スポンサー

Maya 用 プロシージャルエフェクト作成ツール Bifrost for Maya 2.1 がリリース

プラグイン

Autodeskは7月13日(現地時間)、プロシージャルにエフェクトを作成することができるMaya用ツール Bifrost for Maya 2.1 のリリースを発表しました。

このリリースでは、新しい機能と使いやすさに重点が置かれており、高速ポイントクラウド、ルックアップ、最近傍検索、レイキャスティング、ノードにデータタイプを設定するためのインターフェイスの改善、グラフの読みやすさの向上、ファイル IO の大幅な改善などがされています。また、これはメジャーリリースであり、一部下位互換が失われるということです。

新機能ハイライト

幾何学クエリ

最も近い点や位置、半径内の点、レイキャスティングを素早くみ合わせることで、これらのノードは、コリジョンデフォーマやアトリビュート転送を含む、さまざまな新しい化合物を簡単に作成できるようになります。

レイキャスティングは、シーンを照らすために使用される矢印として可視化されます。

矢印で可視化されたレイキャスティング

グラフの読みやすさの向上

新しいオプションにより、Bifrostグラフがより読みやすく、ナビゲートしやすくなりました。

  • 自動ループしたポートを識別するための新しいアイコン
  • Value ノードは、単に “Value “ではなく、それらが表す数値を表示します。
  • ノード名だけではなく、すべてのノードタイプを表示するかどうかを切り替えます。

改善されたファイルIO

Alembic IOノードは、UVおよびペイントされたアトリビュートをそのまま維持したまま、1つのファイルで複数のメッシュの読み書きをサポートするようになりました。Bifrost ストランドを Alembic カーブとして、Bifrost ポイントを Alembic ポイントとしてシリアライズできるようになりました。すべてのファイルパスパラメータにファイルブラウザボタンが追加され、本番でのファイルノードの操作がより簡単になりました。

FCurveエディタ

FCurve Editorには、外挿前後の機能が追加され、フレーミングとクランプ機能が改善され、カーブの編集がより簡単になるようにUXが強化されました。

FXのアップデート

エアログラフとパーティクルグラフは、ワークフローと可読性に対応するために簡素化され、改善されました。オブジェクトと衝突したパーティクルにフラグを立てるプロパティや密度ボリュームのメッシュ化など、多くの小さな機能が追加されました。MPMの砂、雪、流体ノードも新しいポートとショートカットで更新され、カスタムプロパティの追加が容易になりました。

大規模なエアロシムのレンダリング

4GBを超えるサイズのエアロシムをレンダリングできるようになりました。大きなBifrostデータセットのArnoldへの転送もより効率的になりました。これらのアップデートを利用するには、MtoA 4.0.3以降が必要です。

新しいプリビルトグラフ

BifrostのFX機能の拡大を示す3つの新しいグラフがBifrostブラウザで利用可能になりました。

  • 高速エアロ
  • ミサイルヒット
  • 車両の排気

ミサイルヒット例

この他にも新機能や変更、修正などが行われています。

Bifrost for Maya 2.1 リリースノートの確認はこちらから


Bifrost 2.1 は、Windows、Mac OS、LinuxのMaya 2018、2019、2020をサポートしています。

Bifrost 2.1をダウンロードはこちらから

Maya の 30 日間無料トライアルはこちらから

Introducing Bifrost 2.1

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました