スポンサー

V-Ray 5 for Maya がリリース、新しいプロキシやレイヤーコンポジターの追加、ライティング関連の改善など

プラグイン

Chaosgroupは8月6日(現地時間)、Maya用のレンダリングソフトウェア V-Ray 5 for Maya を正式にリリースしました。6月には先に 3ds Max 版 V-Ray 5 がリリースされています。

V-Ray 5 for 3ds Max がリリース!ライトミックス、レイヤー合成、マテリアルワークフローの改善など
Chaos Groupは6月16日(現地時間)、 V-Ray 5 for 3ds Max を正式にリリースしました。 このリリースでは、ライトミックス、レ...

このリリースでは、Light Path Expressions、新しい V-Ray プロキシ、レイヤード合成などの追加がされています。

主な機能

●LIGHT PATH EXPRESSIONS
合成での細かいコントロールを可能にするLight Path Expressionsを使って、あらゆるライティングの影響を出力します。ブール演算を使用してLPEを簡単に組み合わせたり、内蔵プリセットでクイックスタートすることができます。

●新しいV-RAY PROXY
新しいVRay Proxyノードでビューポートとレンダリング速度が向上しています。使いやすいルールベースのマテリアルと可視性の割り当てを備えたシンプルな単一ジオメトリノード構造です。

●ライトミックス
1 つのレンダーからさまざまな照明オプションを探せます。Light Mixレンダーエレメントでレンダリングしなくても、インタラクティブにライトを調整できます。

●新しいコンポーザー
新しいレイヤーコンポジターは、V-Rayフレームバッファ内で直接画像を微調整することができ、別のポスト処理アプリを使用する必要がありません。

●ACESCG カラースペース
テクスチャ、分散、太陽と空、光温度カラーの自動色空間調整機能を備えたレンダリングには業界標準のACEScgを選択しています。

●強化されたGPUレンダリング
2D変位、OSLテクスチャのサポート、メモリ追跡、最大のシーンを処理するための初期アウトオブコア実装など、まったく新しいGPU機能でレンダリングをパワーアップします。

リリースノートの確認、V-Ray 5 for Maya のダウンロードはこちらから

V-Ray 5 for Maya 体験版のダウンロードはこちらから

V-Ray 5 for Maya プロダクトページへ

V-RAY 5 FOR MAYA AVAILABLE NOW

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました