スポンサー

Cinema 4D 用 プロジェクション ペイント プラグイン「4D Paint 」が無料に!

フリーコンテンツ

Plugin 4D の開発者のKent Barberは、Cinema 4D リアルタイムプロジェクションペイントプラグイン「4D Paint 」を無料でダウンロードできるようにしました。

このツールセットは、スタンプとステンシルを使用してCinema 4Dビューポートの3Dオブジェクトに直接ペイントするプロセスを合理化します。また、テクスチャの再マッピングやSVGインポートなどのさまざまなユーティリティ機能を備えています。

OctaneRender 3.06+のユーザーは、標準マテリアルのC4Dビューポートでペイントした結果をOctane Live Viewerでリアルタイムで確認することもできます。

機能紹介

4D Paintには、以下のプラグインと機能が含まれています。

ペイントブラシ

OpenGLビューポートでポリゴンオブジェクトに直接ペイントします。スタンプとステンシルを使用して、モデルに直接ペイントします。Material View(マテリアルビュー)を使用してレイヤーを選択、コンテンツビューを使用して、スタンプとステンシルを簡単に変更できます。

詳細はこちらから

マテリアルビュー

マテリアルビューを使用すると、レイヤー、チャンネル、ポリゴンの塗りつぶし、テクスチャのブリードアウトなどを、選択したオブジェクトにあるすべてのマテリアルのすべてのレイヤーとチャンネルに簡単かつ簡単に追加できます。

レイヤービュー

レイヤービューには、現在選択されているポリゴンオブジェクトにテクスチャを持つすべてのマテリアルが表示されます。

レイヤーを選択すると、レイヤーがアクティブになり、ペイントブラシを使用してレイヤーにペイントできます。 選択したオブジェクトのすべてのマテリアル上の同じ名前のすべてのレイヤーも選択され、それらのレイヤーがアクティブになり、複数のマテリアルにペイントできるようになります。

グローバルモードに切り替えると、すべてのマテリアルで同じ名前のレイヤーのみが表示され、複数のマテリアルがあるという事実を無視して、オブジェクト全体で1つの選択したレイヤーがあるかのように機能します。

詳細はこちらから

このダイアログには、インストールしたライブラリ内のすべてのテクスチャが表示されます。 シングルクリックでスタンプを設定します。Ctrl +クリックしてステンシルを設定します。スタンプとステンシルを設定するために、スカルプトツールと4Dペイントブラシで使用できます。
プロジェクションペインティング

ベクトルグラフィックシステムの機能を使用して、モデルに詳細を投影できます。

これは、スカルプトベースのステンシルをブラシに使用する代わりになります。Canvasを使用すると、テクスチャを配置してブラシでペイントするか、テクスチャをモデルに完全に投影できます。

詳細はこちらから

ベクトルグラフィックスキャンバスを使用して、複数のモデルからUVをレイアウトしてテクスチャを再マッピングし、それらを単一のマテリアルに再マッピングすることができます。

詳細はこちらから

SVG

Vector Graphicsプラグインの一部として、SVG画像をCinema 4Dに直接ロードできます。すべての画像は、高品質のアンチエイリアスレンダリングエンジンを使用してテクスチャにラスタライズされます。

詳細はこちらから

ベクターグラフィックスの概要

新しいベクターグラフィックスシステムを使用して、2D画像と3D PDFページをデザインします。

詳細はこちらから

インストール方法

次の動画でインストール方法が説明されています。


UDIM Importer HDRI Texture Connectionsは無料ダウンロードに含まれず、299ドルの4DPlugins Proバンドルの一部として引き続き利用できるということです。

【価格とシステム要件】

4D Paint は、OSXとWindowsの両方でR20、R21、S22.118と互換性があります。価格は無料です。

プラグインが気に入ったら、PatreonでKent Barber氏をサポートすることができます

Cinema 4Dプラグイン 4D Paint の無料ダウンロードはこちらから

4D Paint についての詳細を確認する

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました