スポンサー

ノードベースの合成ソフトウェア Nuke 12.2 がリリース、USDインポートのサポートや SyncReview 機能実装など

CGソフト

Foundryは、ノードベースの合成ソフトウェアの最新バージョンであるNuke 12.2をリリースしました。Nuke 12.2は Foundry Live イベントで 先に記事にした Nuke Indie とともに発表されました

ノードベースのコンポジットソフトウェア NUKE にIndieバージョンが登場
Foundry は、ソロアーティスト向けノードベースのコンポジットソフトウェアの新しいエディション Nuke Indie をリリースしました。これは、Nuke ...

このリリースでは、USDインポートのサポートや SyncReview(ベータ)が実装されています。

新機能ハイライト

USDインポートのサポート

Nuke 12.2 では、Nuke に USD のネイティブ・サポートが導入されました。これにより、アーティストは Nuke の ReadGeo ノードを使用して USD データを読み込むことができるようになり、改良された scenegraph UI、法線、カラー・データ、アニメーション・ジオメトリなどのサポートにより、USD に含まれるジオメトリを扱うことが可能になります。ReadGeoの拡張機能はオープンソースとなり、スタジオはこれらのアップデートをカスタムUSDツールに統合することができます。

SyncReview ベータ版(Nuke Studio)

リモートでの作業がこれまで以上に重要になってきている状況を踏まえて、Nuke 12.2 に SyncReview が初めて実装されました。チームは Nuke Studio、Hiero、HieroPlayer の複数のセッションを同期し、複数の場所にいる 2 人以上のユーザーが共同で映像をレビューしたり、注釈を付けたりすることができます。ネットワーク・ストレージや DropBox のようなクラウド・ストレージに接続している場合でも、ローカライズされたファイルで作業している場合でも、参加者全員がライブ再生やビューアー・コントロール、ソフト・エフェクト・パラメーター、バージョン間の切り替えなどにアクセスできます。さらに、プッシュアップデートにより、ユーザーはセッションと同期したままでいられるようになります。ユーザー数と解像度は、ハードウェアと帯域幅によってのみ制限されます。

この作業の結果、Hiero Python APIは3つの主要な分野で拡張されました:ビューアの制御、プロジェクトのロードと保存により、ワークフローをさらにカスタマイズできます。また、アノテーション(注釈)やバージョン変更など様々な領域でコールバックが追加されています。

フローティングライセンスローミング

フローティングライセンスを持っているユーザーは、期間限定のフローティングライセンスを「チェックアウト」できるようになりました。これにより、アーティストがオフラインで作業したり、ライセンスサーバーにアクセスしなくても簡単に作業できます。これらのライセンスは最大30日間チェックアウトでき、現在のNuke、NukeX、Nuke Studio、Hieroインタラクティブライセンスで利用できます。これにはローミングが有効なライセンスが必要です。アカウントマネージャーに連絡するか、オンラインで申請して更新されたライセンスをリクエストする必要があります。

申請はこちらから

新しいQuickTimeサポート

Nuke 12.2は、QuickTimesと連携するためのより安定したシステムを提供する新しいMOVリーダーおよびライターを導入し、以前の32ビットおよび64ビットのQuickTime読み取りおよび書き込みサポートをより安定したシステムと合理化されたUIに置き換えます。このアップデートでは、Windows、macOS、Linuxでの更新されたより高性能なH.264エンコーディングを含む、オペレーティング・システム全体でのより広範なQuickTimeコーデックのサポートが導入されています。

これにより、一部の古いQuickTimeコーデックはサポートされなくなります。コーデックサポートの詳細については、リリースノートを参照してください。

追加のファイル形式のサポート

拡張DNxHRサポート

DNxHR サポートの継続的な取り組みとして、DNxHR .movs のエクスポートが Nuke ファミリーに追加され、DNxHR MXF が Nuke Studio と Hiero に追加されました。これにより、タイムライン製品は、Nuke 12.1 で Nuke に追加された機能と同等のものになりました。

カメラ・ファイル・フォーマットの更新

RED SDKがバージョン7.3にアップデートされ、最新のKomodoカメラに対応しました。RED映像のワークフローも改善され、関連するSDK情報の読み取りノードへの表示から、REDのクロマノイズリダクションを使用した高度なオプションまで改善されました。新しいIPP2カスタムモードでは、標準的なIPP2イメージパイプラインでは通常制御できない色空間とガンマカーブを完全に制御できます。

ソニーSMDKバージョンもアップグレードされました。

ACCエンコードされたオーディオのサポート

Nuke Studio、Hiero、HieroPlayer は、AAC エンコードされたオーディオ・トラックの読み込みと再生をサポートするようになりました。Nuke 12.1 では、Linux と Windows にオーディオを保持する .mov コンテナのサポートが導入されたため、オーディオを抽出して別の Wav ファイルとしてインポートする必要がなくなりました。

価格とシステム要件

Nuke 12.2、NukeX 12.2、Nuke Studio 12.2は、64ビットWindows 10、Linux CentOS 7.4以降 、macOS 10.14以降で利用できます。

Nukeのノードロックライセンスとフローティングライセンスは 4,988ドル、NukeXの価格は9,928ドル、Nuke Studioの価格は10,758ドルです。四半期ごとのサブスクリプションライセンスもあります。

詳しい価格の確認はこちらから

Nuke 12.2 リリースノートの確認はこちらから

Nuke 12.2 リリース情報ページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました