エンスージアストのゲーム市場に提供することに注力してきた長年の研究開発の集大成であり、PCゲームにおける大きな進化を表しています」

「新しいAMD Radeon RX 6800、RX 6800 XT、RX 6900 XTグラフィックスカードは、ワールドクラスの4Kおよび1440pパフォーマンスを提供し、主要なAAAタイトルに対応し、息を呑むような生き生きとしたビジュアルで新たなレベルの没入感をもたらし、究極のゲーム体験を提供する必須機能を備えています。ゲーマーの皆さんがこれらの信じられないほどの新しいグラフィックカードを手にするのが待ち遠しいです。」

AMD Radeon RX 6000シリーズ

RDNA 2を採用

AMD Radeon RX 6000シリーズ・グラフィックス・カードは、次世代コンソール、PC、ラップトップ、モバイル・デバイスのための新しい基盤である、画期的なAMD RDNA 2ゲーミング・アーキテクチャに基づいて構築されており、パフォーマンスと電力効率の最適な組み合わせを実現するように設計されています。

RDNA1 が採用された Radeon RX 5700 XTグ ラフィックス・カードと Radeon RX 6900 XT グラフィックス・カードを比較した場合、一部のタイトルで最大2倍のパフォーマンスを実現し、同じ7nmプロセス・テクノロジー2を使用した Radeon RX 5700 XTグラフィックス・カードと Radeon RX 6800 XTグラフィックス・カードを比較した場合、ワットあたりのパフォーマンスが最大54パーセント向上します。

また、 RDNA 2は、高性能コンピュート・ユニットに高度な省電力技術が使用されており、コンピュート・ユニット1サイクルあたりのエネルギー効率を最大30%向上しています。GDDR6のみのAMD RDNAベースのアーキテクチャ設計と比較して、1ワットあたりの帯域幅が最大2.4倍になる新しいAMD Infinity Cacheテクノロジーも搭載されています。

主な特徴

AMD Radeon RX 6000シリーズ・グラフィックス・カードは、高帯域幅のPCIe® 4.0テクノロジーをサポート、すべてのカードで16GBのGDDR6メモリを搭載しています。主な特徴と機能は以下の通りです。

■パフォーマンス

  • AMD Infinity Cache:最高レベルのディテールを実現した4Kおよび1440pゲーミングに適した高性能な最終レベルのデータ・キャッシュ。128MBのオンダイ・キャッシュにより、レイテンシーと消費電力を劇的に削減し、従来のアーキテクチャ設計よりも高い全体的なゲーム性能を実現します。
  • AMD Smart Access Memory :AMD Ryzen™ 5000シリーズ・プロセッサー、AMD B550およびX570マザーボード、Radeon™ RX 6000シリーズ・グラフィックス・カードを搭載したシステム専用の機能。AMD Ryzen™ プロセッサーが高速GDDR6グラフィックスメモリへのアクセスを向上させ、CPU処理を高速化し、新しいレイジモードのワンクリックオーバークロック設定9,10と組み合わせることで、Forza Horizon™ 4のAMD Radeon™ RX 6800 XTグラフィックスカードの4Kで最大13%のパフォーマンス向上を実現します。
  • 標準シャーシ用に設計:長さ267mm、2×8標準8ピン電源コネクタを搭載し、既存のエンスージアストクラスの650W-750W電源で動作するように設計されているため、ゲーマーは追加コストなしで既存の大型フォームファクタPCを小型フォームファクタPCに簡単にアップグレードすることができます。

■ビジュアル

  • DirectX® 12 Ultimateサポート:DirectX® Raytracing (DXR)やVariable Rate Shadingなどのレイトレーシング、コンピュート、ラスタライズされたエフェクトの強力なブレンドを提供し、ゲームを新たなレベルのリアリズムに引き上げます。
  • DirectX® Raytracing (DXR):各コンピュート・ユニットに高性能の固定機能レイ・アクセラレーター・エンジンを追加したAMD RDNA 2ベースのグラフィック・カードは、DXRによりリアルタイムのライティング、シャドウ、反射のリアリズムを実現するように最適化されています。ハイブリッド・レンダリングを可能にするAMD FidelityFXと組み合わせることで、開発者はラスタライズされたエフェクトとレイトレースされたエフェクトを組み合わせて、画質とパフォーマンスを最適に組み合わせることができます。
  • AMD FidelityFX :AMD GPUOpenで利用可能なゲーム開発者向けのオープンソース・ツールキット。ライティング、シャドウ、反射効果のコレクションを備えており、開発者は、ゲームを美しく見せる高品質のポストプロセス効果を簡単に追加でき、ビジュアル忠実度とパフォーマンスの最適なバランスを実現。
  • 可変レートシェーディング(VRS):高レベルのビジュアルディテールを必要としないフレームの異なる領域のシェーディングレートを動的に低減し、画質をほとんど変化させずに全体的に高いレベルのパフォーマンスを実現。

■ゲーム体験

  • Microsoft® DirectStorageのサポート:DirectStorage APIの将来のサポートにより、ストレージAPI関連のボトルネックを排除し、CPUの関与を制限することで、超高速のロード時間と高品質のテクスチャを実現します。
  • Radeonソフトウェアのパフォーマンスチューニングプリセット:Radeonソフトウェアのシンプルなワンクリックプリセットは、ゲーマーがグラフィックスカードから最大限の効果を簡単に引き出すのに役立ちます。プリセットには、より高いゲームパフォーマンスを実現するために利用可能な余分なヘッドルームを活用する新しいRage Mode安定オーバークロッキング設定が含まれています。
  • Radeon™ Anti-Lag:入力から表示までの応答時間を大幅に短縮し、ゲームプレイの競争力を高めます。
モデルRadeon RX 6900XTRadeon RX 6800XTRadeon RX 6800
コンピュートユニット 807260
ゲームクロック2015MHz2015MHz1815MHz
ブーストクロック2250MHz2250MHz2105MHz
メモリ16GB(GDDR6)16GB(GDDR6)16GB(GDDR6)
メモリインターフェイス256 bit256 bit256 bit
Infinity Cache128 MB128 MB128 MB
TBP(Total Board Power)300W300W250W
価格999ドル649ドル579ドル

AMD Radeon RX 6000 Series Graphics Cardsウェブサイトへ

AMD Unveils Next-Generation PC Gaming with AMD Radeon™ RX 6000 Series – Bringing Leadership 4K Resolution Performance to AAA Gaming

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました