スポンサー

[無料]GPUで加速されたHoudini用ボリューメトリック流体ソルバー「Axiom Fluid Solver」

フリーコンテンツ

Matthew Puchala氏が開発、無料で公開しているGPUで加速されたボリューメトリック流体ソルバー 「Axiom Fluid Solver」の紹介です。

Axiomとは

Axiomは、コンピュータグラフィックスやVFXのためのスパース(sparse)、GPUで加速されたボリューメトリック流体ソルバーです。

Axiomの主な特徴は、GPU上でスパース(sparse)シミュレーションを実行できるカスタムOpenCLボリュームデータ構造にあるということです。このソルバーは現在、Windows、macOS、LinuxでSideFXのHoudiniをサポートしています。

システム要件

■Houdiniの有効なバージョン

サポートされているHoudiniのバージョン:17.5, 18.0

apprentice、indie、commercial 版のいずれにも対応。

このソルバーはほとんどのハードウェアで動作しますが、良い結果を得るには少なくとも以下の仕様を満たすハードウェアを使用することが推奨されています。

■GPU

OpenCL 1.2対応のGPU。

最低でも8GBのVRAM:

  • 多ければ多いほど良く、ソルバーは100万ボクセルあたり130MBのRAMを使用します。8GBであれば、5,000万のボクセルを快適にシミュレートすることができます。
  • GPUは様々なタスクにVRAMを使用しており、計算タスクに常に完全に使用できるわけではありません。ほとんどのシステムには、利用可能なVRAMの量を表示するユーティリティがあります。

■推奨されるNvidia GPU

  • Maxwell GTX 900 series
  • Maxwell Quadro M series
  • Pascal GTX 10 series
  • Pascal Quadro P series
  • Volta GV100 & Titan V
  • Turing RTX 20 series
  • Turing RTX Quadro series
  • Ampere RTX 30 series
  • Recommended AMD GPUs
  • Radeon VII
  • Radeon RX 5000 series
  • Radeon RX Vega series
  • Radeon Pro Series

■CPU

  • OpenCL 1.2 capable CPU.

Axiomの公式ページでは、インストールガイドの確認やサンプルファイルの入手、寄付などをすることができます。Axiomの公式ページへ

無料のAxiomのダウンロードはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました