スポンサー

無料のオープンソースペインティングソフトウェア Krita 4.4.0 がリリース、Fill Layersやブラシのアップデートなど

CGソフト

Krita Foundation は10月13日(現地時間)、無料のオープンソースペインティングソフトウェア Krita 4.4.0 をリリースしました。予定より少し遅れてのリリースとなりましたが、これはKrita のネクストフィーチャーリリース(next feature release)ということです。

Krita 4.4.0 新機能

このリリースでは、多目的に使えるSeExprベースのスクリプト可能なフィルレイヤータイプ、ブラシのグラデーションマップモード、ブラシテクスチャの明度とグラデーションモード、グラデーションでの色の動的使用のサポート、アニメーションのためのwebmエクスポート、新しいスクリプト機能などが追加され、何百ものバグフィックスが行われています。このバージョンのKritaはこれまで以上に優れたものになっており、特にChromeOSとAndroid上での修正はエキサイティングなものとなっているということです。

Fill Layers

このリリースでは、フィルレイヤーに多くのアップデートと変更が加えられています。

■塗りつぶしレイヤーのマルチスレッド化

塗りつぶしレイヤーはマルチスレッドを利用できるようになりました。つまり、コンピュータが複数のコアを持っている場合、Kritaはフィルレイヤーを作成するための計算作業をそれらのコア間で細分化することができます。これにより、塗りつぶしレイヤーの作成が格段に速くなりました。

■塗りつぶしパターンの変形

塗りつぶしレイヤーのパターン( patterns of fill layers )を変形できるようになり、特にパターンを回転させることができます。これはシェイプドローイングツールやバケツフィルにも実装されていて、長い間To-doリストに載っていたものです。

スクリーントーン

画面全体をドット、四角、線、波などで塗りつぶすことに特化した新しい塗りつぶしレイヤーオプションです。この塗りつぶしレイヤーを使うと、必要なシンプルなパターンをその場で素早く生成することができ、漫画本のイラストレーションなどの高度なグラフィックスタイルをしている人にはとても便利です。

マルチグリッド

塗りつぶしレイヤーは、準結晶構造と同様に、ペンローズタイルを生成します。結果は回転対称ですが非周期的で、 これらの菱形パターンは繰り返されません。

■SeExpr

AmysparkのGoogleSummer of Codeプロジェクト、DisneyAnimationの SeExpr表現言語の統合(the integration of Disney Animation’s SeExpr expression language):SeExprは実質的には小さなシェーダ言語で、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオがアニメーションのテクスチャやマテリアルをオンザフライで生成するために使用しています。Kritaでは、これを使って独自のフィルレイヤーをコーディングすることができます。

Brushes

4.3 でライトネス モードが追加されたのに続き、今回のリリースでは、ブラシ エンジンに新たな機能が追加されました。

■Brush-tipsのためのグラデーションマップモード

明るさモードでは微妙に足りない場合は、グローバルグラデーションを使ってブラシの先端に色をつけることもできるようになりました。特に花や葉のような小さな繰り返しのオブジェクトに便利です。

■ブラシテクスチャの明度モードとグラデーションモード

ブラシにも明度とテクスチャのグラデーションが使えるようになりました。

上のストローク: 新しいライトネスパラメータとミックスパラメータを組み合わせて使用します。
下のストローク: テクスチャ強度パラメータを使用して、グラデーション マップされたブラシ チップとテクスチャを混合します。

■MyPaint カラーセレクタの斜めの選択線 (Shift+M)

この斜線は現在アクティブな色の明度と彩度を同時に変更することができます。

グラデーションで現在選択されている色の動的使用をサポート

KritaはGIMPのグラデーションフォーマットをサポートしていましたが、現在の描画色と背景色に基づいてグラデーションを動的に変更することはサポートしていませんでした。また、レイヤースタイルにも対応していませんでしたが、今回のリリースでこの機能がサポートされました。同梱されているプリセットのいくつかは、前景色を使って火花やかすみなどの効果を簡単に作成できるようになっています。

この他にもアニメーションやスクリプト機能などアップデートがされています。すべてのアップデート内容の確認はこちらから

ダウンロードとシステム要件

Krita 4.4.0は、Windows 8.1 or Higher, OSX 10.12, Linuxで使用することができます。

最新バージョンのダウンロードはこちらから

ChromeOSとAndroidのKritaはまだベータ版とされています。ダウンロードは以下のリンクから可能です。

Kritaをサポート

Kritaはフリーでオープンソースのプロジェクトです。寄付トレーニングビデオの購入などでプロジェクトを支援することができます。


Kritaウェブサイトへ

Krita 4.4.0 released!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました