スポンサー

V-Ray 5 for Cinema 4D ベータ版が利用可能に!

プラグイン

9月28日(現地時間)Chaos Group は、V-Ray 5 for Cinema 4D ベータ版のリリースを発表しました。

Chaos Group は、まもなくリリースされるCinema 4D版の V-Ray 5 を完成させるためにフィードバックを募集しています。

V-Ray 5 for Cinema 4D 新機能

V-Ray 5 for Cinema 4D の機能として以下が紹介されています。

■ビルトイン・コンポジット
新しいレイヤーベースのコンポジターでは、レンダリングパスの組み合わせ、ブレンドモードの設定、色の調整などを、別のアプリに行かずに行うことができます。

■ライトミックス
1 つのレンダリングから、何十ものライティングシナリオを作成できるようになりました。レンダリングをやり直すことなく、リアルタイムでライトの色や強度を変更できます。

■GPU + CPU レンダリング
ハードウェアをフルに活用。V-Rayを使えば、GPU、CPU、またはその両方の組み合わせでレンダリングすることができます。

■GPUプロダクションレンダリング
V-Ray GPUのGPUアクセラレーションされたパフォーマンスで強力なスピードブーストが可能です。NVIDIA RTXカードでさらに速くなりました。

■高速インタラクティブレンダリング
待つことなく、思い通りのルックを作成できます。インタラクティブレンダリングでは、その場でレンダリングされたシーンの変更を見ることができます。

■自動露出とホワイトバランス
V-Ray Cameraは露出やホワイトバランスを自動で設定してくれるので、手動でやる必要はありません。

■AIデノイジング
NVIDIA AI Denoiserは人工知能を使用して、レンダリング中に瞬時にノイズを低減します。

■コート&シースンレイヤー
V-Ray Materialで直接ベルベット、サテン、シルクなどの反射コーティングやファブリックを使ったレイヤードマテリアルを簡単に作成することができます。

■METALNESS(メタルネス
メタルネス反射がV-Rayマテリアルで直接サポートされ、PBRワークフローとの完全な互換性を実現しました。

■CAR PAINT 2 MATERIAL
よりリアルなフレークを含む新しいカーペイントマテリアルで、自動車のレンダリングを次のレベルに引き上げます。

■改善されたV-RAY DIRT
表面に風化した外観を与えます。改良されたV-Ray Dirtテクスチャでは、亀裂や隙間に汚れを加えたり、プロシージャルストリークを作成したり、表面全体を覆うことができます。

■新しい太陽と空のモデル
マジックアワーの光をとらえよう。改良されたSun & Skyモデルは、太陽が地平線の下に沈んでも、日の出や日の入りがより正確に、よりよく見えるようになりました。


V-Ray 5 for Cinema 4D ベータ の参加はこちらから(アカウント登録が必要)

V-Ray 5 for Cinema 4D プロダクトページへ

JOIN THE V-RAY 5 FOR CINEMA 4D BETA

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました