スポンサー

Nvidiaのゲーム開発を前進させる6つのニューリリース

CGソフト

ここ2週間程でNVIDIAは、様々な規模のゲーム開発チームが利用可能なの6つのソフトウェアをリリースしました。以下それぞれのソフトウェアについて紹介します。

NVIDIAの6つのニューリリース

NVIDIA Reflex SDK

NVIDIA Reflex SDKを使用すると、ゲーム開発者は、ゲームエンジンの作業をレンダリングのためにジャストインタイムで完了するように調整する低レイテンシモードを実装することができ、GPUレンダーキューを排除し、GPUに依存したシナリオでのCPUバックプレッシャーを軽減することができます。開発者にとって、システムレイテンシ(クリックから表示までの時間)は最適化が最も困難なメトリクスの1つです。さらにレイテンシ削減機能に加えて、SDKにはゲームレイテンシとレンダーレイテンシの両方を計算するための測定マーカーが搭載されており、ゲーム内のパフォーマンスカウンターのデバッグや可視化をすることができます。

主な機能

  • Low Latency Mode(低レイテンシモード):ゲームエンジンの作業をレンダリングのためのジャストインタイムで完了するように調整し、GPUレンダーキューを排除し、GPUに依存するシナリオでのCPUバックプレッシャーを軽減します。
  • Latency Metrics(レイテンシメトリクス):入力、シミュレーション、レンダー提出、グラフィックスドライバ、レンダーキュー、GPUレンダーなど、ゲームパイプラインのステージごとに分類されたリアルタイムのレイテンシメトリクスを取得できます。デバッグやゲームオーバーレイのリアルタイム表示に最適です。
  • Flash Indicator(フラッシュインジケータ):マーカーシステムを使用して、クリックするたびに画面上に小さな白い四角形を描画するようにフラッシュインジケータマーカーを設定します。これは、レイテンシを測定するためにNVIDIA Reflex Latency Analyzerのようなツールの使用を自動化する場合に便利です。

開発者のメリット

  • Reflex SDK を使用して、よりレスポンスの良い体験をプレイヤーに提供しましょう。
  • レイテンシーに関してエンジンがどのようなパフォーマンスを発揮しているかを把握できます。
  • レスポンスを最適化。

ゲーマーのメリット

  • ワンクリックでレイテンシーを最適化することで、ゲーム内の設定を自由に変更でき、設定を選択した場合に最適なレイテンシーを得ることができます。
  • 競争力のあるゲーマーは、レイテンシーを最小/最大にすることができます – ミリ秒が重要なときに最も反応の良い体験を実現します。

詳細はこちらから

NVIDIA Reflex-早期アクセスはこちらから

DLSS

DLSSは、NVIDIA RTX TensorCoresのパワーを利用してフレームレートを向上させ、ネイティブレンダリングに近づくかそれ以上のシャープなフレームを生成するディープラーニング・ニューラルネットワークです。レイトレーシング設定を最大化し、出力解像度を向上させるためのパフォーマンスのヘッドルームを提供します。

DLSSの最新アップデートには、8Kゲーム用の新しいウルトラパフォーマンスモード、改良されたVRサポート、ダイナミック解像度のサポートが含まれており、NVIDIA RTX Unreal Engine 4 Branchを通じて利用可能になります。

詳細はこちらから

RTXGI 1.1

RTX Global Illumination (RTXGI) SDKは、レイトレーシングのパワーを活用して、ベイク時間やライトリーク、フレームごとのコストをかけずにマルチバウンス間接照明を計算するスケーラブルなソリューションを提供します。

SDK の最新アップデートである RTXGI 1.1 のリリースには、パフォーマンスと画質の向上、バグ修正、新機能、Unreal Engine 4.25 のサポートが含まれています。

詳細はこちらから

Nsight Tools

開発者がGPUのピークパフォーマンスを達成するために、NVIDIAはAmpere用のNsight Tools Suiteをリリースしました。これには以下のアップデートが含まれています。

  • Nsight Systems:Nsight Systems は、アプリケーションのパフォーマンスをシステム全体で可視化します。開発者は、ボトルネックを最適化して、大規模なサーバから最小のSoCまで、CPUやGPUの数やサイズを問わず、効率的にスケールすることができます。
  • Nsight Compute:Nsight Compute は CUDA アプリケーション用のインタラクティブなカーネルプロファイラです。ユーザーインターフェースとコマンドラインツールを介して、詳細なパフォーマンスメトリクスとAPIデバッグを提供します。Nsight Computeはまた、カスタマイズ可能なデータ駆動型のユーザインタフェースとメトリック収集を提供し、ポスト処理結果の解析スクリプトで拡張することができます。
  • Nsight Graphics:Nsight Graphicsは、Microsoft WindowsおよびLinux上のグラフィックスアプリケーションのデバッグ、プロファイリング、解析用のスタンドアロンアプリケーションです。Direct3D 11、Direct3D 12、DirectX Raytracing 1.1、OpenGL、Vulkan、およびKHR Vulkan Ray Tracing Extensionベースのアプリケーションのパフォーマンスを最適化することができます。
  • Nsight Visual Studio Edition:異種プラットフォーム向けのアプリケーション開発環境である Nsight Visual Studio Edition は、Microsoft Visual Studio に GPU コンピューティングを導入します。CUDA C/C++、OpenCL、DirectCompute、Direct3D (11,12,DXR)、Vulkan (1.1, Vulkan Ray Tracing Extension)、OpenGL、OpenVR、および Oculus SDK を使用して構築された異種計算、グラフィックス、バーチャルリアリティ、RTX、.NET、および UWP アプリケーションの構築、デバッグ、プロファイル、およびトレースが可能です。

Nsight Graphicsは、新しいVulkan用シェーダプロファイラ(D3D12とDirectX Ray Tracingに加えて)を提供します。

詳細はこちらから

Feature Map Explorer (FME) 2020.2

Feature Map Explorer (FME) は、GPUのパワーを利用して、低レベルのチャネルの可視化から各チャネルスライスの詳細な数値情報まで、さまざまなビューを使用して4次元の画像ベースのフィーチャーマップデータの可視化を可能にします。
これは、DNN処理の「ブラックボックス」を覗き込むことで、モデルが何を学習しているのか、モデルがリソースを効率的に使用できていない箇所はどこか、また、与えられたデータをより良く処理するためにトレーニング中にモデルが学習しているために何が変化しているのかについての詳細な情報を見つけるための方法です。

最新の2020.2のアップデート:

  • ユーザーは、チャンネルの境界線の周りにボックスが描かれた状態で、レイヤーに対して任意の個々のチャンネルをハイライト表示できるようになりました。これにより、異なるテンソルにまたがって同じチャンネルを追跡することができます。
  • 個々のチャンネルがハイライトされると、そのチャンネルの統計情報も統計情報ウィンドウで自動的に選択され、簡単に相関関係を確認できるようになりました。
  • ワークスペースパネルでテンソルを選択するには、ダブルクリックではなくシングルクリックが必要になりました。

詳細はこちらから

NVIDIA RTX Unreal Engine 4 Branch

NVIDIAは、GitHub上でNVIDIA技術用のカスタムUE4ブランチを提供することで、ゲーム開発者が最先端の技術を簡単にアンリアル・エンジン4 (UE4) ゲームに追加できるようにしました。

GitHubにカスタムUE4ブランチを用意することで、開発サイクルを短縮し、ゲームをより魅力的に見せることができます。これらのカスタムブランチを使えば、開発者はNVIDIAテクノロジーをUE4ゲームに統合し、1時間以内に改善を実現することができます。今月のアップデートは以下の通りです。

  • DLSS SDKのアップデート
  • CPU側の性能最適化

詳細はこちらから

秋のGTC

10月5日から9日までGPU Technology Conference (GTC)がオンラインで開催されます。500以上のライブセッションやオンデマンドセッション、NVIDIA Deep Learning Instituteの割引トレーニング、業界の専門家とつながる機会などがあります。プログラミングストリームは、北米、ヨーロッパ、イスラエル、インド、台湾、日本、韓国で開催されます。

ゲーム開発セッションには以下が含まれます。

9月25日まで早期割引を利用できます。価格は49ドル。

参加登録はこちらから


Six New Releases to Advance Game Development

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました