スポンサー

ついに 3ds Max と Maya のインディー版が日本でも利用可能に!

CGソフト

Autodeskが、2020年8月7日から 3ds Max と Maya のインディー版の対象国の範囲を広げることがわかりました。

これは既存の Maya Indie と3ds Max Indieサブスクライバーへの電子メールで判明したようです。

以下の記事にしたとおり、Autodeskは、2019年7月29日に、限られた国の新卒者やフリーランサーを対象としたインディーパイロットを発表し、開始していましたが、日本は含まれていませんでした。

[追記(3/30)]Autodeskが3dsMaxとMayaのIndie版を販売開始!ただし....
Autodeskが3dsMaxとMayaのIndie版を発売しました。現段階では試験運用ということで...

Mayaとエンターテインメントコレクションのオートデスクのシニア製品ラインマネージャーであるTJ Galda氏によると

「私たちは、パイロット プログラムに参加している人たちに、最初に良いニュースを知らせるために、そっとメールを送りました。 良いニュースはすぐに広まります。 Maya Indie は、8 月 7 日から世界中のどこにでも e ストアがあればどこでも利用できるようになります。 お楽しみに」

なぜ既存ユーザーにこっそり伝えたのかは置いておいて、8月7日から「eStoreがあればどこでも」利用できるようになるということが伝えられており、日本にもオンラインストアはあるので含まれることとなります。

Autodeskの世界のサイトのリストはここから確認することができます。

ライセンスの資格と価格

日本での正確な価格はまだわかりませんが、判明しているライセンスの資格と価格をおさらいしておくと、

Maya Indieバージョンは、年間100,000ドル(約1000万円)未満の収益を上げるアーティストが利用できます。

価格はサブスクリプションライセンスで250ドル/年です。

機能制限はありません。

この記事より新しい情報を記載した記事があります。より詳しい情報は、以下の記事をごらんください。
Maya & 3ds Max Indie の詳細が明らかに!日本価格は40,700円/年!
8月7日になり、Maya と 3ds Max の Indie 版が購入可能になっています、あわせて対象者や日本での価格なども明らかになりました。 機能につ...

3ds Max Indie ページへ

Maya Indie ページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました