スポンサー

[9/30更新]物理学ベースのキャラクターアニメーションソフトウェア Cascadeur オープンベータ版 がリリース

CGソフト
[9月30日更新]Cascadeur OBT(オープンベータ) の最新アップデート2020.2bが利用可能になりました。

7月27日(現地時間)Nekki Limited は物理学ベースのキャラクターアニメーションソフトウェア Cascadeur OBT(オープンベータ) をリリースしました。以前からベータ版(CBT)でしたが、今回のリリースからオープンになりました。

Cascadeur とは

Cascadeurは、ヒューマノイドやその他の3Dキャラクターのキーフレームアニメーションを作成するためのスタンドアロンのソフトウェアです。結果を完全にコントロールしながら、ゼロからリアルな3Dアニメーションを作成したり、Mocap を改良したりすることができます。Cascadeurには以下の特徴があります。

簡単にアニメーションを作成
Cascadeurは、アニメーションのプロや愛好家のための豊富なツールを提供しています。直感的なデザインで、これまでアニメーションソフトの使用経験がなかった方でも、すぐに快適に使用することができます。

最大限のリアリズムを実現するために物理法則を使用
Cascadeurでは、物理ベースのツールを使用して、既存のmocapデータを修正したり、独自のアニメーションを手動で作成することができます。

あらゆる3Dキャラクターのアニメーション
Cascadeurのアニメーションツールを使えば、人型キャラクターも人型でないキャラクターも、手足の数に関係なくアニメーション化することができます。

モデルを簡単にリギング
Cascadeurには、自分で作ったモデルで作業するためのリギングツールが用意されています。プログラムで直接キャラクターのフィジカルリグを作成し、キャラクターの特徴に合わせてカスタマイズすることができます。

AIツールによるサポート
物理学をベースにしたディープラーニングツールを使えば、アニメーション化しながら、タイミングや軌道の調整、最も自然なポーズの設定などの作業をAIに任せることができます。

ベータ版ですが、すでに Shadow Fight 3 など実際のプロダクトに使用されています。

Cascadeur 2020.1b

最新リリース 2020.1b は、Cascadeurの今年最初のアップデートとなり、新しいコアアーキテクチャの導入やリグの改善などが行われています。

新機能と改善

■新しいコアアーキテクチャ
外見上の大きな変化はありませんが、内部ではコア・アーキテクチャ全体が見直されています。その結果、Cascadeurのハードウェア効率と一般的な性能が大幅に向上しています。新しいデータ駆動型のコア設計により、ソフトウェアの最適化が格段に容易になり、将来的にはより早くバグを排除することができるようになりました。

■リグ作成の改善
コアの再設計の目的の一つは、実行時にリグを適応可能にすることで、Cascadeurのリギングプロセスを簡素化することです。まだこの簡素化はまだ行われていませんが、新しいOBTバージョンでは、リグ作成ツールの改良や、よりユーザーフレンドリーなコントローラの動作や補間の改良などの利点がすでに提供されています。長期的な目標は、リギングプロセス全体の中で、視覚的なフィードバックを即座に提供することです。

■GUIのQMLへの変換
GUIを古いQWidgetsから新しいQML標準に移行しました。これにより、QWidgetsを使用する際に発生していたいくつかのGUIのバグを取り除かれました。

■互換性の問題
新しいコアに切り替えると、逆互換性の問題が発生しました。最適化されたアーキテクチャが理由で、Cascadeurの旧バージョンで作成されたシーンはOBTバージョンでは動作しません。問題は、古い.cascシーンは、ベイクされたアニメーションとメッシュを持つジョイントとしてしか読み込まれないということですが、OBT版に移行する方法が説明されています。詳しい変換手順はこちらから

■ライセンスモデルの変更
ライセンスモデルが簡素化されました。Cascadeurの新しいOBTバージョンで作成されたアニメーションは、商用ゲームや映画に自由に使用することができます – Nekkiの許可を求めたり、ライセンス料を支払う必要はありません。

旧バージョンのCascadeurからOBT版への移行には、追加の操作は必要なく、既存のバージョンの上にインストールするだけということです。

[9月30日更新] Cascadeur 2020.2b

9月29日(現地時間)Cascadeur OBT(オープンベータ) の最新アップデートであるバージョン2020.2bが利用可能になりました。

このリリースでは、新しく人型モデル用のクイックリギングツールが追加されています。

新機能と改善

■ヒューマノイドモデルのクイックリギングツール(Quick Rigging tool ): シンプルなヒューマノイドリグをより速く、より少ない手間で作成できるようになりました。

使用方法は、以下のようにこのジョイントを 左のConfigurationパネルから対応するポイントにドラッグ、またはBonesリストの対応する項目にボーンをドラッグします。

リギングしたいジョイントごとにこの操作を繰り返し、完了したらCreate prototype objectsをクリックすることで、これらのジョイントのプロトタイプのセットを生成することが可能となります。

詳しい情報はこちらから

■簡略化された Ballistics(弾道)編集メニューと新しい Ballistic ghosts オプション:すべての弾道軌跡のゴースト、または選択された弾道軌跡のみのゴーストを見ることができるようになりましたが、古いシーンの弾道は再度作成する必要があります。

インターバル編集モードの改良:リニアとベジェのオプションが追加されました。

■プログラム内での新バージョンの通知:カスケードールの新バージョンが利用可能になるとすぐに、プログラム内で直接お知らせが表示されます。

新機能の開発とは別に、以下の問題が修正されています。

  • / or \などの特定の記号を含むパスワードでのログインエラー。
  • メッシュあたりのジョイント数が 128 を超えるモデルをインポートするとクラッシュする。
  • ループ再生中にフリーズする
  • 可視設定とカメラ配置で動画の書き出しが正常に動作するようになりました。
  • 小さな画面でもUIが正しく表示されるようになりました。
  • リグ生成時に「Couldn’t find attribute with name Base Rotation」というエラーが発生するバグ 。
  • 長さゼロのリジッド ボディでリグを生成するとクラッシュする。
  • などなど…

価格とシステム要件

Cascadeurは、WindowsとLinuxで使用することができます。Mac版も準備されているようです。

プロダクトの正式な価格はまだ発表されていませんが、早期採用者は無料と表示されています。また、オープンベータは無料で利用できます。

Cascadeurのダウンロードはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました