スポンサー

After Effects 17.5 がリリース、機械学習を利用したロトブラシ2の追加や新しい3D デザインスペースなど

CGソフト

Adobeは10月20日、コンポジットソフトウェアの最新アップデート(2020年10月リリース)After Effects 17.5をリリースしました。これは、2020年10月21日~23日に開催されている無料オンラインイベントAdobe MAX 2020で他の Adobe のソフトウェアの最新アップデートとともに発表されました。

新機能

ロトブラシ 2

ロトブラシ 2 は、描画オブジェクトを背景から分離する、より高速で正確なロトスコーピングツールです。完全に新しいロトスコーピングプロセスにより、マット作成が簡単になり、Adobe の 機械学習Sensei を使用して被写体の動きを追跡するため、1フレームずつオブジェクトを選択して追跡します。

これにより、オブジェクトが自動的に分離されるので、被写体の周りに大まかなストロークを描くことで、被写体を識別することができます。After Effects では、選択範囲が自動的にハイライトされ、オブジェクトがトラックされます。選択範囲が気に入らない場合は、直観的なキーボードコマンドを使用して選択範囲の領域を追加または削除するだけで済みます。

UI はこれまでと同じですが、ロトブラシ 2 は機械学習ソリューションを使用して、時間の経過に伴う選択を反映しているため、ロトスコーピングの退屈なプロセスを迅速かつ簡単にします

詳しい情報はこちらから

新しい3D デザインスペース

この最新リリースでは、After Effects でネイティブに3D コンテンツをデザインして複合表示するための新規モードが導入されています。このモードを使用すると、3D の操作が速く、使いやすくなり、3D 変形ギズモ、改良されたカメラツールが 3D デザインスペースで導入されているので、1 つのシーンをアニメーション化するためだけに、3D アプリケーション間を頻繁に移動する必要がなくなります。

Adobeによると、この新しい3DデザインスペースはVFXの機能ではなく、主にモーションデザインを対象としているということです。

■3D 変形ギズモ

3D 変形ギズモを使用して、1 つのツール内で 3D レイヤーの拡大/縮小、配置、回転をすることができます。このツールは従来の変形ギズモとは異なり、すばやく直観的で、すべてのスペースの操作ツールを 1 つにまとめています。この機能は、Dimension に似ていますが、同じツール内で各軸を変換できます。

■3D ナビゲーション用のカメラツールの強化

以前のバージョンでは、1 つのコントロールの下で非表示になっていたため、直接アクセスすることができず、時間がかかっていましたが、改善されたコントロールは、2D レイヤーを 3D に切り替えたときにアクティブになり、メインツールバーからアクセスできるようになりました。2D レイヤーを 3D にすると、カメラが自動的に適用されるので、3D スペース内を瞬時に移動することができます。

詳しい情報はこちらから

パフォーマンスの向上

Windows 上の AMD および NVIDIA GPU 用の新しいハードウェアデコード機能により、After Effects と Premiere Pro で広く使用されている H.264 および HEVC 形式の再生が高速になり、タイムラインのパフォーマンスが向上しました。

After Effects 2020 年 10 月リリース(バージョン 17.5)の新機能の確認はこちらから

価格とシステム要件

AfterEffects 2020 年 10 月リリース(バージョン 17.5)は、Windows10とmacOS10.13以降で利用できます。

また、Adobe Creative Cloud コンプリートプラン、または単体プランとして購入することができます。価格は以下のようになっています。

■creativecloudコンプリートプラン

  • 年間プラン, (月々払い) — 5,680 円/月
  • 年間プラン, (一括払い) — 65,760 円/年
  • 月々プラン — 8,980 円/月

■単体プラン

  • 年間プラン, (月々払い) — 2,480 円/月(税別)
  • 年間プラン, (一括払い) — 26,160 円/年(税別) 月額2,180円相当
  • 月々プラン — 3,480 円/月(税別)

After Effects ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました