スポンサー

Modo 14.1 がリリース!ビューポート、モデリング、mPath の改善やパフォーマンスの向上など

CGソフト

Foundryは7月23日(現地時間)、統合型3DCGソフトウェアの最新アップデートである Modo 14.1 をリリースしました。

新機能ハイライト

このリリースでは、ビューポートでのゴーストとXray、頂点マップのサポート、モデリングの改善、mPathの改善など多方面にわたる更新が行われています。

ビューポートの改善

Ghost(ゴースト)とXray(X線)のサポート

ゴーストとXrayビューポートモードが追加されました。

頂点マップテクスチャのサポート

頂点マップを可視化することで、パラメータをいじらなくても迅速な決定と編集が可能になります。高度なビューポートでは、ウェイトマップ、UVディストーション、頂点カラーを可視化できるようになりました。

・高度なビューポート 処理の改善

複雑なモデルや環境での作業時のパフォーマンスを向上させるために、アドバンストビューポートがシェーダツリーとシェーダグループの処理を高速化するように最適化されました。

パフォーマンスの向上

UV UV Relax Mesh(リラックスメッシュ)操作はアダプティブモードでマルチスレッド化され、UVリラックス時に最大5倍のスピードアップを実現しました。さらに、エッジ除去操作も大幅に改善され、5~20倍のスピードアップをしています。

モデリングの改善

Bevel Auto Weld(ベベルオートウェルド)

Modo 14.1の新しいBevel Auto Weld機能では、ベベルを行う際にジオメトリの重なりを気にする必要がなくなりました。ポリゴンベベルの新しいオプションであるAuto Weldは、選択されたポリゴンの境界ループを計算し、接触点でインセットの頂点を停止します。Bevel Auto Weldツールはダイレクトモデリングでもプロシージャルモデリングでも機能します。

・Curve Sweep Point Mode(カーブスイープポイントモード)

Curve Sweepに新しいモードが追加され、Curve Sweepを使ってメッシュの頂点を曲線に沿って掃引できるようになりました。点モードは、Curve Sweepの頂点を曲線にするための新しい汎用性をもたらします。

・Polygon Bevel Falloff Controls(ポリゴンベベルフォールオフ制御)

フォールオフ(減衰)はModoのワークフローのパワフルでフレキシブルな部分であり、Polygon Bevelをコントロールするために使用できるようになりました。

Edge Chamfer Extend Boundary(エッジ面取り 境界線延長)

エッジ面取りの新しい拡張バウンダリオプションでは、境界線を越えて面取りを行いたい場合があります。出て行く方向は、外周面の法線とエッジベクトルによって計算されます。この新しい機能拡張は、プロシージャル版とダイレクトモデリング版のEdge Chamferで利用できます。

・Polygon Make Enhancement(ポリゴン作成機能の拡張)

シンプルな操作をよりスマートにすることで、モデリング プロセスのスピードと俊敏性が向上します。Polygon Make では、2 つのエッジのみが選択されている場合に、新しい四角形ポリゴンを作成できるようになりました。

UVの改善

UV Relax Mesh Operation(UVリラックスメッシュの操作)

UV Relax meshopを使用して、UVをプロシージャルに扱うことができます。スムーズツールを使ってモデルの表面を柔らかくしたり、規則的にしたりするのと同じように、既存のUVマップを洗練させるために使うことができます。

・Unwrap(アンラップ)と Relax Mesh(リラックスメッシュ)操作

Unwrap と Relaxは、複雑なUVタスクを素早くこなす強力なツールで、プロシージャルなメッシュオペレーションとして利用できるようになりました。

mPath Embree CPU path tracing

mPathは、IntelのEmbree高性能レイトレーシングライブラリの追加により、市場に出回っている最新のマルチコアCPUシステムをフルに活用しています。Embreeにより、MACを含むCPUプラットフォームのレイトレーシング計算が高速化されます。

・mPath Optix 7アップデート

認定されたNVIDIAハードウェア上でのGPUレイトレースが、OptiX 7を使用するようにアップグレードされました。

mPathは、NVIDIA OptiX 7でレイトレースされたシーンをレンダリングするために、大幅に高速化されました。このmPathのアップデートにより、OptiXでの2点ポリゴンのレイトレーシングのサポートも追加されています。

・自動EIS

シンプルにすることで障壁を取り除き、手元のアートワークに集中できるようになりました。環境重要度サンプリング(EIS)は、mPathでレンダリングする際に、イメージマップが環境に影響を与えているかどうかに基づいて自動化されるようになりました。これは、心配する必要のないもう一つのパラメータです。

Denoising(ノイズ除去)の改善

ノイズ除去は、最新のレンダリングワークフローの重要な部分であり、mPath in Modoは、現在のNvidia OptiXデノイジングの改良に加え、2つの新しいデノイジングオプションを提供しています。

IntelのOpen Image Denoiseは、AIを使用してホストCPU上で画像品質を向上させる新しい高品質デノイジングで、ユーザーのパラメータは一切ありません。

AMDのAIは、GPU上の画質を向上させるためにAIを使用する新しい高品質デノイザーです。AMDハードウェア上で最も効率的に動作します。

素早いアップデートを求める場合、Per Iteration Denoisingは、mPathの反復の間に画像をデノイジングすることで、ワークフローを高速化することができます。現在、Intel または OptiX デノイザーを使用している場合に利用できます。

PBR Loader / Set Effects

PBR Loaderを使用すると、Substance Designerなどの他のアプリケーションで作成したPBRテクスチャをシェーダツリーに素早くロードすることができます。関連するすべてのイメージを素早く読み込み、ファイル名のエフェクトに基づいて効果を設定します。

・Gaps by Pixel Enhancements(ピクセルによるギャップの強化)

UVパックとUVフィットメッシュ操作に、14.1用のピクセルごとのギャップサイズを設定する新しいアトリビュートが追加されました。

IK/FKスイッチング

IK と FK の切り替えは面倒です。新しい IK/FK スイッチング(Planar IK)では、IK を FK に、FK を IK に戻すことができます。アニメーションを作成する際には、フェードする IK ラインと IK または FK のカスタム IK ゴールを使用して、自分の状態を簡単に視覚化できます。

・IK の無効化とレスト ポーズの更新

インバースキネマティクスを適用した後に、ジョイントの調整が必要になることがあります。IKを無効にすることで、IKがセットアップされた後でもジョイントの配置を微調整することができます。セットアップモードでフルボディと平面IKの両方を無効にすることができるようになり、両方のタイプのIKチェーンのレストポーズを更新するコマンドが追加されました。

USD Importer

UsdModo プラグインを使用すると、Pixar の Universal Scene Description でオーサリングされたアセットを Modo にインポートすることができます。ジオメトリ、カーブ、ライト、カメラ、マテリアル、アニメーションのタイプがサポートされています。

Modo 14.1 のリリースノートを確認する

価格とシステム要件

Modo 14.1 は、Windows 10 (64-bit)、macOS 10.13.以降、 Linux 64-bit (CentOS/RHEL 7.6以降)で利用できます。

価格は1年間のメンテナンス付きの新規永久ライセンスが1,888ドル、メンテナンスは419ドル/年です。サブスクリプションライセンスもあり、629ドル /年または 62ドル /月となっています。

Modo 14.1 ニューリリースページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました