スポンサー

10月の NVIDIA Studio Driver が利用可能に!Adobe クリエイティブアプリの最新アップデートをサポート

CGソフト

NVIDIAは、10月20日(現地時間)クリエイティブアプリケーションに最適化された NVIDIA Studio Driver の最新アップデートをリリースしました。

このリリースは、Adobe MAX 2020に合わせて行われており、同イベントで発表された2020年10月リリースの最新機能である Photoshopの新しいAIを搭載したニューラルフィルターやをPremiere ProのGPUアクセラレーションされたハードウェアデコーディングをサポートしています。その他にも、Adobe After Effects、Adobe Premiere Elements、Adobe Substance、Notch、Daz 3Dにも追加のアップデートが行われています。

以下、今回のアップデートに関連する機能の紹介となります。

NVIDIA Studio Driver 2020年10月リリース

Adobe PhotoshopでのAIを活用したニューラルフィルター

ニューラルフィルターは、アーティストがAIを搭載したツールを使って、画像に複雑な調整を数秒で行うことができます。スマートポートレートを使えば、アーティストはスライダーをドラッグするだけで、視線の方向や照明角度などの顔の特徴を簡単に試すことができます。

Adobe Premiere Proでより速く編集

Adobe Premiere Proの最新リリースでは、ビデオデコードがNVIDIAの専用GPUデコーダーにオフロードされるようになり、ビデオ再生がよりスムーズになり、特に超高解像度やマルチストリームの映像をスクラブする際のシャープな応答性が向上しました。

デコードは、AIを搭載したオートリフレームやシーン検出と並んで高速エンコーディングなどの最近のGPU加速機能に加わり、ビデオ編集プロセス全体を進化させ、より速く、より直感的な制作を可能にします。

Adobe PremiereElementsがGPUで高速化

スマートな編集とステップバイステップのガイドで使いやすいムービー作成を提供するPremiereElementsが、GPUアクセラレーションに対応しました。

これにより、プリレンダリングなしでビデオエフェクトやトランジションの高速再生が可能になりました。クロップ、アニメーションのオーバープレイ、レンズフレア、リアルタイム再生など、典型的でイライラするような遅延を伴うアクションが、すべてのNVIDIA GPUで瞬時に実行できるようになりました。

Adobe Substance Alchemistが次世代30シリーズGPUをサポート

Substance Alchemistは、アーティストが既存のリソースを組み合わせたり、AIを使って写真や高解像度のスキャンから新しい素材を構築したりして、素材コレクションを作成することを可能にします。

GPUアクセラレーションされたフィルターとRTXアクセラレーションされた「AI Delighter」は、新しい30シリーズのサポートにより、マテリアル作成をさらにスピードアップします。

Adobe After Effects のロトブラシ2

モーショングラフィックスとビジュアルエフェクトの業界標準であるAfter Effectsは、Adobe Sensei AIを活用した新しいRotoBrush 2機能を追加しました。これはGPU所有者にとってはより優れたものとなり、アーティストはその場で素晴らしいグリーンスクリーンエフェクトを適用することができます。

VoiceFX、Adobe Premiere用のNVIDIAブロードキャストノイズ除去プラグインをリリース

OBS Studio用の人気の高いStreamFXプラグインの開発元であるXaymar社は、VoiceFXプラグインのVST3フィルターにNVIDIA Broadcastのノイズ除去機能を追加しました。これにより、NVIDIA RTX GPUを搭載したクリエイターは、Adobe Premiere ProやAdobe Auditionなどのビデオやオーディオ編集アプリケーションから、赤ちゃんの泣き声や電話の鳴き声などのバックグラウンドノイズを直接除去するAIノイズ除去機能を使用することができます。

Notch、高度なフェイストラッキングのためのAR SDKサポートを追加

Notchは、統合されたリアルタイム環境で、モーショングラフィックスやインタラクティブなビデオエフェクトを作成することができます。

NVIDIA Broadcast Engine AR SDKの統合により、高度なフェイストラッキングアニメーションやビデオエフェクトが可能になり、CPUのみの場合に比べて安定性が向上し、処理時間が短縮され、ライブ放送中でも使用できるようにレイテンシが低くなりました。

Daz 3Dアニメーションスイートが大幅アップデート

Maya、Blender、3ds Max、Cinema 4D、Unity、UnrealへのDazの新しいブリッジにより、NVIDIA RTX GPUを搭載したユーザーは、これまで以上に高速にシーンをレンダリングすることができます。

今月末にリリースされるDaz Studio 4.14では、RTX 30シリーズGPUをサポートするIray 2020.1アップデートが提供されます。RTX 30 シリーズ GPU を使用することで、ユーザーはレンダリング速度が劇的に向上し、TITAN RTX の最大 2 倍の速さでレンダリングを行うことができます。


新しいStudioドライバ(リリース456.71)は、GeForce Experienceを通じて、またはドライバダウンロードページからダウンロードすることができます。

October NVIDIA Studio Driver Ready For Download — Brings Support For Latest Creative App Updates Announced At Adobe MAX

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました