スポンサー

iPad版 Photoshop バージョン 1.6 がリリース!境界線調整ブラシや2本指ジェスチャーでのカンバス回転が追加

CGソフト

Adobeは7月27日(現地時間)、iPad 版 Photoshop 2020年 7月リリース(バージョン 1.6)を発表しました。

このリリースでは、より正確な範囲選択を可能にする境界線調整ブラシと2本指ジェスチャーでカンバスを回転させる機能の追加などがされています。

バージョン 1.6 新機能

境界線調整ブラシ

境界線調整ブラシツールがPhotoshop iPad版に搭載されました。

これにより、微妙な選択範囲の境界部分を正確に調整したり、髪の毛や毛皮のようなソフトな領域にブラシをかけて細かいディテールを追加したりすることができます。エッジの調整やぼかしなどの調整設定をおこなうことも可能で、範囲を選択すると、エッジを調整ツールが画面上のメニューに表示されます。

インターフェイスはiPad用に少しカスタマイズされてはいますが、Photoshopデスクトップ版と同じように動作し、同じ結果が得られるということです。

Adobeは、この機能をphotoshopの画像選択ツールのなかでもとりわけ重要と位置付けており、iPad版への移植には最上級のエンジニアリングとデザインの人材が割り当てられました。また、この機能も最初のバージョンを出荷して終わりではなく、チームはすでに次回のリリースに向けてさらなるパフォーマンス向上と機能強化を予定しているということです。

境界線調整ブラシの詳細はこちらから

Photoshop iPad版の選択およびマスク機能の詳細については、こちらから

カンバスの回転

2本指ジェスチャーでカンバスを回転させることができるようになりました。以下はカンバスの回転のついての情報です。
  • 2本指の回転ジェスチャーを使ってカンバスを回転させることができます。
  • 回転は0、90、180、270度でスナップさせることができます。
  • ピンチジェスチャーで素早くズームアウトすることで、回転とズームをリセットすることができます。
  • 回転とスナップは、「設定/タッチ」メニューでオンとオフの切り替えができます。
  • 回転は一時的なもので保存されないため、ファイルを再度開いたときは0度に戻ります。

カンバスの回転についての詳細はこちら

その他のバグ修正やパフォーマンス改善も追加されています。

photoshop の新機能情報はこちらから

Adobe Photoshop iPad 版のダウンロードはこちらから(AppStore)

Adobe Photoshop iPad版に「境界線調整ブラシ」と「カンバスの回転」を追加

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました