スポンサー

V-Ray 5 for SketchUp ベータ版がリリース

プラグイン

Chaosgroupは10月7日(現地時間)、 V-Ray for SketchUp のベータ版をリリースしました。

新機能ハイライト

■リアルタイム・ビジュアライゼーション
お気に入りの3Dツールを使用したままで、SketchUpモデルのクイックプレビュー、高解像度の画像やアニメーションのプロ品質のレンダリングを行うことができます。
■より速く、より簡単なライティング
何百もの自動生成されたライトセットアップとライティング機能により、シーンのライティングプロセスを自動化します。
■V-RAYでのポスト処理
画像に仕上げを施すためのパワフルなツール。時間を節約し、創造性を高めることができます。
V-Ray 5 for SketchUpでは、レンダリングソフトウェアの機能を拡張しており、他にも多くの機能があるということです。
Chaosgroupは、V-Ray for SketchUpを完成させるのに協力を求めています。専用フォーラムでフィードバックを共有することができます。
V-Ray for SketchUp のベータ版のダウンロードはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました