スポンサー

OptiX SDK 7.1 がリリース、髪の毛や毛皮のレイトレーシングやデノイザーの改善など

ニュース

NVIDIAは7月1日(現地時間)、OptiX SDK 7.1リリースを発表しました。

NVIDIA OptiXは、映画やビデオ制作だけでなく、他の多くのプロフェッショナル・グラフィックス・アプリケーションにも使用されているGPU上でのレイトレーシング性能を最適化するためのアプリケーション・フレームワークです。

OptiX SDK 7.1は、新しいOptiX 7 APIへの最新アップデートであり、ヘアや毛皮のための新しいカーブ・プリミティブ、タイル状のノイズ除去、改善されたデバッグとプロファイリングが導入されています。

Curves

髪の毛や毛皮のレイトレーシングは、レイカーブの交点の幾何学的な複雑性が高く、シーン内に何十万、何百万ものカーブが必要になることが多いため、計算量が非常に多くなります。髪の毛や毛皮は、幅が1~2ピクセル以下の細長いストランドで構成されています。

OptiX 7.1では、新しいジオメトリカーブプリミティブを使用して、これらのストランドをコンパクトに表現し、効率的にレイトレースすることができます。三角形やカスタム・ジオメトリ・プリミティブと同様に、カーブ・プリミティブは、モーション・ブラーを使用してレイ・トレースすることができ、毛皮、毛髪、カーペット、その他のタイプの繊維を含むプロダクション・グレードのシーンをレンダリングするために、マルチレベルの階層でインスタンス化することができます。

OptiX カーブは、NVIDIA Iray レンダラーですでに使用されており、SDK には、OptiX 曲線プリミティブの API 使用法を示す新しいサンプルも含まれています。

この少し高度なサンプルは、長い髪の毛を持つ頭部モデルをレンダリングし、線形、二次曲線、三次曲線の基底曲線をインタラクティブに切り替えることができます。
カーブプリミティブの詳細については、SDKパッケージに含まれるOptiXプログラミングガイドを参照してください。

デノイザーの改善

OptiX デノイザーは、タイリングをサポートし、大きな画像を適度なメモリ・バジェット内でノイズ除去できるようになっています。これにより、GPU メモリに収まらない非常に大きな画像にノイズ除去を適用したり、メモリが他のアプリケーションやプロセスと共有されている間に画像をノイズ除去したりすることができます。またこのリリースには、いくつかのパフォーマンスと品質の向上も含まれています。

新しい optixDenoiser サンプルは、ノイズの多い入力画像を取り、ノイズ除去された結果を返すことで、OptiX AI Denoiser の使用法を実証しています。

デバッグとプロファイリング

デバッグとプロファイリングのために、Nsight Compute と Nsight Systems の両方の OptiX 統合を引き続き強化しています。

Nsight Systems でプロファイリングを行う際に、optixLaunch と optixAccelBuild がタイムラインにマークされるようになり、開発者は OptiX カーネル、CUDA カーネル、および CUDA API 呼び出し(特に cudaMalloc や cudaMemcpy などの呼び出し)の間のタイミング関係を確認できるようになりました。このプロファイリング情報は、ボトルネックのデバッグ、アプリケーションの動作の検査と理解、GPU のリソースをより有効に活用するための最適化と微調整に使用できます。

OptiX 7.1 では、デバッグ例外が有効な場合に様々な検証チェックを実行し、NaN や Inf を含む光線や、間違った数の引数で呼び出された呼び出し可能なプログラムなどの一般的なエラーを捕捉できるようになりました。さらに、例外プログラムは、利用可能な場合には、例外の行番号情報にアクセスできるようになりました。


OptiX は、すでに世界のトップ・コンテンツ作成およびレンダリング・アプリケーションに統合されています。

統合されているアプリケーションの確認はこちらから

OptiX SDK 7.1 のダウンロードはこちらから

NVIDIA OptiX SDK Tackles Hair and Fur with Release 7.1

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました