スポンサー

Otoy、リアルタイムGPUシミュレーションツール EmberGenFX パブリックベータ版をリリース

CGソフト

7月16日(現地時間)OTOYとJangaFXは、EmberGenFXの最初のパブリックベータのリリースを発表しました。

以下の記事で発表されていた、EmberGen FXの最初のパブリックベータ版となります。

OTOYのOctaneRender 2020.1、RNDR Network のリリースとGTC2020の情報
現地時間4月27日OTOY, Inc.は、アンバイアスパストレースレンダラーの最新アップデートである OctaneRender 2020.1 と次世代GPUクラ...

OctaneRenderのサブスクリプション加入者は、火、ボリュームメトリクス、煙、パーティクルのためのリアルタイムGPUシミュレーションツール EmberGenFX のパブリックベータ版を利用することができます。

パブリックベータ期間中、すべてのOctaneRender 2020のサブスクライバー(購読者)は、EmberGenFXスタンドアロンの完全な商用ライセンスを追加料金なしで利用できます。

最終的にリリースされた後、OTOYサブスクライバーは、Blender、Maxon Cinema4D、3DS Max、Maya、Unity、Unreal、Nuke、その他多くのOctaneRender DCCプラグインを含むすべてのOctaneRender DCCプラグインにEmberGenFX(と後のLiquiGenFX)を直接統合したEmberGenFXスイートへのアップグレードが可能となるということです。

EmberGenFXパブリックベータ版の機能

  • プロシージャルベースのパーティクルと流体シミュレーションで、中間ベーキングプロセスをバイパスして、リアルタイムで反復的なモーショングラフィックスワークフローとゲームボリューメトリックを実現します。
  • すべてのOctaneRender DCC統合で使用するために、VDBファイルとしてエクスポートできます。
  • イメージシーケンスとボリュームのVDB、PNG、TGA、EXRエクスポートをサポートしています。
  • シミュレーションとアニメーションのキーフレーミング作成中に、EmberGenFXビューポートで完全にインタラクティブなリアルタイムのレイマーチボリュームを表示。

EmberGenについて詳しくは、以下をご覧ください。

[7/17更新]高速リアルタイムボリューメトリック流体シミュレーションツール EmberGen Beta版 がリリース
7/17更新:JangaFXは、EmberGen Beta 0.5.5.0 のリリースを発表しました。更新部分へ JangaFXは5月4日(現地時間)、リアル...

EmberGenFXとOTOY Sculptronは、RNDRのVFXツールの一部として、現在のOctaneRender 2020 StudioEnterpriseのサブスクライバー、EnterpriseのメンテナンスプランでOctaneRender Boxライセンスを持っている方に提供されています。

EmbergenFXパブリックベータのダウンロードはこちらから

EmberGenFX beta is out today – free for all OctaneRender subscribers!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました