スポンサー

Autodesk が Arnold 6.0.4 をリリース、トゥーンシェーダの強化やマルチコアでのパフォーマンス向上など

CGソフト

Autodeskは8月5日(現地時間)、3Dレンダリングソフトウェアの最新アップデート Arnold 6.0.4と関連プラグインのアップデートをリリースしました。

Arnold 6.0.4

Arnold 6.0.4は、自動ファイルパスリマッピング、トゥーンシェーダの強化、GPUでサポートされる多くの機能、複数の最適化とバグ修正が行われています。さらにマルチコア最新CPUでレンダリングするときのパフォーマンスが向上しています。

機能強化

●Automatic file path remapping(ファイルパスの自動リマッピング):Arnoldが動作しているOSに応じて、文字列パラメータの値を自動的に変更できるようになりました。例えば、アーティストのワークステーションは Windows、レンダーファームのノードは Linux で動作している場合などに便利です。設定は、OSごとに検索・置換する文字列を含むJSONファイルで行います。このファイルは環境変数 ARNOLD_PATHMAP で選択することができます。

●Toonシェーダのリムライト制御:サーフェスのベースカラーを使用してリムライトの色をティントするための新しい rim_light_tint float パラメータがトゥーンシェーダに追加されました。

Windows上で、多くのコアを持ち、テクスチャを多用するシーンのパフォーマンスが向上:特に Windows を実行している場合、多くのコア、tiff ベースのテクスチャ、および/または多くのテクスチャの読み込み/秒を使用している場合に、いくつかのパフォーマンスが改善されました。多くのコアを持つ Windows マシンでは、数パーセントから桁違いのスピードアップが期待できます。exr ベースの .tx テクスチャを使用する中程度の複雑なシーンでは、Windows .NET で以下のようなスピードアップが得られます。

テクスチャが重いストレスシーン(8GB の tiff ベースの .tx テクスチャタイルが読み込まれる)では、Windows で以下のようなスピードアップが得られます。

●OSLのアップグレード:ArnoldはOSL 1.11.6を使用するようになり、複数の最適化とバグ修正が行われました。

GPUの強化

  • グローバルAOVシェーダ:aov_shader オプションが GPU でサポートされるようになりました。このオプションは、通常のサーフェスシェーダの後にレンダラーが評価するシェーダのリストを定義します。これにより、オリジナルのシェーダツリーを変更することなく、特定の AOV を設定するためのシェーダを追加することができます。こちらを参照してください。
  • OSL でのアトリビュートの初期サポート:形状にバインドされたユーザデータを getattribute 関数または lockgeom パラメータアトリビュートを介して取得できるようになりました。この初期実装では、CPU 実装に比べてまだいくつかの制限があります。クエリー可能なアトリビュートは、現在のシェーディングされたシェイプとアクティブなレンダーカメラのアトリビュートに制限されています。ノードパラメータの問い合わせもまだサポートされていません。
  • OSL でのトレースの初期サポート: OSL シェーダ内の光線をトレースするためのトレース関数と、交差するオブジェクトに関する情報を取得するための getmessage 関数を使用できるようになりました。この初期実装では、交差するオブジェクトのパラメータを問い合わせることができないという制限があります。

USDの機能強化

  • UsdRenderスキーマ:UsdRenderSetting, UsdRenderProduct, UsdRenderVar がプロシージャルでサポートされるようになりました。
  • Solaris Primvarのサポートが改善されました:単一要素の配列を持つプリムバーは、Arnoldでは配列以外のユーザデータに変換されます。これにより、Houdini Solarisでのプリムバーのサポートが改善されました。
  • レンダーデリゲートでの曲線のサポート:曲線がArnoldのレンダーデリゲートでレンダリングされるようになりました。

すべてのアップデートの確認はこちらから

プラグイン

上記の Arnold 6.0.4 のアップデートに合わせて統合プラグインのアップデートも行われています。Katanaのプラグイン KtoA についてはマイナーアップデートで特に修正点などの記述がないので割愛させてもらいます。

Maya (MtoA 4.0.4)

MtoA 4.0.4は、Arnold 6.0.4.0を使用するマイナー機能リリースです。このリリースには、いくつかのIPR更新問題、改善されたTxマネージャー、Arnold RenderViewの新しいログウィンドウ、およびその他のいくつかの改善とバグ修正が含まれています。

詳しい情報はこちらから

3ds Max(MAXtoA 4.1.0)

MAXtoA 4.1.0は、Arnold RenderViewを導入した機能リリースであり、tyFlowの最初のサポートと、テクスチャへのベイク機能が強化などが行われています。

機能強化

  • Arnold RenderView:従来のレンダービューの制限を解決しながら、シーンに加えられた変更に関するリアルタイムのフィードバックを提供するように設計されたインタラクティブレンダリング(IPR)ユーティリティ。
  • tyFlowインスタンサー:Shape / Mesh’オペレーターとtyFlowの新しい ‘Instance Node’オペレーター(WIP)の両方のサポート。
  • GPUを使用したベイク:ライティング(3ds Max 2021のみ)などの非常に特定の要素を除いて、CPUに一致するようになりました。
  • ベイク処理:投影された複数の要素を、要素ごとに1つのパスではなく、単一のレンダーパスでベイク 可能に(3ds Max 2021.2のみ)。
  • ベイク処理:パラメータが接続されていない場合でも、ラフネスとメタルネスをベイク処理可能に(3ds Max 2021のみ)。

詳しい情報はこちらから

Houdini(HtoA 5.4.0)

HtoA 5.4.0は、Arnold 6.0.4.0 と Arnold-USD を使用したマイナー機能リリースです。レンダリングカーブのサポートを含む改善されたSolarisのサポートと Alembic形式のプリミティブ変換の問題を修正しています。

詳しい情報はこちらから

Cinema 4D(C4DtoA 3.1.0)

C4DtoA 3.1.0は、Arnold 6.0.4.0を使用する主要な機能のリリースを含むメジャーアップデートです。

このリリースでは、新しいArnold Scatterオブジェクト、手続き型のビューポートプロキシ設定が導入され、Txテクスチャワークフローにはいくつかの変更があります。

機能強化

  • メインメニューバーのArnoldArnold はデフォルトの Plugins/Extensions メニューの代わりにメインアプリケーションのメニューバーに移動されました。環境設定に新しいオプションが追加され、Arnold メニューの場所(メインメニューバーと Plugins/Extensions メニュー)を制御できるようになりました。
  • Arnold Scatterオブジェクトプラグインメニューに、選択されたサーフェス上にインスタンスを分散させるための新しい Arnold Scatter オブジェクトが追加されました。
  • Arnold ProceduralのビューポートプロキシProceduralsには、ビューポートにプロキシジオメトリを使用してより良いフレームレートとメモリを節約するための新しいオプションが追加されました。プロキシメッシュは、公差距離の入力を期待するネイティブのOptimizeコマンドで生成されます。
  • 環境設定とレンダー設定でのTx生成モード:「Auto-convert textures to tx(テクスチャを tx に自動変換)」と「Use existing tx files(既存の tx ファイルを使用)」オプションは、「Tx Generation mode(Tx生成モード)」オプションにマージされます。可能な値は、自動(デフォルト)、手動、またはなしです。デフォルトモードは環境設定で指定され、必要に応じて特定のシーンのレンダリング設定で上書きすることができます。

詳しい情報はこちらから

価格とシステム要件

Arnold 6.0.4は、Windows 7 以降、RHEL/CentOS 6+ Linux、OSX 10.11以降で利用できます。3ds Max、Cinema 4D、Houdini、Katana、Mayaに対応しており、Softimage用のもあります。

ライセンスはサブスクリプション形式のみ、価格はシングルユーザサブスクリプションが月額7,700円または年間60,500円となっています。

Arnold プロダクトページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました