スポンサー

Fraunhofer HHI、より高速なビデオ伝送を実現する新しいビデオコーディング規格 H.266/VVC を発表

ニュース

Fraunhofer HHI(フラウンホーファー・ハインリッヒ・ハーツ研究所)は7月6日(現地時間)、より高速なビデオ伝送を実現する新しいビデオコーディング規格H.266/VVCを発表しました。

数年にわたる研究と標準化作業を経て、新しい世界的なビデオコーディング標準規格H.266 / Versatile Video Coding (VVC)が完成し、正式に採用されました。新規格の開発と標準化には、Fraunhofer HHIのほか、Apple、Ericsson、Intel、Huawei、Microsoft、Qualcomm、Sonyなど、有名企業が多数参加しました。

Fraunhofer HHI について

Fraunhofer HHI(フラウンホーファー・ハインリッヒ・ハーツ研究所)は、前身の規格であるH.264/AVCとH.265/HEVCの開発にも大きな貢献をしています。これら2つの規格は現在、世界で100億台以上の機器に実装され、世界の総ビデオビット数の90%以上を処理しています。両規格の前身は、テレビ技術の進歩に大きく貢献したとして、合計3回のエミー賞(Emmy Engineering Awards)を受賞しています。

新ビデオコーディング規格H.266/VVCとは

H.266/VVCは、超高精細映像コンテンツに焦点を当てて開発されました。薄型テレビで4Kや8Kの動画をストリーミングする際や、一般的にデータ容量が制限されるモバイルネットワークにおいて、より効率的な映像伝送が可能になります。

ビットレートを50パーセント削減

前身の規格であるH.265/高効率ビデオコーディング(HEVC)と比較して、同じ映像品質を維持しながら、ビットレートを50パーセントも大幅に削減することができます。例えば、H.265/HEVCを使用した90分のUHDビデオは、約10ギガバイトのデータを転送する必要がありまが、H.266/VVCでは、同じ画質に必要なデータ容量は5ギガバイト程度で済むとされています。

あらゆる種類の動画像に適用可能

H.266/VVCのもう一つの利点は、あらゆる種類の動画像に適用できる分野が広がっていることです。SDからHD、4K、8Kまでのすべてのビデオ解像度の伝送と保存はもちろん、ハイダイナミックレンジビデオや高解像度の360度動画のパノラマ、分割画面コンテンツも完全にサポートされています。

Fraunhofer HHI のビデオコーディングシステムグループリーダーであり、500ページを超えるH.266/VVC標準仕様書の編集者でもある Benjamin Bross 氏は、次のように述べています。

「約3年間の積極的な標準化作業を経て、新しいH.266/VVC標準の策定に大きな役割を果たせたことを誇りに思います」

「H.266/VVCによって提供されるコーディング効率の飛躍的な向上は、動画の利用が世界的に拡大し続けることを確実にするのに役立ちます。さらに、H.266/VVCの汎用性が向上したことで、新しい規格は、映像の伝送や保存を含む幅広いアプリケーションにとって魅力的なものとなります。」

H.266/VVCの必須特許のライセンシングには、FRAND原則(FRAND: fair, reasonable and non-discriminatory)に基づく統一的で透明性の高いライセンシングモデルが計画されています。このため、Fraunhofer HHIを含む、30以上の企業や団体が加盟するメディアコーディング産業フォーラム MC-IF が設立され、現在、H.266/VVCの応用に必要な新しいチップの開発が進められているということです。

Fraunhofer HHI のビデオコーディング・機械学習部門の責任者である Thomas Schierl博士は、

「今秋、Fraunhofer HHI は、エンコーダとデコーダの両方で新しいH.266/VVC規格をサポートする初のソフトウェアをリリースする予定です」

と発表しています。

H.265 / HEVC標準の最初のバージョンが2013年1月に承認されたにもかかわらず、H.264 / AVCが依然として大きな存在感を持っていることを考慮すると、H.266 / VVCが広く採用されるまでにはしばらく時間がかかることが予想されます。

Schnellere Videoübertragung: Fraunhofer HHI stellt neuen weltweiten Videokodierstandard H.266/VVC vor

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました