スポンサー

3ds Max 2021.2 アップデートがリリース、スマート押し出しや選択の操作性が向上といったモデリング機能の改善など

CGソフト

Autodeskは、3Dモデリング・レンダリングソフトウェア最新アップデート 3ds Max 2021.2 をリリースしました。

このアップデートでは、モダナイゼーション(近代化)とパフォーマンスに重点を置かれているということです。

新機能と改善

新しいテクスチャにベイク処理(Bake to Texture)ツールのユーザー エクスペリエンスの向上、新しい選択方法によるアーティストのモデリング効率の向上、押し出し/面取りツールの改良などが行われました。また、レンダリング メッセージ ウィンドウの更新や新しい OSL シェーダーの追加など、レンダリング エクスペリエンスのモダナイゼーションも継続しています。

スマート押し出し(Smart Extrude)

スマート押し出し(Smart Extrude)を使用すると、編集可能ポリゴン(Editable Poly)またはポリゴンを編集]Edit Poly)で修正されたオブジェクトの面をインタラクティブに押し出すことができます。

隣接する面は、最終的なビジュアルに合わせて完全に再構築されてステッチされるので、押し出し後に隠れた面やその他のジオメトリ データを手動で修復する必要はありません。

改良された選択

オブジェクトとコンポーネント レベルのプレビューと選択方法が改善され、編集可能ポリやポリ編集モディファイアを使用する際のアーティストの操作性が向上しました。

ループおよび制限されたループを追加するには、[Ctrl]を押しながらクリックします。ループおよび制限されたループを削除するには、[Alt]を押しながらクリックします。

注: [Shift]を使用したループ選択と、ポイントからポイントへの選択は廃止されました。

スプライン面取り(Spline Chamfer)モディファイヤ

このモディファイヤは、ユーザーがスプライン形状にフィレットや面取りを適用したり、モディファイヤスタックの上に渡されたノットポイントを通過させたりする機能を提供します。ユーザーはSpline Influencerヘルパーを使用して、このモディファイヤの影響を受けるノットに影響を与えることもできます

  • モディファイヤ スタックから渡されたノット システムを使用して、フィレットまたは面取りをスプラインに適用します。
  • 結果は、ノット ポイントの入出力ベクトルに基づいて計算され、出力されます。

マテリアルとシェーダーの進化

PBR ミキサー シェーダ

  • PBR マテリアル 2 セットをミックスする OSL シェーダ。
  • すべてのパラメータがミックスされます。
  • 変更内容をリアルタイムで確認しながら調整できます。

新規 OSL シェーダ

  • ビットマップ ランダム タイリング(Bitmap Random Tiling)は、繰り返しとわからないよう、ランダムに変化させたテクスチャを適用します。
  • ワイヤフレーム(Wireframe)は、レンダリングされたピクセルを基準に固定幅のワイヤフレームを作成します。UVW マップ(UVW Map)と一緒に使用して、従来の外観のワイヤフレームを作成できます。
  • その他にも、ミックス (色)(Mix (color))、マルチミックス (色)(MultiMix (color))、スケール (色)(Scale (color))、ミックス (ベクトル)(Mix (vector))、スケール (ベクトル)(Scale (vector))、1 of N (ファイル名)]1 of N (filename))の 6 つのシェーダが新しく追加されました。

Bake to Texture(テクスチャにベイク処理)

柔軟なユーザ インタフェースと検索可能なマップ リストを使用して、より直感的にマップを追加できるようになりました。

ユーザーインターフェース

レンダリング メッセージ ウィンドウが新しい配色の Qt インタフェースでリニューアルされました。コピーと貼り付けが簡単になり、自動スクロールを有効にするかどうかを選択できるようになりました。

3ds Max 2021.2 Update の新機能

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました